2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

ジャックライズ!

概要

仮面ライダーサウザーが使用する型の武器
刺突に特化した槍に、の刃先を組み合わせたような見た目で、サウザーと同じく金色がベースカラー。

Kamen Rider Thouser



最大の特徴として柄のレバー「ジャックリング」を引くことで、先端で触れた相手からライダモデル・ロストモデルのデータを抽出する「ジャックライズ」が可能。
抽出した能力は内部に保管する事ができ、以後自由に引き出して自身の戦力として行使することができる。
同時に一時的に対象を弱体化させる性質もあるようで、第35話ではコピー済みのスティングスコーピオンのデータをあえて抽出することで仮面ライダー滅を弱らせた。

また装填スロット「ユニバーサルスロット」にプログライズキーを装填しての必殺技も繰り出すことが可能。装填したプログライズキーのライダモデルも内部に保存している事が確認できる。
さらに、この状態からレバーを操作することで「サウザンドライズ」が行われ、最高火力の「サウザンドブレイク」を発動する事もできる。
総集編である『仮面ライダーゼロワンプレジデント・スペシャルpart2』にて、コピーしたライダモデルはメタルクラスタホッパープログライズキーの製作に使用されていることが明かされており、内蔵するライダモデルが共通するランペイジガトリングプログライズキーの作成にも利用されたと思われる。

スペックこそ高いが拡張性や特殊能力が無いサウザーにとって、技の引き出しを増やしつつ拡張性・特殊能力を補える優秀な武器ではあるが、一方でそれらをこの武器に依存するために封じられると徒手格闘しか戦闘手段がなくなってしまう弱点にもなっている。
実際に第35話における滅との戦闘では、初戦ではジャックライズしたプログライズキーの力を利用した怒涛の連続攻撃で圧倒し、変身解除にまで追い込んでいるが、再戦時には蹴りでサウザンドジャッカーを落とされてからは、ほぼ防戦一方に追い込まれて惨敗を喫している。

また、第39話では仮面ライダーアークゼロへのジャックライズを試みたものの、逆にコピーしたライダモデルごとサウザンドジャッカーのデータを奪われてしまい、元々即座に様々な装備を作れるアークゼロに手数を増やすことになってしまった。この時にオリジナルのジャッカーからはデータが消えたと思われるが、後の劇場版では何故か普通に奪われたはずのライダモデルを使用している(別所にデータのバックアップを取っていたか、ファイナルステージにてゼロツープログライズキーを借りた際についでにデータを戻したのかもしれない)。

刀身である「ジャックエッジ」には物理破壊を目的とする超硬鋼「ZIA-1000」製の刃が、全周を囲むように配置されている為、極めて堅牢で、作中最強クラスリアライジングホッパー仮面ライダーゼロツーの渾身のダブルライダーキックでようやく一部が破損するほど。
その防御力の高さ故に盾としても使用可能で、作中では至近距離で放たれた滅のカバンシュートを防いだり、Vシネマではザイアが滅と迅のダブルライダーキックを防ぐのにも利用している。

その後もアーク・ZAIA双方の由来から敵役のライダーが用いることが多く、第44話では アークスコーピオン、ファイナルステージでは仮面ライダーアークゼロワン、劇場版「REAL×TIME」では仮面ライダーエデンらが、Vシネマ「ゼロワン Others 仮面ライダー滅亡迅雷」では仮面ライダーザイアが使用している。

仮面ライダーエデンver.

「Eden the Kamen Rider」


劇場版「REAL×TIME」で仮面ライダーエデンが使用。
タイマー機能が搭載されており、今作におけるタイムリミットまでのカウントダウンはこのタイマーが基準となっている。

冒頭でゼロツープログライズキーをセットして衛星ゼアの「プログライズキーを新たに生成する」能力及び「全てを滅ぼせる程の強大な出力そのもの」をジャック。
そしてブランクのプログライズキーをセットする事で、世界を滅ぼすキーを生成した。

詳しい入手経路は不明だが、アバドライザー共々ザイアの社員が横流ししたザイアのデータ由来だと思われる。

必殺技

発動時には英語の必殺技名表示と共に小さく「©ZAIAエンタープライズ」の著作権表示がなされ、技の終了後には「ZAIA ENTERPRISE」とコールされる。
著作権表示は他社のプログライズキーを勝手に使用した際にも遠慮なく主張されており、かなりタチが悪い

  • ジャッキングブレイク
ジャックライズ!
ジャックリングを引いた後、アタックトリガーを引くことで発動。
ジャックライズでコピーしたライダモデルなどのデータを利用して攻撃する。
技名表示は"JACKING BREAK"。

ライダモデル能力
フライングファルコンライダモデルそのものを射出する。掴まって移動する事も可能。
シューティングウルフ狼の顎状のエネルギーを射出し敵を拘束する。第22話では拘束した後刀身に蒼炎を纏わせて斬る攻撃も見せている。
バイティングシャーク無数の牙をムチのように振るう。
パンチングコング無数のコングデモリッションを射出する。
フレイミングタイガー炎を纏った斬撃を繰り出す。地面に突き刺し火柱を立てる(28話)。火炎弾を放つ(45話)。劇場版では火炎の斬撃に加え、煙を発生させアバドン達の目潰しを行なった。
シャイニングアサルトホッパー紫色のシャインクリスタを操る。第22話では紫色のバッタ型のエネルギー弾も使用。
ブレイキングマンモスマンモスの牙状のエネルギーを繰り出す。また、35話では金色のブレイキングマンモスの脚部のようなものを生成して攻撃した。
フリージングベアーライダモデルが変化した氷塊を飛ばす。
ライトニングホーネット刀身に纏わせた電撃を放出する。
スティングスコーピオンアシッドアナライズを槍先から伸ばし刺突する。
ジャパニーズウルフ地面に突き刺したサウザンドジャッカーを軸に、吹雪をまといながら回転蹴りを放つ。
不明第39話にてアークゼロに全てのライダモデルを奪われた後に使用。黄金色の斬撃波を放つ(恐らく、サウザンドジャッカーに最初から搭載されている機能だと思われる)。

防御時にはかなりの頻度でシャインクリスタを使用しているのだが、完全に防御しきれたのは数回だけしかなく、殆どの場合ごり押しで破られるか、多角的な攻撃でサウザー本人に直接攻撃させるという手段が取られている(サウザーが一方向だけという局所的な使用に留めているのが原因ではある)。

第39話ではアークゼロが複製した際、黒いバイティングシャークのライダモデルを召喚している。

プログライズキーを使用した必殺技

"Progrise key confirmed. Ready to break."

  • ハッキングブレイク
プログライズキーを装填してアタックトリガーを引いて発動。
キーに内蔵されたデータイメージの能力の一部を加えた攻撃を繰り出す。
技名は"HACKING BREAK"。
プログライズキー能力
ラッシングチーター相手を包囲するように高速移動しながら無数の斬撃を繰り出し空中で待機させ、一斉に炸裂させる。
不明「REAL×TIME」にて使用。刀身に黄金色のエネルギーを纏わせて、斬撃を放つ(恐らく、アメイジングコーカサスだと思われる)。

  • サウザンドブレイク
サウザンドライズ!
プログライズキーを装填後ジャックリングを引いてアタックトリガーを引くことで、「サウザンドライズ」を行い発動。
サウザーの技の中でも最大の攻撃力とされる大技。
技名は"THOUSAND BREAK"。エデンの場合は演出がなかった。


<
プログライズキー能力
ライトニングホーネット赤紫色の電撃を放つ。
ダイナマイティングライオンエネルギーで作り出したガトリングガンで攻撃する。
アメイジングコーカサス今まで吸収したライダモデルによる総攻撃を仕掛ける。まともに全弾直撃すれば暴走状態のメタルクラスタホッパーをも撃破する威力を持つ
スティングスコーピオンサウザンドジャッカーを地面に突き刺し、アシッドアナライズを出現させ対象を刺突する。
ヘルライズプログライズキー天を貫く巨大な赤いエネルギー刃を出力し、円を描いた後地面に突き立てることで周辺一帯を跡形もなく吹き飛ばす(エデン)。または青白い稲妻状のエネルギーを纏った状態で突き立てる(ルシファー)。

また、この他にもアークゼロが召喚した際にはガジェット操作をすること無くバイティングシャークのライダモデルを呼び出して攻撃を仕掛けている。

余談

  • 他のプログライズキーのデータを奪っている事から、一部の視聴者からこれを持つサウザーは、新世代の泥棒ライダーと言われている。
    • ちなみにスーツアクターもサウザーと同じ永徳氏である。




関連タグ

仮面ライダーゼロワン  仮面ライダーサウザー
ライダーウェポン

関連・類似記事

関連記事

親記事

ザイアサウザンドライバー ざいあさうざんどらいばー

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 182177

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました