ピクシブ百科事典

選抜高校野球大会

せんばつこうとうがっこうやきゅうたいかい

『選抜高校野球大会』は毎日新聞社と公益財団法人日本高等学校野球連盟(高野連)が主催する日本の高校野球大会。
目次[非表示]

概要

毎年3月下旬から4月にかけて毎日新聞社と高野連が主催で、阪神甲子園球場にて行われる。

来歴

1924年、夏季選手権大会の人気や中等野球の興隆に影響を受け、選手権大会とは異なる選出基準の全国大会の開催が求められ、春季の選抜中等学校野球大会が創設、山本球場(のちの国鉄八事球場)で開催。
翌年から会場を夏の選手権大会と同じ甲子園球場に変更。
1942年から1946年までは太平洋戦争と、その終戦の混乱により大会は中断された以外は一切中止されたことはない。(阪神・淡路大震災が起きた1995年でさえ1日延長して開催。)
2006年(第78回大会)に新潟県の日本文理高校が勝利を挙げ、未勝利県が消える。
2020年(第92回大会)は、新型コロナウイルス感染症の蔓延により、無観客試合が検討されたが、結局史上初の中止になってしまった。

出場校について

基本的には秋季大会の成績をもとに、地域性も考慮して決定する。ここで出場28校と補欠(代表校の出場辞退に備えるもので、各地区につき1~2チーム程度)を選出。
2001年から部員不足やグラウンドがない、豪雪地帯といった学校・地域の特性などの困難を克服した学校や、ボランティア活動といった野球以外の活動での地域貢献で他校の模範となる学校を『21世紀枠』で3校(当初は2校、2013年は4校)を選出。
第75回大会(2003年)から11月の明治神宮大会優勝校が所属する地区に1枠与えられる。

余談

  • 山本球場は1922年(大正11年)、当時の名古屋市中区広路町地内に、中区末広町で運動用具店を営んでいた富豪の山本権十郎が私費を投じて独力で建設。1947年に国鉄に買収、同鉄道局の硬式野球部(現JR東海硬式野球部)の練習場に使用されたが1990年に閉鎖、現在は「八事球場メモリアルパーク」が設けられている。


主な出場校

※記事のある出場校、特記すべき高校を掲載。校名は出場当時の名前の場合もある。

北海道・東北

駒大苫小牧 
青森山田
盛岡大学附属高等学校 

関東・甲信越

健大高崎 
作新学院 宇都宮学園高等学校 佐野日大 國學院栃木 
花咲徳栄 県立伊奈学園
常総学院
早稲田実業 堀越高校 
成田高校
慶應義塾高校 東海大相模

東海・北陸

東邦高校・・・最多勝利数56勝、最多優勝5回。

中京大学付属中京高校(旧・中京商業学校/中京商業高等学校/中京高等学校)
愛工大名電(旧・名古屋電気)
日生学園第二高校(現・青山高等学校)
中京学院大学付属中京高校(旧・中京高等学校/中京商業高校)

近畿

平安高校(現龍谷大学付属平安)・・・春41回出場で最多。
PL学園・・・最多連勝14連勝。

鳥羽高校(旧・京都第二中学校)
大阪桐蔭   
報徳学園
天理高校 智弁学園
智弁和歌山

中国・四国

徳島商業高等学校

九州

大分上野丘高校
九州学院 済々黌高等学校
鶴丸高校(旧・第一鹿児島中学校) 鹿児島実業高校 神村学園

関連記事

親記事

高校野球 こうこうやきゅう

子記事

兄弟記事

コメント