ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴
ラスボスライダー
18
『仮面ライダー』シリーズにおいてラスボスとなった仮面ライダーのこと。

この記事は仮面ライダーシリーズの最終盤に於ける重大なネタバレが多分に含まれます。閲覧に注意して下さい。



















































概要

仮面ライダーではラスボスが怪人というのは初代からのお約束である。

が、平成以降では仮面ライダーそのものがラスボスを務めるという例が少なからず存在しており(決して多い訳ではない)、物語の重大な転換点となっている。また、令和に入ってからは、ギーツまでの四作連続でラスボスライダー制を導入している。

また、どのライダーもチートライダーに名前を挙げられる程の凄まじいスペック、能力を所持しており、更にその強さに見合うキャラクター性も相まって(本来であればヘイトを集めるポジションでありながら)高い人気を獲得したライダーも多い。


一覧

平成ライダー

平成一期

仮面ライダー龍騎

変身者は不明。ゲームマスター・神崎士郎の心とリンクしており、彼が動揺すればオーディンの動きにも隙が生じる。

Vバックルカードデッキを装填して変身する不死鳥モチーフのライダー。

史上初のラスボスライダーにして、平成では唯一純粋なライダーのままラスボスとなったライダー。

黄金の装飾、フェニックスモチーフの契約モンスターゴルトフェニックス、冠するの名と、明らかに他の13ライダーとは格が違うことがわかる。

武器はソードベントで召喚する双剣・ゴルトセイバー、更にガードベントでは大型の盾・ゴルトシールドを召喚可能。また、相手の装備品を奪い取るスチールベントも所持している。

錫杖型の召喚機・ゴルトバイザーファイナルベントアドベントカードをベントして放つ必殺技・エターナルカオスは未だその全貌が明らかになっておらず、謎に包まれている。

ゴルトバイザーの隠されたカードスロットにはサバイブ(無限)のアドベントカードが常時ベントされており、これによりオーディンは常にサバイブ体となっている


平成二期

仮面ライダーエグゼイド

仮面ライダークロニクル!

ガシャット!

バグルアップ!

天を掴めライダー!刻めクロニクル!今こそ時は極まれり!

変身者は幻夢コーポレーションの初代及び四代目社長・檀正宗バグスターウイルスが発生した事件・ゼロデイの責任を負わされて服役していたが、釈放される。

バグルドライバーⅡ仮面ライダークロニクルガシャットを装填して変身する黒と緑のライダー。

奇しくもオーディンに続き、の名を冠している。その名の通り時を司り、時を止めるポーズ、止めた時を再始動させるリスタート、更に檀正宗の願いと共鳴し時を巻き戻すリセットと言った強力な能力を使用可能…なのだが、ラスボスとしては実は弱体化した姿だったりする。他、エナジーアイテムを独占し自由に使用することが可能。

武器はバグルドライバーⅡから分断したガシャコンバグヴァイザー。チェーンソーモードによる近接攻撃やビームガンモードによる遠距離攻撃を可能とする。更にそれぞれのモードの必殺技「クリティカルサクリファイス」「クリティカルジャッジメント」も使用可能。

ドライバーのボタンを2度押して発動する「クリティカルクルセイド」は時計の針のエフェクトともに放つ回し蹴り。他、時計の針を足に集約させオーソドックスなライダーキックを放ったこともある。


令和ライダー

仮面ライダーゼロワン

絶滅ドライバー!

アークスコーピオン!

プログライズ!アーク!

Destruction Ruin Despair Extinction! アークスコーピオン!

The conclusion after evil climbs the top of the highest mountain of rock.

変身者は滅亡迅雷.netの司令塔ヒューマギア仮面ライダーアークゼロが撃破され、アークの脅威が去ったと思われた矢先現れた仮面ライダーアークワン。アークワンにが破壊された悲しみをアズに付け込まれ、変身してしまった

絶滅ドライバーアークスコーピオンプログライズキーを装填して変身する滅亡の方舟。

さながら滅にアークが浸食しているような見た目。アークライダーの例に漏れず流体金属を操り武器を生成することが可能。劇中ではアタッシュウェポンサウザンドジャッカーを使用した。各部位は相対する敵の破壊に特化しており、流体金属で伸縮刺突ユニット・デストアナライズを構築し、敵を穿つことも可能。

必殺技は2種類あり、「ヘイトレッドインパクト」はデストアナライズを右腕にまとわせて放つ憎悪のライダーパンチ。もう1つの「エクスティンクションインパクト」はデストアナライズを右足に纏わせ、スティングディストピアと同じく中段蹴りを放つ滅亡のライダーキック。もしくは、デストアナライズを四方八方に展開し敵をあらゆる方向から刺し貫く。


仮面ライダーセイバー

グリモワール!

WHEN THE HOLY SWORD AND THE BOOK INTERSECT REWRITE THE WORLD

OPEN THE GRIMOIRE THE END OF THE STORY!

KAMENRIDER STORIUS!

変身者は黒い本棚のリーダー格のメギドストリウス

協力者であったソードオブロゴスの長・マスターロゴスことイザク/仮面ライダーソロモンの力を吸収。更に独自に集めていた力もかき集めて一体化させることで、変身アイテムを生成した。

ドゥームズドライバーバックルグリモワールワンダーライドブックを装填することにより変身するマスクが本で覆われたライダー。その下には実は目が存在するが、劇中で拝むことはできない。

仮面ライダーソロモン・オムニフォースと同じく全知全能の書の力を司り、その驚異的なパワーはなんてことないただのエネルギーの塊を放つだけで街を壊滅させるほど。

武器は怪人時代から使用している愛剣・ビルガメード

必殺技は5種類あり、内「アルティメット・ディスペア」「オープン・ザ・ストーリー・オブ・ディスペア」は未使用。起動スイッチを2回押し放つ「オープン・ザ・ストーリー・オブ・ジエンド」はなんと死者を全盛期以上の力を持って蘇生・洗脳させる。他、滅びの塔の生成やワンダーワールドを荒廃させるなど特殊な能力を司っている模様。ブックを閉じ、ベルトのスイッチを押して放つ「ザ・ストーリー・オブ・ディスペア」はビルガメードから電撃を放つ技。ファイナルステージで使用した。ブックを閉じた後、ベルトのスイッチを3回押して放つ全知全能必殺技「ジ・エンド・オブ・ザ・ワールド」は、世界の終焉という名前の通り現実世界にワンダーワールドを浸食させ文字通り世界を終焉へと導く。


仮面ライダーリバイス

ジュウガ!

レックス! メガロドン! イーグル! マンモス! プテラ! ライオン! ジャッカル! コング! カマキリ! ブラキオ!

スクランブル!

十種の遺伝子、強き志!爆ぜろ、吠えろ、超越せよ!

仮面ライダージュウガ!

Go Over…!

変身者は本作のライダーシステム開発者ジョージ・狩崎

このシステムも勿論彼自身の開発によるものであり、専用のジュウガドライバージュウガバイスタンプをセットして変身する令和の凄まじき戦士。上記のアークスコーピオンと同じく左右非対称の複眼を持ち、『リバイス』としてのが挑む最後の敵として立ちはだかる。

10種の生物のパワーを極限まで増幅して一体化させている他、何より開発者としてライダーシステムの全てを熟知しているため、一度はギフをも完封したエビリティライブすらも苦もなく一蹴してしまう実力を持つ。その性質上ギフの力は一切含まれていないが、現状無敗のアルティメットリバイスに対しても動揺するまでは殆ど互角の戦いを繰り広げていた

専用武器は持たず、10種の生物の力を駆使した格闘戦を主とする。またバイスタンプを別個に読み込むことで、レジェンドライダーの力を宿した必殺技を放てる拡張性も併せ持つ。

必殺技は上記のアブゾーブ技「○○△△アタック」に加えて4種類ある。ロール2回でスピード系の「インパルスゲノムエッジ」、ロール3回でテクニカル系の「クラッシュゲノムエッジ」、ロール4回でパワー系の「パワードゲノムエッジ」、ロール2回にスイッチ押しを挟んだリミックス技「アルティメットキメラアタック」、ロール5回で全能力を結集した「アメイジングフィニッシュ」があり、このうち「パワードゲノムフィニッシュ」「アルティメットキメラアタック」のみ現状未使用。

人気もかなり高いようで、本編後も味方として複数回戦っている他、最終的にジュウガを主役としたスピンオフが制作されるほどの厚遇っぷり。


仮面ライダーギーツ

REGAD Ω ACCESS

GENERATE

CREATION AND MASTER OF ALL REGAD Ω

変身者はDGP創始者のスエル

国家規模のエネルギーを無尽蔵に扱えるジリオンドライバーを創設者権限で認証、シリウスカードをスキャンして変身する。DGP運営の最後にして最強の切り札。世界を破滅へと導く最後のゲームを開催し、ギーツ達の前に最後の敵として対峙する。

同じドライバーを使用する仮面ライダーリガドよりも高出力・制限解放したΩモードでの運用となり、ギーツに登場するライダーでも破格の出力を叩き出す。実際スペックはリガドは無論のことギーツⅨよりも上で、更にブジンソードですら武器ブーストバックルを併用して破っていたⅨの創世の力バリアを素手で打ち抜いてくる。またΩモードに伴い開眼した1つ目は、あらゆる事象の過去・未来を見通し、死角は実質無い。

専用武器は無いものの、拡張スロットのグレートアセンブルレイズバックルをセットすることで、各種バックルの拡張武装を使用可能。発現時に「INFINITY」と鳴るバックルの力はその名の通り極限まで増幅され、具体的には無数の武装を出現、遠隔操作できる(モノによってはバックルそのものが飛んで突撃していく)。なおスエル自身の権限により構えるだけで自動でバックルがセットされるため、この手の能力にしては隙が少ないのが特徴。

必殺技にはグレートアセンブルを一度押して発動する時間干渉型高速移動の「ACCELERATE」、シリウスカード1回スキャンによる一斉掃射「EXPUNGE」、カード2回スキャンによる全力のライダーパンチ「DESTROY」がある。そして1番脅威的なのが、グレートアセンブル二度押しで発動、特定の対象の時間を巻き戻すリセット能力「REVERSE」の存在。

この技は応用する事で、仮面ライダーの変身能力・資格を消去できる。時間干渉に対抗する術のないライダーらはどんなに強かろうと完封可能で、文字通りの反則・チート技として君臨している。

なお設定上は下位のヴィジョンドライバー系ライダーと同じく、膝下に備わった「ソブリンレイ」でライダーを洗脳・配下に置く能力も有する。


番外

仮面ライダーBLACKSUN

変身者は秋月信彦

怪人真実を知り、自信に賛同してくれた怪人が人間に無惨に殺されたことで激しい怒りと憎悪を抱いた時に完全体へと至った姿。接近戦を得意とする他、覚醒したキングストーンによる強い念動力を操り、翳すだけで衝撃波として敵を吹き飛ばしたり対象を掴み取って動きを封じることも可能。悪化し続ける怪人差別から人間を完全に見限り、怪人がありのままに生きる世界を望み、護流五無を乗っ取り、創世王を継承するべく南光太郎こと仮面ライダーブラックサンの最後の敵として立ちはだかり死闘を繰り広げる。


シン・仮面ライダー

変身者はSHOCKERの上級構成員の一人、緑川イチローことチョウオーグ

人類全てを魂だけの地獄、ハビタット世界に送り込む事で救済しようとする敵であり、作中において魂そのものと言えるエネルギー、プラーナの制御ができる者以外から強制的にプラーナを引き剥がせる能力の持ち主。

その性質故に仮面ライダーでしか彼に対抗できないが、パワーソースであるプラーナの絶対量でダブルライダーを凌駕しており、消耗をカバーする玉座を破壊しなければ勝ち目の無い存在。


準ラスボスライダー

ラスボスではないが、ラスボスの前後に戦ったボスライダーや変身者がラスボス怪人になったライダーなどを紹介する。


平成ライダー

平成一期

仮面ライダー剣

変身者は相川始

その正体はマンティスアンデッドに擬態したジョーカーアンデッドであり、自ら倒される事を望みラスボスとなった。


仮面ライダーキバ

過去の変身者はキング紅音也、現代の変身者は登太牙

キング/バットファンガイアバットファンガイア・リボーンとして現代に蘇ってラスボスとなった。逆に音也と太牙は最終的に紅渡/仮面ライダーキバと一緒にバットファンガイア/バットファンガイア・リボーンと戦った。


仮面ライダーディケイド

変身者は小野寺ユウスケ

門矢士/仮面ライダーディケイドが最後に相対したライダーだが戦闘を行うことはなく、公式からもラスボスはスーパーアポロガイストとなっている。


平成二期

仮面ライダーウィザード

変身者は笛木奏

ファントムたちを率いる(?)ワイズマンとは同一人物であり、ラスボスとなる…かのように思われたが…。


仮面ライダー鎧武

変身者は駆紋戒斗

強さと真理を追い求め、ロード・バロンに変貌。ラスボスとなった。


仮面ライダービルド

変身者はエボルト

ブラッド星からやってきた地球外生命体であり、物語終盤には怪人態に変身しラスボスとなった。


令和ライダー

仮面ライダーゼロワン

変身者は滅亡迅雷.netを乗っ取った人工知能アーク。『ゼロワン』のボスライダー。

人類とヒューマギアが手を取り、造られた仮面ライダーゼロツーに敗北・撃破された。


変身者は飛電或人。『ゼロワン』のボスライダー。

イズを破壊した滅への憎しみから変身し、直接対決をするも…。


仮面ライダーセイバー

変身者はマスターロゴス/イザク。『セイバー』のボスライダー。

儀式により生成されたオムニフォースワンダーライドブックで全知全能の力を手に入れ暴れまわっていたがクロスセイバーに敗北、ストリウスにとどめを刺された。


仮面ライダーリバイス

変身者はバイス。一応最終話で主人公と戦ったため『リバイス』のボスライダーと目される事がある

厳密には(というか完全に)敵ではないこと、何よりラスボス後に戦った存在にして最終回限定フォームも兼ねているという、長きに渡るライダー史でも極めて特異な立ち位置にある。

宿主の一輝が抱えていたある問題を解決するために、周囲に頭を下げ協力まで依頼して敢えて彼の前に対峙。結局目論見自体はバレてしまうものの、一輝はバイスの思いを汲んでじゃれ合うように戦った。最後は変身のリソースが尽きたことで変身解除、一輝と一体化する形で消滅していった。


仮面ライダーギーツ

変身者はジット。『ギーツ』のボスライダー。

自力で創世の呪縛を破った英寿を抹殺する為にジリオンドライバーでリガドに変身しギーツⅨとなった英寿と交戦するも敗北。スエルに吸収され消滅した。


関連タグ

仮面ライダーシリーズ 仮面ライダー

仮面ライダーのカテゴライズ一覧

サブライダー ダークライダー 声優ライダー

ラスボス(仮面ライダーシリーズ)

この記事は仮面ライダーシリーズの最終盤に於ける重大なネタバレが多分に含まれます。閲覧に注意して下さい。



















































概要

仮面ライダーではラスボスが怪人というのは初代からのお約束である。

が、平成以降では仮面ライダーそのものがラスボスを務めるという例が少なからず存在しており(決して多い訳ではない)、物語の重大な転換点となっている。また、令和に入ってからは、ギーツまでの四作連続でラスボスライダー制を導入している。

また、どのライダーもチートライダーに名前を挙げられる程の凄まじいスペック、能力を所持しており、更にその強さに見合うキャラクター性も相まって(本来であればヘイトを集めるポジションでありながら)高い人気を獲得したライダーも多い。


一覧

平成ライダー

平成一期

仮面ライダー龍騎

変身者は不明。ゲームマスター・神崎士郎の心とリンクしており、彼が動揺すればオーディンの動きにも隙が生じる。

Vバックルカードデッキを装填して変身する不死鳥モチーフのライダー。

史上初のラスボスライダーにして、平成では唯一純粋なライダーのままラスボスとなったライダー。

黄金の装飾、フェニックスモチーフの契約モンスターゴルトフェニックス、冠するの名と、明らかに他の13ライダーとは格が違うことがわかる。

武器はソードベントで召喚する双剣・ゴルトセイバー、更にガードベントでは大型の盾・ゴルトシールドを召喚可能。また、相手の装備品を奪い取るスチールベントも所持している。

錫杖型の召喚機・ゴルトバイザーファイナルベントアドベントカードをベントして放つ必殺技・エターナルカオスは未だその全貌が明らかになっておらず、謎に包まれている。

ゴルトバイザーの隠されたカードスロットにはサバイブ(無限)のアドベントカードが常時ベントされており、これによりオーディンは常にサバイブ体となっている


平成二期

仮面ライダーエグゼイド

仮面ライダークロニクル!

ガシャット!

バグルアップ!

天を掴めライダー!刻めクロニクル!今こそ時は極まれり!

変身者は幻夢コーポレーションの初代及び四代目社長・檀正宗バグスターウイルスが発生した事件・ゼロデイの責任を負わされて服役していたが、釈放される。

バグルドライバーⅡ仮面ライダークロニクルガシャットを装填して変身する黒と緑のライダー。

奇しくもオーディンに続き、の名を冠している。その名の通り時を司り、時を止めるポーズ、止めた時を再始動させるリスタート、更に檀正宗の願いと共鳴し時を巻き戻すリセットと言った強力な能力を使用可能…なのだが、ラスボスとしては実は弱体化した姿だったりする。他、エナジーアイテムを独占し自由に使用することが可能。

武器はバグルドライバーⅡから分断したガシャコンバグヴァイザー。チェーンソーモードによる近接攻撃やビームガンモードによる遠距離攻撃を可能とする。更にそれぞれのモードの必殺技「クリティカルサクリファイス」「クリティカルジャッジメント」も使用可能。

ドライバーのボタンを2度押して発動する「クリティカルクルセイド」は時計の針のエフェクトともに放つ回し蹴り。他、時計の針を足に集約させオーソドックスなライダーキックを放ったこともある。


令和ライダー

仮面ライダーゼロワン

絶滅ドライバー!

アークスコーピオン!

プログライズ!アーク!

Destruction Ruin Despair Extinction! アークスコーピオン!

The conclusion after evil climbs the top of the highest mountain of rock.

変身者は滅亡迅雷.netの司令塔ヒューマギア仮面ライダーアークゼロが撃破され、アークの脅威が去ったと思われた矢先現れた仮面ライダーアークワン。アークワンにが破壊された悲しみをアズに付け込まれ、変身してしまった

絶滅ドライバーアークスコーピオンプログライズキーを装填して変身する滅亡の方舟。

さながら滅にアークが浸食しているような見た目。アークライダーの例に漏れず流体金属を操り武器を生成することが可能。劇中ではアタッシュウェポンサウザンドジャッカーを使用した。各部位は相対する敵の破壊に特化しており、流体金属で伸縮刺突ユニット・デストアナライズを構築し、敵を穿つことも可能。

必殺技は2種類あり、「ヘイトレッドインパクト」はデストアナライズを右腕にまとわせて放つ憎悪のライダーパンチ。もう1つの「エクスティンクションインパクト」はデストアナライズを右足に纏わせ、スティングディストピアと同じく中段蹴りを放つ滅亡のライダーキック。もしくは、デストアナライズを四方八方に展開し敵をあらゆる方向から刺し貫く。


仮面ライダーセイバー

グリモワール!

WHEN THE HOLY SWORD AND THE BOOK INTERSECT REWRITE THE WORLD

OPEN THE GRIMOIRE THE END OF THE STORY!

KAMENRIDER STORIUS!

変身者は黒い本棚のリーダー格のメギドストリウス

協力者であったソードオブロゴスの長・マスターロゴスことイザク/仮面ライダーソロモンの力を吸収。更に独自に集めていた力もかき集めて一体化させることで、変身アイテムを生成した。

ドゥームズドライバーバックルグリモワールワンダーライドブックを装填することにより変身するマスクが本で覆われたライダー。その下には実は目が存在するが、劇中で拝むことはできない。

仮面ライダーソロモン・オムニフォースと同じく全知全能の書の力を司り、その驚異的なパワーはなんてことないただのエネルギーの塊を放つだけで街を壊滅させるほど。

武器は怪人時代から使用している愛剣・ビルガメード

必殺技は5種類あり、内「アルティメット・ディスペア」「オープン・ザ・ストーリー・オブ・ディスペア」は未使用。起動スイッチを2回押し放つ「オープン・ザ・ストーリー・オブ・ジエンド」はなんと死者を全盛期以上の力を持って蘇生・洗脳させる。他、滅びの塔の生成やワンダーワールドを荒廃させるなど特殊な能力を司っている模様。ブックを閉じ、ベルトのスイッチを押して放つ「ザ・ストーリー・オブ・ディスペア」はビルガメードから電撃を放つ技。ファイナルステージで使用した。ブックを閉じた後、ベルトのスイッチを3回押して放つ全知全能必殺技「ジ・エンド・オブ・ザ・ワールド」は、世界の終焉という名前の通り現実世界にワンダーワールドを浸食させ文字通り世界を終焉へと導く。


仮面ライダーリバイス

ジュウガ!

レックス! メガロドン! イーグル! マンモス! プテラ! ライオン! ジャッカル! コング! カマキリ! ブラキオ!

スクランブル!

十種の遺伝子、強き志!爆ぜろ、吠えろ、超越せよ!

仮面ライダージュウガ!

Go Over…!

変身者は本作のライダーシステム開発者ジョージ・狩崎

このシステムも勿論彼自身の開発によるものであり、専用のジュウガドライバージュウガバイスタンプをセットして変身する令和の凄まじき戦士。上記のアークスコーピオンと同じく左右非対称の複眼を持ち、『リバイス』としてのが挑む最後の敵として立ちはだかる。

10種の生物のパワーを極限まで増幅して一体化させている他、何より開発者としてライダーシステムの全てを熟知しているため、一度はギフをも完封したエビリティライブすらも苦もなく一蹴してしまう実力を持つ。その性質上ギフの力は一切含まれていないが、現状無敗のアルティメットリバイスに対しても動揺するまでは殆ど互角の戦いを繰り広げていた

専用武器は持たず、10種の生物の力を駆使した格闘戦を主とする。またバイスタンプを別個に読み込むことで、レジェンドライダーの力を宿した必殺技を放てる拡張性も併せ持つ。

必殺技は上記のアブゾーブ技「○○△△アタック」に加えて4種類ある。ロール2回でスピード系の「インパルスゲノムエッジ」、ロール3回でテクニカル系の「クラッシュゲノムエッジ」、ロール4回でパワー系の「パワードゲノムエッジ」、ロール2回にスイッチ押しを挟んだリミックス技「アルティメットキメラアタック」、ロール5回で全能力を結集した「アメイジングフィニッシュ」があり、このうち「パワードゲノムフィニッシュ」「アルティメットキメラアタック」のみ現状未使用。

人気もかなり高いようで、本編後も味方として複数回戦っている他、最終的にジュウガを主役としたスピンオフが制作されるほどの厚遇っぷり。


仮面ライダーギーツ

REGAD Ω ACCESS

GENERATE

CREATION AND MASTER OF ALL REGAD Ω

変身者はDGP創始者のスエル

国家規模のエネルギーを無尽蔵に扱えるジリオンドライバーを創設者権限で認証、シリウスカードをスキャンして変身する。DGP運営の最後にして最強の切り札。世界を破滅へと導く最後のゲームを開催し、ギーツ達の前に最後の敵として対峙する。

同じドライバーを使用する仮面ライダーリガドよりも高出力・制限解放したΩモードでの運用となり、ギーツに登場するライダーでも破格の出力を叩き出す。実際スペックはリガドは無論のことギーツⅨよりも上で、更にブジンソードですら武器ブーストバックルを併用して破っていたⅨの創世の力バリアを素手で打ち抜いてくる。またΩモードに伴い開眼した1つ目は、あらゆる事象の過去・未来を見通し、死角は実質無い。

専用武器は無いものの、拡張スロットのグレートアセンブルレイズバックルをセットすることで、各種バックルの拡張武装を使用可能。発現時に「INFINITY」と鳴るバックルの力はその名の通り極限まで増幅され、具体的には無数の武装を出現、遠隔操作できる(モノによってはバックルそのものが飛んで突撃していく)。なおスエル自身の権限により構えるだけで自動でバックルがセットされるため、この手の能力にしては隙が少ないのが特徴。

必殺技にはグレートアセンブルを一度押して発動する時間干渉型高速移動の「ACCELERATE」、シリウスカード1回スキャンによる一斉掃射「EXPUNGE」、カード2回スキャンによる全力のライダーパンチ「DESTROY」がある。そして1番脅威的なのが、グレートアセンブル二度押しで発動、特定の対象の時間を巻き戻すリセット能力「REVERSE」の存在。

この技は応用する事で、仮面ライダーの変身能力・資格を消去できる。時間干渉に対抗する術のないライダーらはどんなに強かろうと完封可能で、文字通りの反則・チート技として君臨している。

なお設定上は下位のヴィジョンドライバー系ライダーと同じく、膝下に備わった「ソブリンレイ」でライダーを洗脳・配下に置く能力も有する。


番外

仮面ライダーBLACKSUN

変身者は秋月信彦

怪人真実を知り、自信に賛同してくれた怪人が人間に無惨に殺されたことで激しい怒りと憎悪を抱いた時に完全体へと至った姿。接近戦を得意とする他、覚醒したキングストーンによる強い念動力を操り、翳すだけで衝撃波として敵を吹き飛ばしたり対象を掴み取って動きを封じることも可能。悪化し続ける怪人差別から人間を完全に見限り、怪人がありのままに生きる世界を望み、護流五無を乗っ取り、創世王を継承するべく南光太郎こと仮面ライダーブラックサンの最後の敵として立ちはだかり死闘を繰り広げる。


シン・仮面ライダー

変身者はSHOCKERの上級構成員の一人、緑川イチローことチョウオーグ

人類全てを魂だけの地獄、ハビタット世界に送り込む事で救済しようとする敵であり、作中において魂そのものと言えるエネルギー、プラーナの制御ができる者以外から強制的にプラーナを引き剥がせる能力の持ち主。

その性質故に仮面ライダーでしか彼に対抗できないが、パワーソースであるプラーナの絶対量でダブルライダーを凌駕しており、消耗をカバーする玉座を破壊しなければ勝ち目の無い存在。


準ラスボスライダー

ラスボスではないが、ラスボスの前後に戦ったボスライダーや変身者がラスボス怪人になったライダーなどを紹介する。


平成ライダー

平成一期

仮面ライダー剣

変身者は相川始

その正体はマンティスアンデッドに擬態したジョーカーアンデッドであり、自ら倒される事を望みラスボスとなった。


仮面ライダーキバ

過去の変身者はキング紅音也、現代の変身者は登太牙

キング/バットファンガイアバットファンガイア・リボーンとして現代に蘇ってラスボスとなった。逆に音也と太牙は最終的に紅渡/仮面ライダーキバと一緒にバットファンガイア/バットファンガイア・リボーンと戦った。


仮面ライダーディケイド

変身者は小野寺ユウスケ

門矢士/仮面ライダーディケイドが最後に相対したライダーだが戦闘を行うことはなく、公式からもラスボスはスーパーアポロガイストとなっている。


平成二期

仮面ライダーウィザード

変身者は笛木奏

ファントムたちを率いる(?)ワイズマンとは同一人物であり、ラスボスとなる…かのように思われたが…。


仮面ライダー鎧武

変身者は駆紋戒斗

強さと真理を追い求め、ロード・バロンに変貌。ラスボスとなった。


仮面ライダービルド

変身者はエボルト

ブラッド星からやってきた地球外生命体であり、物語終盤には怪人態に変身しラスボスとなった。


令和ライダー

仮面ライダーゼロワン

変身者は滅亡迅雷.netを乗っ取った人工知能アーク。『ゼロワン』のボスライダー。

人類とヒューマギアが手を取り、造られた仮面ライダーゼロツーに敗北・撃破された。


変身者は飛電或人。『ゼロワン』のボスライダー。

イズを破壊した滅への憎しみから変身し、直接対決をするも…。


仮面ライダーセイバー

変身者はマスターロゴス/イザク。『セイバー』のボスライダー。

儀式により生成されたオムニフォースワンダーライドブックで全知全能の力を手に入れ暴れまわっていたがクロスセイバーに敗北、ストリウスにとどめを刺された。


仮面ライダーリバイス

変身者はバイス。一応最終話で主人公と戦ったため『リバイス』のボスライダーと目される事がある

厳密には(というか完全に)敵ではないこと、何よりラスボス後に戦った存在にして最終回限定フォームも兼ねているという、長きに渡るライダー史でも極めて特異な立ち位置にある。

宿主の一輝が抱えていたある問題を解決するために、周囲に頭を下げ協力まで依頼して敢えて彼の前に対峙。結局目論見自体はバレてしまうものの、一輝はバイスの思いを汲んでじゃれ合うように戦った。最後は変身のリソースが尽きたことで変身解除、一輝と一体化する形で消滅していった。


仮面ライダーギーツ

変身者はジット。『ギーツ』のボスライダー。

自力で創世の呪縛を破った英寿を抹殺する為にジリオンドライバーでリガドに変身しギーツⅨとなった英寿と交戦するも敗北。スエルに吸収され消滅した。


コメント

コメントはまだありません

pixivに投稿されたイラスト

すべて見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ

おすすめ記事

pixivコミック 週間ランキング

  1. 1

    餅田むぅ

    読む
  2. 2

    漫画:白梅ナズナ/原作:まきぶろ/キャラクターデザイン:紫 真依

    読む
  3. 3

    雨乃家路(漫画) / 夢見るライオン(原作) / セカイメグル(キャラクター原案)

    読む

pixivision

カテゴリー