ピクシブ百科事典

せがれいじり

せがれいじり

せがれいじりとは、1999年に旧エニックスより発売されたプレイステーション用ゲーム。
目次[非表示]

プロローグ

むかしむかし、とおいみらいに せがれがすんでいました。
せがれはサナギなのでやじるしです。

あるひ、超プリティーなむすめさんをみつけ、ママにいいました。
「あのむすめさんとラブラブになりたいなぁ」

ママがこういいました。
「おおきくなったらネ」

さあ、せがれをいじっておおきくしましょう。

概要

1999年にエニックス(現:スクウェア・エニックス)より発売した、プレイステーション用ゲーム。作者は「ウゴウゴルーガ」にも携わった秋元きつね氏。
CMのキャッチコピーは「プレゼントに最悪」。

主人公・せがれを操作し、セケン(フィールド)を動き回らせ、様々な「オキモノ」に「オカカワリ」して成長させるゲーム。その過程はとにかくくだらないもので、中身も徹底して「うんこ」や「ち○こ」など下ネタシュールのオンパレードである。
当時のプレイステーション時代における伝説のバカゲーとして名を馳せたが、その斬新さが逆に受け約17万本という大ヒットを記録した。
ちなみにタイトルは語感重視で名付けられたものだが、そのまま下ネタ的な意味も含まれている。

2019年で発売20周年を迎えた。

登場キャラクター

せがれ


せがれ(右)
主人公。矢印。
見た目はシュールだが、中身は好奇心でいっぱいの天真爛漫な男の子。
スクエニ合併記念として「半熟英雄 対 3D」にムスメさんと一緒にゲスト出張した事もある。

ママ(左)
せがれのママ。キリンの生首だがママったらママ。
せがれをいじると何故か彼女が大きくなる。

余談

キャラクターデザインやCG製作、BGM作編曲は秋元きつね氏によるもの。
それらの著作権は氏が持っており、「このキャラを使ってゲームを作らなければそれ以外は原則OK」という取り決めとの事。このため氏の映像作品にもよくせがれ達が登場している。




完全に余談だが秋元氏のCGの師は平沢進
P-MODELにも一時期参加していただけあって、曲も同ジャンルの楽曲が多い。

関連イラスト

GO!
センシティブな作品



関連タグ

バカゲー
シュール

関連記事

親記事

エニックス えにっくす

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「せがれいじり」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 239714

コメント