ピクシブ百科事典

偽計業務妨害

ぎけいぎょうむぼうがい

刑法第二編第三十五章「信用及び業務に対する罪」に規定される犯罪

早い話「根拠の無いや話で業務の邪魔をする」とこの罪に問われる場合がある。金融や株の世界では風説の流布で取り締まられる。
なお「どこどこに爆弾を仕掛けた」などの場合は威力業務妨害にあたる。

主な偽計業務妨害事件

コメント