ピクシブ百科事典

荒らし被害に遭っている記事一覧

あらしひがいにあっているきじいちらん

この記事は執筆依頼の子記事です。
目次[非表示]

概要

 この記事は以下の目的で利用されます。

  • 恣意的な編集を行うユーザーの早期発見
  • 荒らし行為の残骸を処理する
  • 執筆依頼の荒らし予防

荒らしの作成した記事に関して

 ピクシブ百科事典pixivのタグについて説明するサイトですので、特定のサイトでのみ使用されるなどpixivおよびピクシブ百科事典に全く無関係な内容や、ユーザーや第三者の誹謗中傷を含む、あるいは宣伝のため使用されているなど、使用不可能な記事である場合、不要記事または荒らし記事、あるいは規約違反などの理由をある程度詳細に記述し白紙化してください。
 逆に、以下の記事は白紙化をしないでください

  • pixivにて複数ユーザーが使用している項目
  • 曖昧さ回避によりpixpediaで分割された項目表記ゆれおよび誤記などで簡単な説明誘導が必要な記事
  • ピクシブ百科事典で複数個所でリンクとして使用されている記事
  • 一般的な内容に関し説明され、記事として成立している記事
  • 特にユーザーへの注意喚起などのために作成されている記事
  • pixivにて自作自演で作成された記事
    • これはなるべく作成者に削除させるように。

どのような荒らしの被害にあいやすいか

 具体的には以下の記事がこのような「恣意的な白紙化」されやすいといわれる。

  • 問題のあるユーザーが作成した、あるいは作成にかかわった
  • アンチが付きやすい著名な作品
  • 恣意的な編集を行うユーザーが張り付いている記事
    • 基本的にそういう記事はたいていのユーザーが編集しても差し戻される運命である
  • 自演記事など、特定の人物しか使用しない項目
 ピクシブ百科事典においてこの事象が発生しやすい問題点は、「編集者が審査を受けないこと」「ユーザー同士が対話や他のユーザーの助言を受けることにより課題を解決する場所が存在しない」「荒らし行為が起こっても運営が速やかに対処をしない」などのせいではないかと思う。

観察

 新着記事更新された記事を観察することにより、編集合戦が発生していることがわかりやすくなる。また、白紙化された記事も発見しやすい。
 そのような記事を見つけた場合、編集履歴を確認する。
 特定のユーザーが同じ編集を行っている、あるいはアカウント停止されたユーザーが編集している場合、その場合は荒らしである可能性が高い。片方、場合によっては双方ともに荒らしとなっていることもあるため、見極めてから行動する。

リスト

 リストは不要、というのも荒らしに利用されやすいからである。
 また、以前存在した批判を受けたユーザーの一覧などはこのページが果たそうとする役割の一部を担っていたのではないかと思われる。
 また、以下の記事も役に立つかもしれない。
「記事リク」の履歴
執筆依頼履歴
投稿作品の無い記事一覧の特に「記事の検索」等

レッテル貼り

 上記記事の中には、本当に利用不可能なため白紙化されたり削除された記事も存在するが、一部は一方的に荒らし記事・不要記事であるとして白紙化されたものもあるので注意が必要である。
 また、自らが悪質ユーザーであるにもかかわらず、荒らしの被害を受けている、と主張し、印象操作を行ったり、相手に荒らしのレッテルを貼ろうとする場合も存在する。

行動

 基本的に荒らしとみなされるユーザーに関してはアカウント停止後に修正するべきであると思われるが、ただし通報を行っても運営の反応が鈍かったり、動かない、さらに複数アカウントを用いて荒らしが編集を行う場合などが存在する。

関連項目

執筆依頼
荒らし 悪質ユーザー

コメント