ピクシブ百科事典

悪代官(ゲーム)

あくだいかん

『悪代官』とは、グローバル・A・エンタテインメントから発売されたゲームタイトルシリーズ。

概要

時代劇における定番の悪役悪代官”を主人公としたシミュレーションゲーム。
2002年8月8日に第一作『悪代官(PS2)』が発売され、2003年7月31日には『悪代官2 ~妄想伝~(PS2)』、2007年3月1日には『悪代官3(PS2)』と続編も制作された。

ゲームシステムは『刻命館』や『影牢』を彷彿とさせる「トラップゲーム」であり、プレイヤーは受け取った賄賂を元手に、代官屋敷やその他の建物に罠を仕掛けたり用心棒を雇ったりして、押し入った敵を返り討ちにしていく。
なお、本作は主人公が悪役であるため、敵キャラクターには「遠山の金さん」や「水戸黄門」など、時代劇作品でおなじみの正義の味方が次々と登場する。悪代官が彼らに倒されると「ハッピーエンド(いわゆるゲームオーバー)」となり、正義の味方の顛末が挿絵付きで語られる。

すべてのシリーズにおいて主人公である悪代官役は悪役商会所属の千本松喜兵衛、また『3』における用心棒の先生は「5万回斬られた男」として有名な福本清三を起用するなど、無駄に本格的なキャスティングが成されている。
また、時代劇以外のパロディやメタ発言が多く、鼠小僧が毎度毎度どこぞの大泥棒っぽかったり、『2』の設定が某SF映画シリーズ某機動戦士アニメを彷彿とさせる内容だったり、『3』の裏ボスがあの国の将軍みたいだったりと、いろいろとぶっ飛んでいる。
しかし、そんなことにいちいちツッコむことはタブーである。大人の事情なのだ。
バカゲーながら人気はある模様。

関連タグ

ゲーム バカゲー
時代劇 悪代官

コメント