ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

ジーン「“今をどう生きるか”…俺にはまだわからないけど、確かなことが一つだけある。英寿、俺は君のサポーターだ」


REVOLVE ON


SET UP


「変身!」


『『DUAL ON』』


『HYPER LINK』


LASER BOOST


『『READY FIGHT』』


ベロバ「あれは…」


レーザーレイズライザーには、理想の自分をデザインする力がある。だからを、少しだけ俺色に染めさせてもらったよ。もう時差ボケはしないはずだ。」


「粋なプレゼントだな。さあ、ここからが…」


英寿&ジーン「「ハイライトだ!」」


概要

ブーストマークⅡレイズバックルレーザーレイズライザーデザイアドライバーにセットしデュアルオンハイパーリンクすることで変身する仮面ライダーギーツ強化形態

28話で初登場。


変身音はデザイアドライバーとレーザーレイズライザー両方のシステムボイスが交互に、あるいは重なって再生される(記事冒頭の変身音声のうち、斜体部分はレーザーレイズライザーの鉤括弧が二つある箇所は二重に再生されたもの)。


基本的に相手の出方を見てから戦う英寿のファイトスタイル上、まず前形態となるブーストフォームマークⅡに変身し、相手が強かったり副作用が発生した場合にこちらにチェンジするパターンが多い。

逆に最初からレーザーブーストで挑んでいる場合、相手は英寿にとって最警戒対象の実力者ということになる


変身

変身時はブーストフォームマークⅡ同様に5つのBOOSTのロゴに加えて、仮面ライダージーンの変身時に足元に現れる水色のサークルがロゴの後ろに現れる。

仮面ライダーギーツ LASER BOOST

そのままブーストスロットルマークⅡを操作すると炎が吹き出る点はマークⅡと変わらないが、レーザーレイズライザーのインプットリガーを操作すると不完全燃焼を思わせる赤い炎から完全燃焼したような青い炎へと変化する。


その後は炎とカードが変身者の周りを回転し、マークⅡに変身後にカードアーマーが装着される、というマークⅡとジーンの変身を混ぜたようなプロセスを経て変身が完了する。


マークⅡから変身する際は、そのままカードアーマーを装着する場合が多いが、29話のみ(CGが完成していなかったのか)一度ブーストマークⅡの装甲を取り付け直してからチェンジしていた。


外見

仮面ライダーギーツ レーザーブーストフォーム

レーザーレイズライザーにある理想の自分をデザインする力により、ブーストフォームマークⅡの外見に仮面ライダージーンを思わせる白と青の装甲が追加された。

複眼も青に変化しており、ジーン曰く「推しを少し自分色に染めた」姿となっている。


この白と赤を組み合わせた見た目はマグナムブーストフォームを彷彿とさせる。


スペック

身長205.2cm
体重116.2kg
パンチ力42.7t
キック力90.9t
ジャンプ力120.5m(ひと跳び)
走力1.8秒(100m)

レーザーレイズライザーの仮面ライダーを理想の姿へリデザインする能力によりブーストフォームマークⅡから能力が更に向上している。キック力とジャンプ力に至っては運営用のライダーであるゲイザーを僅かに上回ってすらいる。

しかし(あくまで基本的な戦闘能力を示す数値ではあるが)未だにフィーバーブーストフォームを上回るスペックには至っていない。


レーザーブースト

胸に装着された増加装甲「クロスリアライド」は内部に格納された「バーミリオンブイツイン」の時空を歪ませる力を制御・拡張する機能を備えているため、以前あったマークⅡを使用すると睡眠作用に襲われる、反動で倒れるなどの問題が解消された(ジーン曰く「もう時差ボケはしないはず」。なおこの機能は変身前でも機能するのか、レイズライザーをセットした瞬間に英寿が覚醒している)。

この装甲によりビーストモードへの変形はできなくなったが、元の機動力の向上もありデメリットにはなっていない。


更に仮面ライダージーンの持つベクトル操作能力が継承され、自分や周囲のエネルギーがもつ様々なベクトルを任意の方向に変えるエネルギーフィールドを展開した攻撃が可能。ジーンと比べるとブーストの力で底上げされている分、より操作性や圧力が強化されており、並みのポーンジャマト程度ならば触れることなく爆散させられる。

ちなみにレーザーブーストのベクトル操作は、対象に赤いエフェクトが発生する。


このベクトル操作は自身にも適用可能なため飛行能力も獲得しており、28・31・32話などで使用。発動させるベクトルの度合いは英寿本人の意思で意のままに操れるらしく、「天国と地獄ゲーム」では変身した瞬間能力を使用し、穴への落下を阻止した。

また、取り落としたレイズライザーをベクトル操作で自身に引き寄せて回収するなど、応用性も高い。


マークⅡ由来の「バーミリオンエグゾーストテール」による超加速能力を使用している際は、電子回路の様なエフェクトを発生する。


頭部の「トランセンドバイザー」は全身各部のモニタリング機能と問題を即座に修正するプログラムが搭載されたことで、「ブーストタイム」発動時の反動を大幅に軽減している。


ブーストバックル一つ分に匹敵する超パワーを瞬間的に腕や脚に上乗せする「レッドゾーンチャージャーS」「レッドゾーンチャージャーN」もマークⅡから引き続き搭載されている。


基本的に作中で明確な上位形態として使われており、中盤の英寿の切り札的存在として活用された。その強さは運営用ライダーであるグレア2(しかもスペックの高いベロバVer)をも圧倒して完勝する程。

32話ではゲイザーとも互角に渡り合っていたが、お互い高いポテンシャルを持つ形態なだけに劇中ではどちらも決定打を打つことはできなかった(最後は必殺技の撃ち合いとなったが、妨害により結局勝負つかずであった)。

37話では再びゲイザーとの戦闘になるが、冷静さを欠いた状態だったために猪突猛進した結果ドミニオンレイの遠隔攻撃により敗北。初で唯一のオーバーダメージによる変身解除となった。


デザイアロワイヤルかりそめの共闘

後に登場したバッファ最強形態とは違い、純粋なパワーアップであるため対ライダー・対ジャマトのどちらにも対応できるのが長所。

36話にてバッファと共同戦線を張りダンクルオステウスジャマトに引導を渡した。


使用アイテム

英寿が保持していたブーストレイズバックルに、宇宙から飛来した4つのブーストバックルが合体して誕生したレイズバックル


デザイアグランプリの公認サポーターが持つ武器兼変身アイテム。

レーザーレイズライザーは形状的に右側専用のため、ブーストマークⅡバックルは予め左にセットするかリボルブオンする必要がある。

28話での初変身時はレイズライザーの持ち手部分のみを渡されたが、同話でジーンからライズカードリッジ(レイズライザーカードを入れる銃口部分)も改めて託された為、以降は変身後にドライバーから取り外しメイン武器としても使われる様になった。


マークⅡバックルとの同時装填により、双方にあった紫色の造型が合体して円を成すようになっている。


変身ベルト。ギーツコアIDが収まっている。


必殺技

  • レーザーブーストビクトリー

仮面ライダーギーツ - LASER BOOST

『『FINISH MODE』』

『LASER BOOST VICTORY』


レーザーレイズライザーのクロスオルタネーターを1回操作し、インプットリガーを引くことで発動。

4人の分身と共に連続で飛び蹴りを放つ。


30話では熱を帯びた蹴りと同時に青い炎と4人分のキックを上乗せする形で、威力を上げて蹴り上げていった。


戦え、己の理想のために

レーザーレイズライザー単体の必殺技では火炎と青いエネルギーを込めて銃撃を放つ(玩具版では「レーザービクトリー」の状態となるため再現できない)。


  • ハイパーブーストグランドビクトリー

センシティブな作品

BOOST TIME

『HYPER BOOST GRAND VICTORY』


ブーストマークⅡバックルのブーストスロットルマークⅡを2回以上捻った後、再度捻ることで発動。

凄まじい速さで動き回り、灼熱のパンチを繰り出す。

マークⅡの仕様上、発動してもバックルが飛んでいくことはない


余談

  • やや長いフォーム名故か、ファンからは愛称として『レザブ』と呼称される。

  • レーザーレイズライザー初登場(ジーンが銃を向けた時)の頃からレイズライザーが今後の展開の中でギーツの強化アイテムになるだろうとの予想は多かった。

  • 28話でレーザーブーストフォームになったギーツと一緒に言ったギーツの決め台詞である「ここからがハイライトだ!」は鈴木氏によるアドリブ。『仮面ライダーフォーゼ』におけるフォーゼの決め台詞である「宇宙キター!」を後ろで同時に叫ぶ仮面ライダー部の面々を意識して、リハ段階からギーツの後ろでボソッと言ってたが、それを聞いてた坂本監督が、「やる?」と言ってくれた事で実現した(台本上では、ギーツのみだったとのこと)。その後のジャマトライダーを倒した後のベロバとの一騎打ちは、坂本特撮ではおなじみとなったGoProカメラと合成を用いた煽りとナメのアングルになっている。


  • 変身アイテムが分けられているためブーストマークⅡとはまったく別の強化形態として扱われているが、登場期間やガンバレジェンズでの演出を考えると「レイジングコマンド」の様な2段階の強化フォームとも言える。

  • レーザーレイズライザーを挿したときに鳴る「set up」のボイスはXライダーが変身するときの掛け声「セタップ!(SET UP!)」が元ネタだと思われる。

DGPルールとの関連性

劇中のルール説明では「仮面ライダーのテクノロジーは、運営によって創造・管理されている。例外は存在しない。」とあるため、レーザーレイズライザーそのものをDGP参加者が使用するのはデザイアグランプリのルール上違法ではないことが判明している。


劇中では英寿しか変身していないというだけで、一応所持さえしていればデザグラ参加者もレイズライザーを変身・または武器として使用するのは正規の攻略法と見なされているようだ(現に、30話ではキューンが一時的に貸したレイズライザーを祢音が使用している)。


初変身の際に同行していたジーンもレイズライザーをデザイアドライバーに直接装填していた(=ライザーがデザイアドライバーとリンクできることをあらかじめ知っていた)シーンを見るに、少なくともデザイアグランプリの長い歴史において、レイズライザーがこのような形で使用されるのは初めての光景ではないことも分かる。


少なくとも、運営プロデューサーであるニラムは英寿に度々ライザーを貸し付け、事実上デザグラに対する利敵行為を幇助しているジーンに対し、ほぼ一切の罰則を与えていない

またブーストマークⅡの誕生に驚いていたニラムが、レーザーブーストフォームに対してはあまりこれといった反応を見せなかった描写から、


  • 過去のデザイアグランプリでもDGP参加者と心を通わせた一部のサポーターがレーザーレイズライザーを変身用に貸す事例があった
  • レイズライザー本体にデザイアドライバーと接続するスロットがある都合上、デザイアグランプリ運営ではレイズライザーによる強化変身は公認の物として認知されているので驚かなかった

という説も流れている。もっとも、後にスエルからこのレーザーブーストフォームのギーツらを指して一部チートクラスの仮面ライダーと呼称されているため、何れにせよサポーターが直接変身アイテムをプレイヤーに渡すという行いはデザグラ全体を通しても大変珍しい物と見られる。


なお、後にジーンはニラムからの依頼を受け変身道具抜きの丸腰の状態ケケラやベロバに交渉を持ち掛ける羽目になっている。ジーンがそれ程の危険を知りながらもレイズライザーを託したのは、その危険以上に英寿に信頼を寄せていたということなのだろう。


上記の文も例外がいくつか登場している。


その後グランドエンドに伴い、ジーンが未来へと帰って行った。このためレイズライザーを返却した描写があったわけではないが、変身不能になったと思われた。事実、創世編でもマークⅡの登場はあれどレーザーブーストの登場は無し。

最終話ではジーンが再び現代に来訪しているが、英寿が神になったことやレーザーブーストを超える最強フォームであるギーツⅨの存在がある以上、今後レーザーブーストが登場する可能性はかなり低いと思われる…。


ギーツ以外のライダーについて

ファイナルステージにてブーストフォームマークⅡへの変身はギーツ以外のライダーでも可能という事が判明、タイクーンがブーストマークⅡレイズバックルを使用していた。

しかし、レーザーレイズライザーは基本的にオーディエンス用のアイテムであり、ジーンとキューン以外は推しのライダーと対峙した末討伐された為、『ファイナルステージ』時点ではタイクーンのレーザーブーストフォームは事実上実現不可能となっていた(そもそもレーザーブーストフォームのデザインにはオーディエンスの意思も反映されている為である)。


このためジーン以外に可能性があるのは生存し、現代に残留したキューンのみ。

ナーゴがブーストマークⅡレイズバックルを使用し、キューンからレーザーレイズライザーを貸与される機会が訪れればギーツ以外のライダーがレーザーブーストフォームに変身する瞬間が見られるのかもしれない。

ただメタ的にはスーツを新造しなくてはならない他、作劇上もナーゴ自身が既に創世の力による形態を有している(スペックもギーツのレーザーブーストより上である他、構造上更なる強化の余地もアリ)ため、登場はかなり難しいと思われる。


関連イラスト

仮面ライダーギーツ レーザーブーストフォームLASER BOOST

レーザーブーストフォームブースト


関連タグ

仮面ライダーギーツ ギーツ

ブーストマークⅡレイズバックル レーザーレイズライザー

ブーストフォームマークⅡ 仮面ライダージーン

強化フォーム 中間フォーム てんこ盛りフォーム

火属性 重力属性



主役ライダー中間フォーム(3つ目)

ジャックリバイスレーザーブーストフォームアイアンガッチャード


ギーツの中間フォーム

ブーストフォームマークⅡレーザーブーストフォームブーストフォームマークⅢ




























【警告】この先、本編終了後のネタバレを記載しています。各作品を未視聴の方はご注意ください。



















上述した理由から再登場は厳しいと思われていたのだが、割とあっさり再登場

レイズライザーは返却していなかったor再来訪したジーンから受け取った等が推測されたが、そもそも神様となった最終回以降の英寿は、無制限となった創世の力でいくらでも生成できる以上、考えるだけ無意味とも思われる。


ゼグドラシルが空間操作能力を持っていたため、それに重力操作で対抗すべくマグナムブーストフォームからチェンジ。空間操作をものともせず接近しレーザーブーストビクトリーでゼグドラシルのバリアと拮抗する姿を見せた。

しかし直後にビートルクスが突撃してきてバリアを破ったため、ライドケミーカードへの封印は一ノ瀬宝太郎に譲る形となった。

関連記事

親記事

デュアルオン でゅあるおん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 294652

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました