ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

1990年にクインテットが製作、エニックスより発売されたスーパーファミコン初期のアクションシミュレーションゲーム

プレイヤーは地上を見下ろすとなり、地上にある神の石像に乗り移って魔王サタンに乗っ取られた世界を救う戦いを繰り広げる。

この戦いは、「アクションモード」「クリエイションモード」の2つのパートに分けられており、アクションモードで神像に受肉し各地を支配する悪魔を討ち滅ぼし、その後のクリエイションモードで人間たちを導き土地に良き人々を根付かせ、全ての魔物の巣を封印して次なる悪魔の地へと旅立つ、という流れとなっている。

その多彩なアクションと奥深いクリエイションモード、そして古代祐三氏による優れたBGMから神ゲーとの評価も高い。二重の意味で。疑似人間界に傍観者のプレイヤーが手を下すという、「神視点」作品の走りのゲームでもある。
要するに「神となって悪魔と戦い人間界を復興させる神ゲー」である。
因みに日本国内よりも海外での売れ行きが好調だった模様。

余談だが、古代氏が手がけたBGMはファイナルファンタジー4の音楽スタッフを愕然とさせ、すべての音楽を作り直させるに至った(そして発売は遅れた)という逸話がある。
その後、2012年のFINAL FANTASY展にて、植松伸夫により大げさな表現であると訂正され、実際には音源のサンプリングをやり直した程度としつつも「当時は勝てなかった」と評価している。
この事から、ソフトのリリース時期を加味すれば、優れた表現を実現していたといえる。
さらに後年の2016年のニコ生にて、
「『アクトレイザー』の曲、久々に聴いたんですよ。音色、大したことないんですよ」
「ボクは何にショックを受けたかというと、たぶん音色じゃなくて音楽にショックを受けたんですね。でも今から全曲書き直すわけにはいかないから、音色だけでも変えようと思って……正直に白状すると」と語っている。
ちなみに、植松氏はヒゲがトレードマークであるが上記の改修作業中に剃る暇が無いためにのばし、それがそのまま残りトレードマークとなったことを伊藤賢治氏が前山田健一氏とのトークで語った

それから3年後の1993年には続編の「アクトレイザー2 沈黙への聖戦」が発売されているが、こちらは海外向けに制作した為、純粋なアクションゲームとなっており、難易度もより一層高くなっている。
しかしながら日本国内ではクリエイションモードが廃止されたのと凶悪な難易度が不評だったせいか、前作ほどの人気を集めるには至らなかった。世界観もグロ…(文章はここで途切れました)。
なお、クリエイションモードが削除されたのは海外では不評だったのが主な理由。
またクリエイションモードの意義的には前作以後繁栄している2でやれないのはストーリー的には妥当と言える。

両作品でグラフィックを担当した、古代彩乃氏は古代祐三氏の実妹である。


2021年9月24日、フルリメイク作『アクトレイザー・ルネサンス』が発表と同時に配信開始。

関連タグ

レトロゲーム エニックス スーパーファミコン スクウェア・エニックス

天穂のサクナヒメ…ちょうど30年後の2020年発売のアクション&シミュレーションゲーム。和風テイストながら、主人公が神で何よりシステム周りが近い事から『和風アクトレイザー』と揶揄される程(メインではないが、アクトレイザーにも日本神話風のアイトス、稲作文化が出ている)。

外部リンク

関連記事

親記事

エニックス えにっくす

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「アクトレイザー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 291870

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました