2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

古怒田健志による『仮面ライダーキバ』のノベライズ。TV版『キバ』のメインライターを担当した井上敏樹が監修を行っている。2013年3月8日発売。
原作を再構成してよりコンパクトにまとめたリメイク作品で、紅渡野村静香の出会いや「素晴らしき青空の会」の設立経緯など、本編では語られなかった補完要素を多く取り入れており、小説仮面ライダーシリーズでも中々評価は高い。ちなみにシリーズの中では二番目にページ数が多い。

本編との差異

TV本編でのギャグ要素や昼ドラ要素は一切なく、登場人物の成長、人間とファンガイアの関わりに紙面を割いている。小説版の龍騎ファイズに比べればハードな描写は控えめで、バランスが良い。

人間のライフエナジーを餌にしているという点は原作と同じ。
スーツの都合などを考慮する必要が無いため、過去編で取り逃がしたファンガイアが現代編でも暴れるという事例はなく、現代編と過去編で登場する個体がきちんと分かれている。
チェックメイトフォーの設定はない。

本作の仮面ライダー

本作には、なんとキバットバットⅢ世が登場しない(なのでフエッスルもフォームチェンジもない)。
変身の時は渡が心の中で変身の意思を念じる事でキバの鎧が召喚・装着されるというZOのようなプロセスを取る。
登場するツールもマシンキバーのみ。フォームチェンジがない代わりに戦闘力はかなり高く、小説では苦戦するシーンはほとんどない。作中のファンガイア側の言動を見る限り、原作と違って王の鎧はこの一着しか存在しないらしく、同時に王の証として見られている。なので、真の姿であるエンペラーフォームがあるかは不明。

素晴らしき青空の会が開発した対ファンガイア用のパワードスーツ。装着者は本編同様名護啓介
だが、こちらもフエッスルがない。さらには『異形の花々』における仮面ライダーカイザのように量産されている
人間に擬態しているファンガイアを見抜けるサーチ機能が搭載されており(量産型にはない)、最初からバーストモード。ちなみに過去編には登場しない。
終盤では名護さんの暴走により……。

登場人物

基本的なキャラ設定は本編とあまり変化はないが、本小説に登場しないキャラもチラホラいる。
人物の容貌に関する描写は本編の演者を意識している節がある。

2008 Side

本作の主人公。性格は原作より逞しくなっている。ちなみにキバの鎧を初めて使ったのは16歳の時。
原作第1話で触れられた「この世アレルギー」の詳細についても明確に書かれている。

イクサを携えてアメリカから帰国したファンガイアハンター。原作の前半を踏襲した歪んだ正義感の持ち主になっており、本編以上にその暴走っぷりが披露されている。その結果、恐らくTV本編と最も結末が変わった人物になっている。(ネタバレ防止の為、真相は名護啓介にて)

素晴らしき青空の会のファンガイアハンター。本編よりも身体能力が高くなっており、一対一ならファンガイアを倒す事も可能。
イクサシステムの登場により、ファンガイア殲滅にこだわる名護と青空の会の方針に疑問を抱き始める。

原作では活躍する機会が少なかったが、小説では前半の実質的な主人公。彼女の家系や渡との出会いなどが明確に書かれている。性格は原作と特に変化はないが、学年は本編と違い高校2年生。

渡に寄り添い、安らぎを感じさせる少女。

恵を追い詰めるが、突如現れたキバに撃破される。

キバに対するある発言が渡を悩ませる。

  • ゴートファンガイア
本作オリジナルのファンガイア。ヤギがモチーフであるため、ビーストクラスに属するものと思われる。鳥モチーフと真名は明かされていない。
人間体は大企業に勤務するエリートサラリーマンの男で、「金さえあれば一通りの欲求は満たせる以上、むやみに人間を襲ってハンターに目を付けられたくない」という合理的な考えから人間を襲わなくなった。
ヤギよろしく、優れた跳躍力を活かして10メートルもの高さまでジャンプできる他、角で刺突する能力を備えている。
イクサに一方的に襲われ逃げ出したものの、待ち伏せていたハンターたちの一斉掃射を受け、何もしていないのにファンガイアであるというだけで殺される絶望に凍り付いたまま粉々に砕け散った。

1986 Side

性格は原作と同様だが、音也の天才性、ゆりを巡った次狼との対立と友情、そして真夜との出会いなどが原作以上にきっちり描写されている。ただしイクサには変身しない。

過去編のヒロイン。原作序盤同様音也に付きまとわれるが、音也の天才っぷりのせいか原作ほど邪魔者扱いはしていない。後に音也との間に愛情が芽生える。
極端に不器用であり、テレビドラマに登場する不器用な刑事のことを音也に思い出させる。

王の血を引くファンガイアの処刑人だったが、バイオリンを通じて音也に愛を教えられ変化する。

ゆりの母の仇である強力なファンガイア。原作と異なり狡猾な面を持つ。

ファンガイアの儀式やしきたりを司る、眼鏡をかけた長身痩躯の男。
ファンガイアとしての姿は登場しない。

2度にわたって音也らと交戦する。

  • ベアファンガイア
本作オリジナルのファンガイア。人間の女性を愛してしまったために真夜の処刑対象となる。
立ち位置は本編のグリズリーファンガイアに近いが、微妙に異なるモチーフとなっている。

No Side

魔族・ウルフェン族最後の生き残り。原作同様ゆりを巡って最初は音也と対立するが、後に友情が芽生える。

本編と異なり女性的な口調で話す他(性別は不明)、青空の会のことも知らない。

余談

「ゆり」と書くべきところが「恵」になっている誤植が1箇所ある(第五楽章、P161の11行目)。

関連タグ

仮面ライダーキバ 講談社キャラクター文庫 小説

井上敏樹 古怒田健志

名護さんは最高です! シリアス 俺の知ってるのと違う

関連記事

親記事

仮面ライダーキバ かめんらいだーきば

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3089

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました