ピクシブ百科事典

復元荒らし

ふくげんあらし

復元荒らしは、問題のある記述として削除された内容を復元しようとする荒らしの一種を指す。
目次[非表示]

初めに

この言葉には複数の意味が存在し、この種のユーザーはたいてい他者とのコミュニケーション不可能、あるいは自己の編集に執着するため、他の編集者管理人にとっては扱いの難しいユーザーであるが、まれにレッテル貼りとして用いられる事例が存在する。

  1. 規約違反および目的外利用など、コミュニティ、特にwikiにふさわしくない内容を復元する行為を行うユーザー、復活厨
  2. 自らが作成した、あるいは編集した記事に張り付き、他のユーザーのの編集を認めないユーザー、いわゆる編集固執ユーザー

復活厨

この行為はピクシブ百科事典など、wikiシステムを用いたサイトなどで不要記事荒らし記事として白紙化された記事や内容の一部、例えば誹謗中傷を含む内容、明確に誤った情報など、一般的に不要とされた記述の復元を行うユーザーのことであり、これらの行為は一般的に荒らし行為とみなされ編集合戦の原因の一つとなるため、基本的に嫌わる行為である

例示1

このは単純化したものであり本来はもっと複雑問題を含む。

  • Aによる編集 「( キャラ名 )は( 作品名 )の登場キャラクターである」
  ↓
  • Bによる編集 「( キャラ名 )は( 作品名 )においてのいらないキャラである」
  ↓
  • Cによる修正 「( キャラ名 )は( 作品名 )の登場キャラクターである」
  ↓
  • Dによる修正 「( キャラ名 )は( 作品名 )においてのいらないキャラである」

説明

この場合、基本的にはBがアンチ行為による通常の荒らしとみなされるが、Dが行った行為は復元荒らしとみなされ、Cは基本的にはそれとみなされず、B=Dである場合はこのようには呼ばれないが、DがBの複数アカウントとみなされる場合でもそう呼ばれることがある。

例外

まれに無自覚でこの行為を行うユーザーが存在することに注意が必要であり、例でいえば「いらないキャラ」というのが実はそのキャラクター物語におけるネタであった場合のCの編集がそれであり、A=Cの場合、もしかするとAが「編集固執ユーザー」の可能性が出てくる。

複雑化

例の事例であるならば誰が荒らし扱いされるべきかはわかりやすいが、例えばピクシブ百科事典において厳密なルールが存在しない自作自演立て逃げ扱いで白紙化された記事に対しこれを行った場合や、編集合戦を発生させている双方がどっちもどっちな場合、判断が難しくなる。

編集固執ユーザー

このユーザーは、自らが新規作成、あるいは編集した記事に対し異常執着を持ち、自分が管轄する記事に対して自分以外の編集を認めないユーザーであるが、この種のユーザーに関しては執筆や変種の能力およびコミュニケーション能力が高い場合は問題となることは低い。

例示2

この例は例示1と同様に単純化したものであり、さらに複雑な場合も存在する。

  • A( 編集固執ユーザー )による新規執筆 「( キャラ名 )は( 作品名 )の登場キャラクターである」
  ↓
  • Bによる修正 「( キャラ名 )は( 作品名 )に登場するキャラクターの名称である」
  ↓
  • Aによる差戻 「( キャラ名 )は( 作品名 )の登場キャラクターである」
  ↓
  • Cによる修正 「( キャラ名 )は人名pixiv上では( 作品名 )に登場するキャラクターの名称として使用される」
  ↓
  • Aによる差戻 「( キャラ名 )は( 作品名 )の登場キャラクターである」

説明

このように、有益ともいえる情報が書き込まれた、あるいは状況の変化等により追記された、また別の意味が発生したにもかかわらず、それらの編集すら認めず自分の記述した情報に固執する状態にあり、最悪の場合記事を私物化しているとしか言いようのない状況になる場合が存在する。

厄介な面

この種の厄介な点は複数存在する、例えばピクシブ百科事典では「過去の親記事」は参照できない仕様であるため、そのあたりで発生した場合は第三者は理解できない場合が存在する。

発生しやすい記事

このユーザーが執着するのが一般的に不要記事扱いされやすい自演記事であったり、一覧であったり表記ゆれなどであったりする場合、さらに厄介なことに編集合戦が発生しやすくなる。

誹謗中傷

この種のユーザーの場合「編集内容」項目などに編集したユーザーに対しレッテル貼り誹謗中傷を行うことがある。

レッテル貼り

なお、ただし編集を行っているユーザー、例えば例1のCや例2のB及びCに対し「復元荒らし」、「復活厨」、「削除厨」等と決めつけを行い、自身の編集および差し戻し、あるいは白紙化正当化しようとする悪質なユーザーも存在する場合もあり、その点は把握しておいてほしい。

問題点

これらのユーザーが存在することにより削除復活、あるいは編集と差し戻しなど、記事の編集行為を交互に行うことは編集合戦と呼ばれ、他のユーザーおよびサーバーにとって迷惑になる行為となるため、このような状況が発生した場合、運営に報告し対処を待つか、可能であるならば編集者同士の話し合いで解決、あるいは定められたルールがあるい場合それに従い対処する。

pixivの場合

ピクシブ百科事典の場合、この種の出来事には特にルールは存在しないため、各記事の掲示板やpixivのメッセージスタックフィードなどでしっかりと話し合うことや運営への報告や通報が大切であると思われる。

解決を妨げる要因

ところが、ピクシブ百科事典に関しては、この種の問題が絶えず、考えられる理由は以下のとおりであり、一言でいえば「運営仕事しろ」である。

運営の仕事

pixivおよびピクシブ百科事典の運営基本的に熱心な仕事をしない場合が稀によくあることとされ、例えば「荒らしとみなし通報してもアカウント停止しない」「一回通報したユーザーは二回目の通報ができない」「複数アカウントを用いるユーザーの制限を行わない」「明らかに一方が悪い場合でも記事を白紙化して保護し、アカウントの制限を行わない」などの事例が報告されている。

掲示板の問題

ピクシブ百科事典に存在する掲示板は、「目立たないところにリンクがある」、「通知やウォッチの機能がなく、反応の有無がわかりづらい」、「対話を前提としたシステムではない」、「荒らし行為に対し無力( 参照 )」という問題が存在し、さらに「総合的に話し合うシステム」も存在しない。

対話不能

問題を起こすユーザーは得てして対話が成立しないことが稀によくあることであり、話し合おうにもブロックされている情況も存在する。

ピクシブ百科事典上の喧嘩

理由不明であるがこの種のユーザーおよび編集合戦を起こすユーザーはピクシブ百科事典上、軽い場合は編集内容欄や掲示板、甚だしい場合には記事にてユーザー批判を行うことがあるため、そのようなユーザーは規約違反、例えば複数アカウントの利用や記事の主体および他ユーザーへの誹謗中傷などを行うことがあり、それを理由に運営通報アカウント停止に持ち込むしかないことも存在するが、また別のアカウントを取得し同様の行為を繰り返す事例も存在する。

リスト等

この記事への実例の提示( ピクシブ百科事典の場合基本的に編集履歴差分の組み合わせで提示する )やpixiv等のユーザー名の付与は、該当する記事の復元および削除行為が賛否両論の可能性があり、また編集者に対するレッテル貼り、具体的には誹謗中傷印象操作になりやすいため、それらの追加は差し控えたほうが良いかと思います

規約違反

また、誹謗中傷個人情報などの記述は規約違反( ピクシブ百科事典規約 )とみなされる。

他サイトでの言動

pixivと無関係なサイトサービスなどで発生したこの種の行為に関してはピクシブ百科事典で扱うのが適切な内容でない限りは記述を行わない

ちなみに

なお、ピクシブ百科事典のこの項目に限らず、荒らし関連の記事、例えば削除厨などにおいてユーザーの項目やリスト等を作成するのはピクシブ百科事典の目的外利用であり避けるべきである。

過去の状況

過去においては独自に作成されたルールに基づきそれらの悪質ユーザーまとめる記事が存在しましたが、この種の荒らしにより破壊され、復元不能状態となり、ユーザーに対する批判のみを目的とした内容を含む記事の作成禁止というローカルルール消滅したとみなされる。

関連タグ

荒らし 復活厨 編集合戦 荒らし記事 不要記事
粘着

件の記事関連

記事0:最終版
記事1:定義文旧版新版
記事2:2017-01-182017-01-232017-01-222017-02-052017-04-04
記事ルール:123
問題まとめ:旧版新版

類似語句

復活厨 復活 復元 固執

反対・対立語句

削除厨 白紙化

コメント