ピクシブ百科事典

トリオ・ザ・パンチ

とりおざぱんち

1989年に発表されたアクションゲームぢゃ。「ローズ・サブ」「サントス」「カマクラくん」の濃ゆいプレーヤーの中から1人を選んで地球の危機を救うのぢゃ。
目次[非表示]

概要

正式名称は「トリオ・ザ・パンチ NEVER FORGET ME」。
データイーストより発表されたアーケードタイトルであり、あまりにも個性的すぎる三人の主人公の中から一人を選んでステージを進攻するアクションゲームである。プレイヤーを呆然とさせる奇妙奇天烈な演出が作中に無数に散りばめられており、同社のカルノフチェルノブと並んで「DECO三大奇ゲー」の一つに数えられる。
ロケテスト時は「TVすごろく トリオ・ザ・パンチ」のタイトルであり、その名の通りすごろくゲームであった。止まったマス毎にステージがある仕様であったが、上層部の判断により双六要素は撤廃され、全35ステージを丸々攻略していく仕様になった。

ちなみにこのゲームは退社希望の社員に対して、会社側が「退社するならゲームを作れ」と言う要望に応えて出来た物…と噂されている。

ゲームはまぁアレだが、BGMは流石ゲーマデリックともいうべき出来。

関連イラストぢゃ

トリオ ザ パンチ
にょき



キャラクターぢゃ

サントス
プレイアブルキャラ。野球帽を後ろ前に被りランニングシャツを着てサンドバッグを武器に戦う熱血野郎。飛び道具が無くリーチも短いが、キャラは濃い。おそらくプレイアブルキャラ三人衆の中で最も変な奴。
カマクラくん
プレイアブルキャラ。を被った忍者手裏剣短刀で戦う。ダメージを受ける度に変わり身の術を使うが、再び現れるまでがやや遅め。ジャンプ中に放てる手裏剣が使いやすいため、プレイアブルキャラ三人衆の中ではおそらく最も使いやすい男。
ローズサブ
プレイアブルキャラ。上半身剣士。リーチは長く、飛び道具も使用可能になるが、他の2名のキャラが濃過ぎてか、なんかジミ。とはいえ、パンイチマッチョ(もちろん股間はもっこり)という絵面はなかなかのインパクトで、プレイアブルキャラ三人衆の中ではおそらく最も暑苦しい野郎。
チンさん
3人の師匠と思しき人物。時にルーレット画面に登場し、時には敵となってプレイヤーの前に立ちはだかるのぢゃ。
カルノフ
ファミコンにもなったデコゲーの主人公キャラ。今回は敵キャラとして、を吐き、に潜り、を飛ぶ。曲がりなりにも主人公経験者なのに、ザコとしてわらわら湧いて出てきては片っ端から殺られていく不憫なデブ。
チェルノブ
同じくデコゲーの主人公キャラ。敵として現れ、巨大なハンマーで攻撃してくるが、積極性には欠ける。
ヒツジ
ピンク色した敵ボスキャラの一体。勝っても負けても呪われる。が……通常攻撃が連射の効く飛び道具の上、しゃがめばあらゆる攻撃を防御と呪われた方が明らかに強い。惜しむらくは、呪いが1ステージ限りで解けてしまう事か。
瀕死の奴隷
ミケランジェロ・ブオナローティ作。コンティニュー画面に(本編とは全く異なる写実的な頭部が)登場し、コンティニューすると顔面が【。⊿゜】の様な落書きに変わる。尚、本編には一切絡んで来ない。

関連動画ぢゃ

プレイ動画

BGM集


関連サイトぢゃ

何と携帯アプリに移植されているのぢゃ。よかったのう。

関連タグぢゃ

マジキチ レトロゲーム 馬鹿 これはひどい 意味不明
DECO データイースト クソゲー 羊の呪い バカゲー
鉄拳「入道にょき」

pixivに投稿された作品 pixivで「トリオ・ザ・パンチ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 69654

コメント