ピクシブ百科事典

東方見文録

とうほうけんぶんろく

東方見文録とは、ナツメより発売されたFC用アドベンチャーゲーム。
目次[非表示]

あらすじ

間違っても「東方見聞録」ではない。別記事より)

東方見文録(とうほうけん ぶんろく)は東南アジア大学歴史工学部旅行学科の四回生。シルクロードにおける素粒子分裂による時間旅行を研究していた。
ちなみに彼は商人の家系の生まれで、夢は代官山で日本一の雑貨屋を開く事。
そんなブンロク青年は資金集めのため、そして敬愛するマルコ・ポーロに会うため自作のタイムマシンで西暦1275年のヴェネツィアに出発する。
そこで運よくマルコとその父のニコロに会い、ブンロクは動けなくなったニコロの代わりとして、マルコと一緒に極東の楽園・ジパングを目指す。

備考

  • 東方の後に漢字三文字が続く名前から、しばしば弾幕シューティングゲームと混同される(ジョークとして)。
  • しばしばバカゲークソゲーに分類される。
  • ストーリーも奇抜だがエンディングはもっと奇抜である。トラウマEDとしても有名。
  • 宗教的に不謹慎・グロテスクな描写があるため当時としては珍しく任天堂からチェックが入った。現在ならまずCERO指定だろう。
  • どうやらこれ以降もナツメは自重しなかったらしく、メダロット4にブンロクをゲスト出演させた。しかもトラウマEDのネタまで仕込んでいる。
  • ROM内に、機銃を受けマルコの頭が破裂しているグロ画像のデータが存在するが、さすがにまずいと思ったのかゲーム中では使われていない。


関連タグ

東方見聞録 マルコ・ポーロ トラウマ
アドベンチャーゲーム ADV
ナツメ株式会社

pixivに投稿された作品 pixivで「東方見文録」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 161115

コメント