ピクシブ百科事典

ふしぎ刑事

ふしぎでか

ふしぎ刑事とは、2000年にカプコンから発売されたPS用ソフト。ジャンルは「ふしぎアドベンチャー」。

概要

ふしぎな人物が住む「ふしぎアイランド」を舞台に、プレイヤーは本庁から赴任してきた敏腕刑事となって殺人事件の謎を解いていくというゲーム。雰囲気や登場人物の「ふしぎさ」が全面に押し出されたゲームで、バイオハザード逆転裁判などを手がけた少数ながらも豪華なスタッフが開発している。シュールなキャラクター、奇妙な建物、喋る道具、所々で見かける謎の小人など、かなり独特の雰囲気を持っている。

しかし、その内容は不思議というよりシュールかつ理不尽で、どこか狂った登場人物たちに、常識の通用しない世界で振り回され続け、不条理な目に遭い続けることになる。おまけに鬱注意グロ注意な展開がある。エンディングは3パターンあり、ゲームオーバー扱いのバッドエンドも含めると結構多い。しかし、そのどれもハッピーエンドとはほど遠く、ゲームの雰囲気のせいで軽くなっているがかなり凄惨な内容である。「良ゲー」と呼ぶには破綻しすぎているが、「クソゲー」と呼ぶほどバグ等の不具合がある訳ではなく、かといって「バカゲー」と呼ぶには内容が暗すぎるという分類に困るゲームである(強いて称するならば「怪作」といったところか)。プレイするには色々な意味で精神力が必要。

登場人物

ふしぎ刑事
主人公。急な異動命令で本庁からふしぎアイランド署に赴任してきた敏腕刑事。作中で顔はでないが、かなりイケメンで切れ者らしい。おそらくほぼ唯一の常識人。

カワイコちゃん
主人公の初恋の女性。資産家の娘。物語冒頭に発生する殺人事件の被害者となる。

ネコニャ
地元K察官で、人語を喋るが完全なネコ。主人公の相棒となり、様々な場面で手助けをする。捜査に行き詰まると、ほぼ答えに近いヒントをくれる。コイツも十分狂っているのだが、この島の中ではかなりまともな性格をしている。

オマワリ
犬のK部補で主人公とネコニャの上司に当たる。見た目からして既にうざいが、中身はそれ以上にうざい。設定で「かなり抜けた」人物とされているが、そんな生易しいレベルではない。ろくに調査もせずに思い込みだけで人を逮捕し、酷いときは処刑しようとする。不潔でいい加減、欲望に忠実で面倒なことはやろうとせず、責任はすぐ誰かに押し付け、やることなすこと全て的外れ、主人公の足しか引っ張っていない癖に態度はでかい、都合の悪いことはもみ消そうとする、というどうしようもない人物。

ハンサム
カワイコちゃんの元彼。裸蝶ネクタイ、手袋、スニーカーというスタイルだが、この世界では相当なハンサムらしく、「女殺し」と呼ばれている。口調がかなりチャラいが、性格はそれを通り越して最悪で、女を財布としか認識していない。

ハンプティ・ダンディ
バーの常連客。まず顔が相当にくどいが、喋り方も独特でかなりくどい。性格は純粋だが、寡黙で秘密が多く、話しているとイライラしてくる。

姐さん
バーのママ。足だけは美しい。姉御肌で割合話の通じる人だが、男の趣味は悪い。占いができるが、その際の動作がかなりキモい上に肝心の結果もアテにならない。

テナ
オネェ口調で喋るバーのマスター。噂話が大好きで、島では情報屋として通っている。一見ただのトカゲだが、その口の中にもう一つ人の口があるクリーチャー。

忍者
島の住人。元テレビスターらしいが今ではカワイコちゃんのストーカーと化している。その名の通り忍術が使える。重度のパンツフェチで、湿ったパンツも好きという変態。

コック
島のレストランのコック。腰は低いが職人気質で腕は確か。ニャジニャジを可愛がっているが実は‥。彼の厨房は今作随一のグロポイントである。

謎人物
島に最近越してきた人物。礼儀正しいが見た目が異常に怪しい。

ニャジニャジ
島に住む不思議な生き物で、天然記念物。ニャジとしか喋れないが、ネコニャは彼らの会話が分かる。

pixivに投稿された作品 pixivで「ふしぎ刑事」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1159

コメント