ピクシブ百科事典

アニメ不遇ポケモン

あにめふぐうぽけもん

アニメ版ポケットモンスター(通称:アニポケ)で不遇な扱いを受けているポケモンのこと。
目次[非表示]

アニポケではピカチュウを筆頭に、アニメレギュラーとなって日の目を見るポケモンがいる一方で、不遇な扱いを受けているポケモンがいる。その中には、本家のゲームで厨ポケと呼ばれているポケモンもいるほどである。
アニメにおける不遇ポケモンにはいくつかのパターンがある。

主なアニメ不遇ポケモン

悪役兼やられ役、害獣

サトシたちを襲う悪役、害獣ポジション。住処に侵入などで刺激して複数体が束で彼らを襲う野生もいれば、野生の大型ポケモンが単独で襲い掛かったり、ロケット団やハンターJ等の悪人の手持ちだったりする。いずれにしてもこのポジション故にサトシ達の反撃で撃退されるやられ役が多い。これらのポケモンは元々デザインが毒々しかったり、刺刺しかったりする為、ゲームや他のメディアミックスでも悪役の手持ちとして現れることが多い。ただしその場合、一部のポケモンは純粋に悪役として活躍するなど、優遇されていることがある(本項では付記のみとする)。

下手なあくタイプよりも遥かに出番が多い悪役ポケモンの筆頭。サトシたちが森の中で石を投げたり木を蹴ったら怒って大量に出てきた、というパターンでの登場がほとんどである。追いかけるだけでなく、ピカチュウの電撃などを食らうこともあり、トレーナーの手持ちとして現れた際も大概悪役。もっともスピアーからとしたら住処や縄張りを攻撃されたことで怒ることが多い。
一度だけサトシがゲットしたことがあるが、同じ大会に参加していたナナコに譲ってしまった。その為、サトシがゲットしたポケモンとして扱われていない。
進化前のビードルもアリアドスの蜘蛛の巣に捕えられるなど悪役でないにしても酷い目にあう事が多い。
XY編でも、ようやくサトシ達の味方になる活躍をするも虫4倍のマーイーカに「サイケこうせん」1発で3匹まとめて倒される大失態を犯してしまった。
メガシンカ形態を得てゲームでは埋葬ポケ脱却しても悪役扱いは収まらず、ボルケニオンと機巧のマギアナではメガスピアーが悪役として登場する事になってしまう。
アニメでの悪役が完全に定着してしまった為か、一部のゲーム(例:ポケモン超不思議のダンジョン)でもアニメのようなポジションで登場する羽目に。
ただし、番外編の『ライコウ雷の伝説』では主人公ケンタの手持ちとして活躍したり、前述のナナコが主役を務めたサイドストーリーではナナコや仲間のポケモンたちと歌ったりと、味方に回れば結構愛らしい一面が描かれていたりもする。
なお、アニメ以外で活躍するスピアーはポケスペサカキの手持ちが有名。

アニメ第1話でピカチュウとサトシに集団で襲いかかるという悪役として登場して以降、専ら悪役に徹してきたポケモンでトレーナーの手持ちとしても悪役としての出番が多い。ある意味スピアーの先輩とも言えるポケモンである。進化後のオニドリルも専ら悪役として使われている他、悪役以外にもボーマンダが起こした山火事から逃げ回ると言う扱いも。
ちなみに第1話で襲ってきたのは元々はサトシが原因。しかし本人は事故と考えているのかは不明だが後の回想シーン等でも自分の責任だったとは言っていない。
旅を始めたばかりの主人公の手によって「石を投げつけられた」うえ、「悪役にされた」可哀想なポケモンかもしれない。しかも劇場版では当時の倍以上の数で再現されている。
XY編でもハリマロンから財布を盗み取るというカラスの真似事までやらされることに。

ゲームと同様、アニメでも悪の組織が使うことが多く、マグマ、アクア団、ギンガ団、Jの一派、プラズマ団の下っ端や幹部によく使用される。大量に繰り出してくることが多いが、ピカチュウらの攻撃により一斉にあっさり倒されることが多い。それ以外でもジムリーダーのキョウやセキエイリーグで戦ったコームも繰り出してきたが、両者ともあっさりやられた。なおタケシも持っていった(下記参照)が、一時離脱していたこともあり、ズバット時の期間の方が長かった。166話でようやく進化したが、充分になついていたこともあり197話でクロバットに進化。そのためゴルバットでいる期間が短かった。

この欄に書かれている他のポケモンと違い、別に悪役が使うというわけではないがライバル個体として出てくるパターンはだいたい悪人面(もちろんティエルノの個体などの例外はある)。一度目のバトルで圧勝した後の再戦でやられるというパターンがお決まり。
だいたい進化前のせい。

ネズミポケモンの立ちだはかる壁ならこちらはネコ科ポケモンとして立ちだはかる因縁、そして悪役である。ご存知ニャースの進化系で、悪の組織ロケット団のボスサカキの愛ポケとしてニャースから憎悪されたり、野生でも凶悪な面が多く、群れポケモンの掟か群れのリーダーを倒して新たなボスとして君臨することが多く、実際AG編で登場したテツヤの長靴をはいたニャースが群れを追われた類である。さらにこれを上付けるかのようにSM編ではリージョンフォームとしてあくタイプが追加、初登場回ではニャビーの餌を横取るなどますます悪役のポジションとしての立場に確立されつある。

「きょうあくポケモン」ということもあり、気性が荒く、ふとした刺激でロケット団を吹っ飛ばしたりと皆から恐れられることが多い。初登場は無印編16話。前話にコジロウがコイキング売りの親父に騙されて「はねる」しかできないコイキングにキレたコジロウが蹴り飛ばした(逃がした)ところで進化。言うことを聞かせようとするも、蹴り飛ばされた怒りで言うことも聞く筈もなく、仲間を呼んで「りゅうのいかり」(たつまきに近い)でサトシ達を巨大ポケモンの島(カラクリ仕掛け)に吹っ飛ばした。また何かと狙われることが多く、赤いギャラドスが実験としてロケット団に捕獲されたり、BW特別編で「かえんほうしゃ」が使えるためポケモンハンターにも狙われた。他にも怪我を負っていたりと可哀想な立場でもある。当初カスミも幼い頃のトラウマで水タイプで唯一苦手としていた(後にサイドストーリーで克服、カスミの主力になる)。ゲームではアカギ(ポケモン)の主力だが、アニメのアカギはポケモンを使っていない。
しかし原作通り、いわば「恐怖の象徴」として君臨している分その強さは確かで、フラダリ色違いの赤いギャラドスを所有しており、メガギャラドスメガシンカさせる。サトシ達の猛攻であっさりと倒されてしまったカエンジシとは反対に、単体でサトシのオンバーンルチャブルヌメルゴンファイアローを瞬殺する実力を持つ。
また、カスミの個体もメガシンカを会得し、サトシのピカチュウと激戦を繰り広げた。

スピアーと並ぶアニメの害虫の代表格。特にDPではコラッタポッポテッカニンビードルジクザグマノコッチのみならず人間にまでも危害を加える凶暴な群れがヒカリポッチャマのトラウマとなっている。
映画版の悪役ポケモンハンターJの手持ちなど悪役が使用するポケモンとしても登場しており、スピアーやオニドリルと比べても悪役トレーナーが使うポケモンとしての印象が強いかもしれない。XY編でも相変わらずで、ヌメルゴン対フラージェス回ではスピアーとは違い悪役の汚名返上の機会を逃してしまった。

外見が厳ついため、野生でもトレーナーの手持ち(シンジなど)でも悪役になることが多い(割と絵になっているので印象に残りやすいが)。進化前のヒメグマもトレーナーをだまして食べ物をかっさらう害悪ポケモンとして扱われた回もある。
記憶に新しいところではXYのルチャブル回でミネズミパチリスオタチの集めた木の実を横取りしようとし、ローブシンと組んでカイリキーに嘘を吹き込んだり、ルチャブルを2対1で殴り続けるなどした(もちろんその後、嘘と気づいたカイリキーの制裁を受けたが。)
但し、トレーナーの手持ちではシンジの手持ちとして恐るべき強さを見せつけている

エアムードではない。正しくはエアームドである。第2世代のオニドリル的なポケモン。小ポケモンをなどを襲うのはもちろんのこと。AG編ではハルカを連れ去ったりした。悪役も所有することが多く、ライコウ雷の伝説ではロケット団のブソンの手持ちとして登場したり、XY&Zでもカゲトモの手下が使用していた。その影響かゲームでもポケモン不思議のダンジョンでも間接的ではあるが、シリーズ初中ボスポジションで登場する羽目になった。

過去作のポケモンが出てこないベストウイッシュにおけるスピアーやアリアドス的な立場のポケモン。他のトレーナーの手持ちポケモンとして登場することもあったが、ほとんど負けている。XY編でも相変わらずな上、ステータスやタイプ相性上有利なカラマネロにスピアー共々操られていたり、進化前のフシデが通りがかっただけで石を投げつけられていた。
デンチュラも当初は似たような使われ方をしていたが、こちらはメイン回が作られたりと次第に待遇が良くなっている。

ペンドラー同様、害獣として使われることが増えてきている。モロバレルはコジロウの手持ちになった事で恒例のコジロウの草ポケポジションの仲間入りを果たしたが、ゲットまでの経緯がない、草ポケ恒例であるコジロウへの愛情表現がない、エピソードNからの遅い参戦、BW終了時にコジロウが躊躇いもなくサカキに献上した、等があることが悔やまれる。XY編でもサマーキャンプにユリーカやセレナに踏まれたり、特性の胞子でユリーカを二度も眠らせた(40話、71話)。

アニメではライバルや悪役のポケモンとして描かれることが多く、ラングレーの手持ちとしての方ではクリムガンを倒し、ヘイダユウの手持ちとしての方ではサトシのピカチュウとゲコガシラ・サンペイのゲッコウガを3体まとめて圧倒し、アランの手持ちとしての方では実力の高いサトシのルチャブルとヌメルゴンを2体も瞬殺するほど悪役ポケモンの中では最も恐るべき強さを持っている。

アローラ地方の悪役ポケモンの代表格。スカル団の手持ちとして初回から登場した。また野生でもリーリエのタマゴ(後にアローラロコンが孵化)を奪おうとしていた。

かませ犬

レギュラー陣のポケモンを活躍させるために負ける相手。何故か噛ませにされるポケモンは同じ種類が多い。上の悪役にも通じるが、トレーナーが悪役でないまたは悪役の被害者となるポケモンが該当する。出番がそこそこ多いレギュラーでもあまり戦績がよくない(バトルの内容にもよるが…)ポケモンもこの中に含まれる。

 じめんタイプなのにも関わらず昔は戦う度にピカチュウの電気技で倒されていた。ミュウツーの逆襲冒頭に登場したゴローニャやカツラのサイドンが印象的だろう。特にサイドンに関してはツノが避雷針の役割になっていたり、「口の中なら電気が通る」という裏設定のようなものがあるらしい。彼らがやられている一方で、地面にツタや尻尾を刺してアース代わりにし、電撃を無効化するマダツボミジャローダなどが存在している(ツッコミは野暮だが、体の一部をアースにすると感電しなくなるというのも妙な話である)。
またトキワジム戦では、サカキのゴローニャがシゲルニドキングのたいあたりに競い負けして敗北、続くロケット団戦でもカイリキー・キングラーがサトシの手持ち達に先制攻撃したのに対し、サイドンだけ何もさせてもらえずにピジョン相手に敗北したりと、でんき技以外でも相性を無視した敗北をしている。ポケモンリーグでも強敵トレーナーやライバルの対戦相手のトリで繰り出されることが多く、いずれも倒される。しかし、セキエイリーグではゴローニャがシゲルのニドキングをちきゅうなげで下している。ミュウツーの前座とはいえサカキのゴローニャがモブトレーナー以下になるとは…
バトル以外でもゴローニャは進化前共々イワークの下僕になったりゲノセクトに池に落とされたりと悲惨な扱いである。

主に格闘タイプのジムリーダーシジマスモモコルニが持つことが多いポケモンだが勝率は0%で、一応パワーで押すもののスピードで攻めるサトシのひこうポケモンにやられることが多い。逆に言えばサトシは対ゴーリキー戦の勝率は10割と一度も負けたことがない。またジョウト編でゲンゾウの手持ちとして登場したが出す際に無駄に体をひねって派手に出そうとしてぎっくり腰に。パートナであるゴーリキーも主人と性格が似ているためか同じことをぎっくり腰になるなどいいところがまるでない。ヒカリのライバル、ケンゴの手持ちが一次審査のパフォーマンスステージでなかなかの演技を披露したのがせめてもの救いである。
 
ゲームでは強力なポケモンだが、アニメでは相性で有利なポケモンに倒されてばかりである。
初登場時で2匹登場し、でんこうせっかでロケット団のポケモン5体(ニャース含む)を一気に吹っ飛ばす等の活躍を見せたが、AG編ではリーグでオオスバメに、日常回でジュカインゼニガメに負け、DP編では効果なしのはずのグレッグルどくづきで倒されたりゴヨウキリンリキに敗北した。映画ではベイリーフ(時を超えた遭遇)やゾロアーク(幻影の覇者)に倒されている。
XY編ではガンピメガハッサムVSカルネメガサーナイト(破壊の繭)という好カードだったものの、「ムーンフォース」により一撃で倒されている。何気に(アニメ版の)ガンピがメガストーン持ちであることが判明した。また、サトシのゲッコウガにも出オチ感覚で瞬殺されてしまった。ちなみに、ジョウトリーグでシゲルが使用し、サトシのカビゴンベトベトンを2タテする活躍を見せた。…初登場時とここがアニメでの見せ場全盛期だったのかも。

大型で怪獣らしく、とげとげしい外見ゆえか悪役にされやすいポケモンの1つ。
それ故凶暴そうなイメージだが、本来の生態は山の守護者で植樹に励み土壌を整えるなど良いこと尽くしのエコなポケモン。その真逆ともいえるバンギラスはアニメ内ではほとんどそういったことをしておらず、むしろ味方サイドに加わることも少なくないのだがその代わりの担当がなぜよりにもよってこちらに…。
タイプ相性的にこちらが有利なはずなのにドンファンつのでつくで怯んでピカチュウのボルテッカーで沈み、マンムーこおりのつぶてで激沈という散々な戦績。AGでテツヤのジュカインのヒットアンドアウェイのデモンストレーションに使われる、DPでシンジの手持ちになったかと思ったらただの捨て駒(これはボスゴドラ自身の志願でもあったが)だった…など。
最終的にはボルケニオンと機巧のマギアナでも悪役(の手持ちポケモン)として登場した。
一応初登場時にはダイゴの手持ちとしての見せ場があったが、それ自体かなり短い。

 ホウエン地方でサトシにゲットされてレギュラーキャラになったが戦績がとても悪い。
公式戦(ジム・リーグ)で勝った試合はわずか2勝だけ。シンオウリーグで久々に登場したがダークライに瞬殺された。相手が悪すぎた
しかし、涙もろい性格などネタキャラとしては優秀…のはず。

サトシのナエトルが進化したのだが、ドダイトスに進化してからは1勝も出来ないままレギュラー降板となってしまった。その相手もドダイトスならば相性で有利な奴ばかりとよく分からない。大人の事情でじめんタイプの技を覚えていないのも一因だが。
一応ナエトル時代は活躍していたのだが、ハヤシガメに進化した辺りから活躍に陰りが見え始める。
恐らくヒコザルに焦点を当てすぎた結果そのしわ寄せを受けてしまったものかと思われる。
エイチ湖でのフルバトル、リーグでのフルバトルのいずれも唯一シンジに勝利していない。
シンジも同じくドダイトスを所持しているが、ドダイトスはエイチ湖畔でのフルバトルではグライオンを倒したり、サトシのハヤシガメに「重量級ポケモンとしての戦い方を伝授する」という優しさを見せるそれなりに見せ場はあった。最もその後の勝率とバトル中の動きを見る限りその成果が出ることがなかったが…。また、こちらもシンジに最初に選ばれたポケモンにも関わらず、エースの座をエレキブルに取られ、リーグ戦でサトシと対決する場面がない等、こちらもこちらで不遇な面もある。

その性格・容姿・行動から、本家同様に人気があり、ファンからはツタージャ姐さんと慕われている彼女。
既にトレーナーを見限ったポケモンという珍しいポジションであり、ゲット回でデントが「ツタージャは実力を持ったトレーナーで無いと、そのトレーナーの手持ちから出て行ってしまう」と発言している(全てのツタージャがそうだという事はないだろうが…)。なお、元のトレーナーは一切不明で終わっている。
決して不遇キャラとは言い切れないものの、バトルに関しては上記のドダイトスのような咬ませ犬としての不遇な点が多いと言える。
アニメBWではミジュマルポカブ(チャオブー)等パワータイプが推されている傾向にある。
サトシが普段バトルでこの2匹を頻繁に使用している一方で彼女の出番は少なめで、技もゲットされてからオーキド博士の所に預けられて離脱するまで一切変化していない。完成しているといえばそうなのかもしれないが。
戦績も振るわず、対レギュラー戦において完全勝利を得たのはラングレー戦のみ。
対ゲスト戦ではまず一方的に勝てるが、そもそも出番が少ない。
さらにジム戦においては出番が1・2回だけだったのにも関わらずシメを飾ったことがない。
(ツタージャはイッシュ地方のジムと悉く相性が悪いというのもあるが、そもそもサトシは相性が不利な時ほど勝ちやすい)
イッシュリーグ準決勝では奮戦こそしたものの、コテツリオルが進化するための踏み台となってしまった。映画BW一作目ではポスターに載っていたにも関わらず、本編では彼女だけ登場しないという散々な扱い。加えて、アニメグッズには彼女だけパッケージに載っていないことがある。

サトシのイッシュ編での重量級担当。ダンゴロとしての初登場とヤーコン戦での進化こそ目立ったが、デントとベル・アララギ博士とのダブルバトル、ホミカ戦、コテツ戦とそれぞれ一体も倒せずに敗北と本編では散々な結果。
しかし、真の見せ場は映画にある。ケルディオ編では自身の身体を生かしてサトシを存分にアシストした。

 勝率0%の男のパートナー。進化形のバオッキーも野生で悪役(実際はエモンガのいたずらに怒っただけ)として登場した挙句、ツタージャエモンガに倒されている。ドンバトルでもモブトレーナーのバオッキーがヒヤッキーにバトルシーンなしで敗れている。さらに、XY第99話にはヤナッキーとヒヤッキー(よく見ると目を見開いている)が登場したが、バオッキーだけ登場しなかった。そしてトドメを刺すかのごとく、2016年のポケモン総選挙720では720匹中最下位と、現実でも憂き目にあうこととなった。一応ネタ的な意味では一番おいしい順位…かもしれない。

一番印象があるのはシューティーの手持ちポケモンだろう。
が、コイツの勝率はなんと0%!それぞれの進化系列でも負け続けてる。しかも、角材や鉄骨、石柱を持っているときは圧倒的な強さを見せつけていたのに、それが何らかの形でなくなると非常に弱いということまでわかってしまった。
挙げ句の果てにドッコラーとローブシンはエピソードNでプラズマ団に操られてサトシ達に襲いかかるという悪役ポジションとなってしまった。
XY編でも扱いは良くならず、リングマと組んでカイリキーを騙したり、ルチャブルをいたぶったもののカイリキーに捕らえられてしまった。更には、サマーキャンプ回でティエルノゼニガメにさえ負けてしまう始末。顔が厳ついので悪役としての出番は印象的ではあるが。
ギエピーではBW編でバルキーに代わる格闘枠としてレギュラーで活躍するなど、優遇されているだけに…(最もこちらもXY編突入と同時に離脱しているが)。
シューティーの対戦歴
・ドッコラーvsサトシのミジュマル 角材を置き、「いわくだき」と「シェルブレード」の一騎打ちに負け敗北。
・ドテッコツvsデントイシズマイ 「いわなだれ」で鉄骨と動きを封じられ、その隙にシザークロスを受け敗北。
・ローブシンvsベルエンブオー 石柱を奪われ、そのままそれを顔面に投げつけられ敗北。
ゲストキャラの対戦歴
ルイのドテッコツ+α vsアランリザードン(メガリザードンX) カロスリーグ準決勝。アランのリザードン一匹に倒された6匹の中に含まれていた。
モブトレーナーの対戦歴
・ドテッコツvsサトシのピカチュウ 船上でのバトル。大型の実況モニターに、エレキボールでやられる瞬間が映っただけだった。 
・ローブシンvsティエルノゼニガメ ポケモンサマーキャンプでのバトルでティエルノとゼニガメ独特のダンスバトルに敗北。
野生の個体の対戦歴
・ローブシン、リングマvsルチャブル、カイリキー リングマと組んでカイリキーを騙すが、嘘と気づかれ制裁される。

BWにおけるふつくしいポケモンの一匹。
進化前のコジョフーがBW1で1回、ゲストとして登場したのに対し、ベストウイッシュでは一度もゲストとして登場せず、バトルでは全敗と完全に噛ませ犬(オコジョ)。
BW1ではモブポケモンとして2回の登場があったが、1回目はマサオミナゲキに、2回目はゲストキャラクターのスワマエンブオーに、ともにあっけなく瞬殺された。
BW2ではエピソードNのOPと111話で登場しているが、アクロマの実験により操られ、サトシ達に(一時的とはいえ)襲いかかるという悪役ポジションであった。
またゲームXY本編では、フレア団のボスフラダリの先鋒を務めているので、悪役として定着したのかもしれない。
その後、アニメXYを挟んだサン&ムーン第66話でイカリの手持ちとして、ようやくゲスト出演。ポケピンポン(ポケモンピンポンに非ず)でイリマ&ドーブル相手に熱い戦いを演じ、今まで登場できなかった分、活躍した。

ゲームではトップクラスの性能を誇るウルガモスだが、アニメに初登場した際の扱いはあまりよろしいものではなかった。
その扱いというのは登場していきなりブルンゲルの「あやしいひかり」をくらいポケモンハンターに捕まるという散々なもの。最後に檻から出してもらい「ほのおのまい」でポケモンハンターをふっとばすかと思われたが終始いいとこはひとつもなかった。実に残念DA!
なお、出番はこの1回のみである。
ちなみにアデクの原作のパートナーはウルガモスだが、アニメではゲームでも使うバッフロンに差し替えられている。ここでも残念DA!

BW1のOPにはシルエットで隠れたポケモンが多く登場し、本編で登場すると次の回以降OPで姿を現すと言うものになっている。
その映像にオノノクスの影が確認された為早期の活躍が期待されたが、初登場は何とアイリスキバゴ夢の中という衝撃の登場だった(勿論初登場扱いなので翌話のOPから登場している)。
アイリスの因縁の対決にシャガの手持ちとしてやっと正式に初登場したが、ドリュウズとの相討ちであっさり引き分けで終わり、何故か2戦目のカイリューを負かしたクリムガンの強さが目立っていた。と言うよりアニポケはクリムガンの優遇がやばい。

湿地帯に残って別れたヌメルゴンの後釜、及び今シリーズにおける卵枠。
卵枠としては同じシリーズで孵化と進化を得ているが、公式戦での勝利数は実質ゼロ。
ただヌメルゴン、もっと言えばファイアロールチャブルにも言えることなのだが、XY&Z編はゲッコウガに焦点を当てすぎたため他の手持ちの活躍がおろそかになってしまったともいえる。(エイセツジム再戦までピカチュウですらまともなバトルが無かったほど。)
本格的なバトルがXY&Z編で進化を遂げてからであったオンバーンが、活躍できなかったのは仕方なかったことなのかもしれない。
ただXY編に先駆けてパンジーのポケモンとして先行して登場しているのが少々の救いである。

少ない出番

レギュラーポケモンに多い事象。単純にアニメでの出演回数もそうだが、久々のバトルでもロクな戦績を挙げられないポケモンが該当する。
特にライバルとのバトル回が集中し、登場・使用ポケモンに偏りが出た上に、シナリオが他のシリーズより短かったベストウイッシュシリーズでは、その傾向が強い。
なお、サトシ達の手持ちのシリーズ変更に伴う離脱などは含まれないため注意。

サトシがトレーナーになって初めてゲットしたポケモン。
カントー地方での旅の後半を迎える前の無印第21話でサトシと早々別れたが、別れて以降サトシと再会したことが全くなく、再登場が難しくなってる模様。
デコロラ諸島での旅でサトシが自身のバタフリーのことを思い出しながらかつてバタフリーと振り返ったシチュエーションで別個体のキャタピーを最終進化までに育てており、劇場版キミにきめた!でも登場したが無印第21話と酷似したシチュエーションで別れているが、登場できただけ優遇されているだろうか?

皆さんお馴染み、サトシの鳥ポケモン第一号。
オレンジ諸島編第1話で進化し、そのままサトシと別れる。
サトシは「迎えに行く」という約束をするが、カントー地方に帰ってきたサトシがピジョットと再会する描写が描かれず、時折回想するのみの扱い。しかもアニメフィルムコミックでは完全に別れた事になってしまった
ついでに進化前も度々ミカルゲボーマンダ・アリアドス等の凶悪なポケモンの被害に遭っている。
敵としてはジムリーダー・ハヤトの切り札として登場し、弱っていたとはいえピカチュウを倒し、あのリザードン相手にも善戦した。
しかし、ボルケニオンと機巧のマギアナではジャービスが操る悪のポケモンとして登場。
とうとう悪役として定着し始めてしまい、サトシのピジョットの復讐などと色々言われてしまった。

カスミの手持ちなのだが数話繰り出された程度でハナダジムに預けられてしまい、同じ手持ちの進化前の方が目立ってしまった。
ラッタゴローンムサシゼニガメにも負けるなど戦績もよろしくなく、そして何よりも出番が少ない。

サトシのポケモンとして無印時代に登場したといったら果たしてどれほどの人が信じるか。それもそのはず、ゲットから別れる行程までの話数はたったの5話。トオルやコトネなどのゲストキャラクターや下記のメロエッタ、BW編の計画による演技でサトシの仲間入りしたニャースよりも短いのである。オレンジ諸島編のラプラスや金銀編のヨーギラスのようにOPEDで時折出て来たり、BW編のが唯一の救いである。

進化前のヒノアラシマグマラシが出番に恵まれていることを考えると、バクフーンはあまり出番がない。
金銀のポケモンだが金銀本編では1度も登場せず(外伝の「ライコウ雷の伝説」を除く)、アニメ本編初登場はAGになってからである。
サトシとヒカリは一応、ヒノアラシをマグマラシまで進化させている。
「ライコウ雷の伝説」で主人公の相棒として登場したため、動かし難くなったと考えられる。

タケシさんタケシさん、私キモクナーイ
ミズゴロウヌマクローはまだタケシの手持ちとしてレギュラーを張っていた分そこまで酷い扱いではなかった。しかしキモリアチャモが最終進化しているにも関わらずミズゴロウだけ何故かラグラージに進化させてもらえず降板する事になってしまった。
タケシがポケモンブリーダー志望(当時)だった為、進化の速度がいまいちというのもあるのかもしれないが。
ラグラージ自体も悪役や1話限りの登場になる事が多く、イマイチ活躍の場を与えられているとは言い難い。
特に悪役としての登場に偏りがちで、ポケモンコロシアムでもシャドー幹部ダキムが使用している等、RSE時代から悪役として定着しつつあった。
この扱いに反省したのかどうかは不明だが、ポッチャマ以降の水タイプ御三家はレギュラーとして比較的優遇された立場となっている。
が、ラグラージはというとXY編でさらに扱いが悪化。ジュカインバシャーモがメガシンカ版も含め主要トレーナーの手持ちとして活躍する機会が多いのに対し、ラグラージはアニメ本編で登場することは無く、ボルケニオンと機巧のマギアナにおいて悪役の手持ちの内の一匹として登場していた。悪役の手持ちで一匹だけ御三家ポケモンである事が、余計に違和感を感じさせてしまう。
BF編が最も輝いた場面で、ドームスーパースター・ヒースの手持ちとしてウインディとタッグを組んで登場。抜群のコンビネーションとハルカも影響を受けた「炎と水のフュージョン」でヘイガニ・オオスバメを苦しめた。

AG終盤でエイパムとして登場し、数話引きずった後にサトシの手持ちに入った。DPでも引き続きサトシの手持ちとして登場したが、DP55話にてヒカリのブイゼルと交換される。その後エテボースに進化してヒカリの手持ちとしてポケモンコンテストの主力として活躍するも、DP124話でポケモンピンポンの道を歩むべくカントー地方のクチバシティへ行ったため、レギュラーを離脱してしまった。
AGからまたがってDPに登場する重要なポケモンとしては、背景にいろんな大人の事情あるとはいえ、サトシのことが好きでシンオウまでついてくる→コンテストを気に入ってヒカリの手持ちになる→コンテストよりもポケモンピンポンの道を選ぶ、という気の変わり様や、あっさりと別れてしまったことには当時、ファンの間で波紋を呼んだ。
ちなみにエテボースはその後、一度も登場するどころか全く語られることなくDPが終了、ちなみに交換されたブイゼルの方はDPの最後までサトシの手持ちとして活躍し、最終的にはオーキド博士のもとに預けられている。上記のピジョットと同じようにカントー地方に帰ってきたサトシがエテボースと再会する描写が描かれなかったこともある(最もわざわざクチバシティまで行くというのも無理な話でもあるが)。

DPではノゾミの手持ちポケモンで、特に目立った活躍は無かったが出番自体はあった。リーフブレード二刀流は必見。
BWシーズン2ではバージルの手持ちポケモンとして2回登場した。問題なのは初登場の102話での扱いである。
102話
バージルのイーブイ進化系の中で唯一個別の声優がついていなかった。
またバトルの描写どころか技を出した描写すら一度も無く、そもそも登場したのが全員集合の場面のみ
最早モブ以下の扱いにまで成り下がっており、この百科事典のバージルの記事ではリーフィアをバージルの手持ちポケモンとして扱っていなかった。(※かわいそうなので追加しておきました)
ミュウツー特別編
ちゃんと全員集合のシーンで登場し、個別の声優もついた。山火事のシーンではイーブイと共にすなかけで消火活動を行っている。そのかわりブースター(とサンダース)が消火活動の都合上、欠席する羽目に…
ポケモントレーナーの手持ちが6匹までの制限の関係上、ブイズでパーティーを組むと必然的に2匹(ないし3匹)はみ出る為に起こった惨事である。

ポケモンDPの伝説のポケモンで、アニポケでの登場回数はフィオネと同じく1回のみ。本来はダークライと対極を成すポケモンと言えるが、残念ながら劇場版ではディアルガパルキアに出番を奪われてしまった。それ以来、伝説ポケモンでありながら2015年現在まで一度も劇場版に登場していない。
アニメ本編ではDP104話に登場し、サブタイトルは「クレセリアVSダークライ!」となっていた。
しかし実際はロケット団に墜落させられるわ、タイトルに反してウリムーが進化して活躍するわ、肝心のダークライとの激突も数分で終わってしまうわで散々な扱いだった。

サトシの手持ちでお馴染みの鳥系ポジションであり、第5世代で初めてメスを仲間にしたポケモン。
しかしBWにおけるサトシはポケモンを7匹以上捕獲しており、どういう訳かマメパト系統のパーティ離脱率が群を抜いている
アニメではフウロスワンナに勝利する活躍を見せたものの、進化前からムサシのコロモリやシューティーのプルリル等に瞬殺される等勝率もあまりよろしくない。進化後もホミカのドガース、コテツのリオルに惨敗と進化前に負ける始末。
そしてエピソードNでリザードンがレギュラーに復活すると同時にオーキド邸に預けられ、最終回まで保たずに、BWポケモンの中でいち早くメンバーから抜けてしまう事になった(一応最終回には登場した)。
なお、サトシのケンホロウがメスだった為、フウロのケンホロウがオスに変更されている。
XY&Z編ではアランも所有しており、サトシのファイアロー相手に互角の戦いを繰り広げ、相討ちとはいえファイアローを瀕死に追い込むなど大健闘だった。

 オタマロ同様、外見的な意味でキワモノなポケモン。何故サトシの手持ちにチョイスされたのか。基本的にはバトル要員であり、日常回ではなんと一回も出番が無い。そして映画も出番がない。そのためどんな性格かは全くつかめない。
そのバトルの出番も決して多いとは言えない。但し実力や戦績は良い方で、全く活躍できなかったのはホミカ戦のみ。
出番が少なかったことに関しては同じみずタイプのミジュマルが居たこと、それからしばらくしてじめんタイプのワルビル(後に進化)が加わり、彼らの活躍に食われてたことなども原因であるともいえる。ましてや前者はネタ枠、後者はピカチュウとの因縁の流れでそのままエース枠(公式)となっていたし…。

ゲームでは特性「いたずらごころ」の凶悪さで有名なポケモン。
しかしアニポケでの出番はモブポケとしての登場2回のみ・エルフーン個別のメイン回は無い(しかも2回目の出番はノノミの夢回想に出て来る縫いぐるみ)。
メイン回も作ってもらった進化前のモンメンと比べると非常に少ない。

初登場はシューティーのオスの個体。
サブタイトルでも示されたとおりかなり強く、サトシのポケモンを2匹立て続けに倒している。
が、それだけでありその後の出番は一切無し。
ムサシもシーズン2でメスの個体を(いつの間にか)入手しているものの、純粋な水棲ポケモンは動かしづらいのかコロモリに出番を喰われることが多く、BW最終話であっさりサカキに献上されてしまった。それゆえロケット団の手持ちの中でも特に不遇な方である。

 シビシラスの進化系。
登場シーンが、BW2第41話でピカチュウに倒される1カット…これだけ。
ほぼ登場しなかったも同然の扱いになってしまっている。

声優が中島愛緑髪に歌姫…と、某超時空シンデレラを彷彿させるポケモン。
BW第82話で初登場し、BWシーズン2第1話でサトシ達との接触の後、第2話より正式に同行している。
シーズン2は「サトシ達が幻のポケモンと共に旅をする」という今までにない展開のもとで始まったのだが、BW2第13話においてロケット団のイッシュ地方制圧計画が失敗に終わると共に早々と離脱。
シーズン2開始前から「サトシ達がメロエッタと旅をする」と告知されていたのにも関わらず、たった16話までしか登場しない(実際はジュニアカップやロケット団との決戦の話を挟んでいるが、それ以降は全く語られることない)というイッシュ地方制圧計画の為の鍵としては影がかなり薄い扱いとなり、上記のエテボースのようにサトシの回想とイメージシーンや神速のゲノセクトのエンディングにも全く登場しないほどメロエッタの存在が全く語られなかった。
その後XY&Z編でジガルデがメロエッタに近い役割として登場するが、こちらはメロエッタと違ってほぼシリーズ一本常に同行しており、ストーリーだけでなく劇場版本編にも出る等、明らかに扱いの差が出てる。メロエッタのいにしえのうたはXY&Z編やSM編でBGMとして流されることがある。

進化前のハリマロンがネタキャラポジだったこともあり、進化後で登場することが殆どなく、ハリボーグに関しては野生ポケモンでセレナのイーブイに惚れては振られて、それ以降出番なし。進化後のブリガロンに関しても劇場版と1話限りのゲストキャラのポケモンの手持ちだったりと、カロスの他の御三家と比べるとやや不遇。

アニメやスマブラではメガリザードンXが出る事が多い一方で、Yは殆ど出番が無い。
(発表されたのはこっちのほうが先だが……)
ようやく登場したかと思ったら、「マノンのメガシンカ絵日記」においてメガラティオスメガラティアス標的の一匹(もう一匹はメガチャーレム)として登場し、メガラティオスに10秒も経たずに撃墜されてしまった。
その後、アニメXY本編にもようやく登場し、トロバの手持ちとしてカロスリーグ1回戦のトップバッターに選ばれるものの、運が悪いことに相手は二人目の主人公アランのメガリザードンX。激しくぶつかり合ったものの、不意を突かれあっけなく倒されてしまった。
ただ、外伝ゲーム作品では若干優遇されておりポケモン超不思議のダンジョンのパッケージ絵を飾れたのが、せめてもの救いか。

ゲーム版で猛威を振るっている凶悪なメガシンカポケモン。だが、アニメ版での扱いは悲惨なまでに悪い。
登場したのは最強メガシンカAct.Ⅰにおけるメガシンカポケモン集合カットと、XY&Z最終回のCパートおまけコーナー「オーキド博士のポケモンホロキャスター」の2回のみ。劇場版にも「マノンのメガシンカ絵日記」にも登場していないため、バトルシーンは皆無。そのうえ「オーキド博士のポケモンホロキャスター」は地上波放送では新シリーズの番宣映像に置き換えられてしまっていたため、地上波で姿を見せたのはわずかに1度のみとなってしまっている
実際のところ他にも活躍できなかったメガシンカポケモンは結構いるのだが、彼女の場合、第5世代当時のローブシンやウルガモスのようにゲーム版での印象が強すぎたためより一層感じやすいのだろう。ただボルケニオンと機巧のマギアナでのメガシンカポケモン軍団に入ってなかったことは唯一の救いだろうか(よくこれがジャービスの最大の敗因と言われてしまうあたり、本当に動かし難かったのだろう)。

第2世代のポケモンとしてはいち早く、アニメ「ポケットモンスター」の第1話で登場したホウオウ。だが以降の出番は非常に少なく、AG178話「バトルピラミッド! VSレジロック!!」を最後に一度も姿を見せていない。ミュウの変身姿が代わりに登場するのがほとんどである。
サトシの旅の転換点を告げるキーキャラクターとなってしまった為、動かし辛くなってしまったからだと思われる。この影響は基本的にパラレル扱いされやすい劇場版にまで伝播してしまっており、長きに渡り登場しなかった(『幻影の覇者』の予告にルギアと共に登場したこともあったが、本編に2匹が登場することは無かった)。
しかし、2017年の映画『キミにきめた!』にてついに主要ポケモンに抜擢。映画20作目にしてようやくスクリーンに登場することになった。

共にXYシリーズで重要な立ち位置として登場するであろうと推測されており、映画破壊の繭とディアンシーではイベルタルは破壊の神として恐れられ、眠りを妨げられたことで復活して暴走し、その名とおり「デスウイング」によりピカチュウらを含む石化にしてしまうトラウマシーンがあり、ゼルネアスはその対としてディアンシーにフェアリーオーラを与えた後、復活したイベルタルを静め、デスウィングで石化したポケモン達を元に戻す活躍をみせた。
しかし本編では双方ともジガルデに主役を奪われる形となり、ゼルネアスに関してはXY40話でチョイ見せ程度で登場したぐらいで、イベルタルは一度も登場せず、サトシらと両者に関したエピソードやフラグ、存在に関したことが一切触れられなかった。かろうじてXY&Z特別編でカロスの神話としてジガルデとともに全員登場したのみ。しかも内容は映画と類似している。

幻のポケモンの中では非常に発見できない存在とされており、映画のミュウツーの逆襲ミュウと波導の勇者 ルカリオの2作で主要ポケモンとして映画出演してるのに対し、本編に殆ど登場しておらず、SM42話のラストに一瞬だけ登場したのみ。もちろんサトシもその出現には気付かなかった。

事故

いわゆる放送事故や訴訟問題、天災等の外部の要因で、出番そのものが失われたり、話が改変されたりで不遇な扱いとなったポケモン。当然この影響を受けたポケモン達に罪はない。

 ポケモンショックの事故の責任を取って、ポリゴンは犠牲になったのだ・・・。
そのとばっちりは進化後にも及び、ポリゴン2・ポリゴンZはアニメに1度も登場しないまま今に至っている。但しポリゴンに限っては映画の冒頭にちょこっと出ていたりするし、ポリゴンZはアニメデザインでのグッズも販売されている。
加えてあっちの記事を読んでくれればわかるがポリゴンに罪はない。
最も、草村や森林、洞窟のように「出現するシチュエーション」は脚本の構成も大変だろう。
SM編でミミッキュが登場したが、ピカチュウを恨んでいるという設定から中身はポリゴンなのではと噂されてしまうなど受難は続く。
そのSMのゲームではタマゴを使わないと数を揃えられないなど、ゲームでも扱いが悪くなりつつある。

初登場はみんなのトラウマ無印のナツメ戦。
ジム戦とはいえ「サイコキネシス」でピカチュウを容赦なく何度も叩きつける下手な悪役以上に非情な戦法は視聴者にトラウマを植え付けた。
が、ゲーム版でも問題になっている事だがユンゲラーの元ネタとされた超能力者ユリ・ゲラーが名誉毀損を訴えた(結果はユリ・ゲラーの敗訴)影響がアニメ版にまで尾を引っ張ることになってしまい、極端に出番を削られる羽目になってしまった。
ちなみにケーシィフーディンに関しては特にそのままである。
なお、ミルは原作のパートナーはユンゲラーだが、この影響でケーシィにすり替えられている。
進化後のフーディンとメガシンカしたメガフーディンに関しても劇場版で悪役起用されている。

厳密に言えば、通常の放送が自粛されたわけではない為、他とはややニュアンスが異なる。
ポケモンゲットTVの2014年2月23日の放送回で、メイン回の「メノクラゲドククラゲ」が再放送される予定だったが、直前で「ロケット団 愛と青春の原点」に変更になった。
その回のポケモンゲットTVのロケ地が福島であったこと、加えて「メノクラゲドククラゲ」に津波のシーンが入っていたことが原因だと思われる。なぜ変更が遅れたのかについては不明である。
なおドククラゲの場合、住処を荒らされて襲ってくる他、悪役のトレーナーとして登場する等、悪役ポジションとして回ることが多い。

AG第101話として放送予定だったドジョッチの冠タイトル回「ドジョッチVSナマズン! ゆれる島の戦い!!」が新潟県中越地震の発生により放送自粛、そのまま放送されることなく今に至っている。
ただし放送そのものがされなかった為かポリゴンとは違ってモブキャラとしては何度か登場している。
なお、中越地震以降はアニメにおいて「じしん」「じわれ」「マグニチュード」など地震を連想させるような技は一切使用されていない(サトシのゴマゾウケンタロスも「じしん」や「じわれ」を覚えていたが、「めざめるパワー」に差し替えられり無かったことにされていた)。
但し「だいちのちから」や「じならし」に関しては問題ないらしい。

BW第1話でシルエットのみ登場。ピカチュウに電撃を食らわせ、そのまま去っていった。
無印におけるホウオウと同様インパクトのある登場だったが、その事件が切っ掛けとなり、ピカチュウはオーバーロードを起こして電気技が一切使えなくなってしまい、結果シューティー戦で敗北してしまった。とんでもないとばっちりである。
なお、第2話で再び同様の行為に走って去っていっており、その後は全く出番なし。
ゲーム版の不遇と言いゼクロムが一体何をしたというのか。
一応、映画では主役になり、レシラムと死闘を繰り広げた。
プラズマ団(BW1)編が没にならなければ、何らかの形で登場したのでないのだろうか。
一部の漫画では「伝説としての扱い」がイマイチ不遇。まあこの漫画でポケモンが不遇なのはゼクロムに限った話ではないのだが。

主役回である「海底の城!クズモーとドラミドロ」が放送される予定だったが、韓国の旅客船事故の影響により放送延期となってしまった(この回のストーリーに「豪華客船の沈没」が関係しているため)。
最終的には無事放送された為、不遇度は低め。
但しやはり本来放送される予定だった状態でそのまま放送された為、話のズレが一部見られた。
(「ルージュラのクリスマス」や「イワークでビバーク!」に近い)
実は日本が放送を自粛したのに対し事故が起きた韓国では普通に放送されている。何故だ。

※他にもあれば追加お願いします。

アニメ優遇ポケモン

上記の不遇ポケモンたちとは対照的に、アニメで優遇されている(と思われる)ポケモンたち。シリーズを跨いでの登場、過去シリーズからの再登場など活躍する機会が多い。

言うまでもなくポケモンの「顔」。
アニメでも他のポケモンメディアミックスでもポケモン二次創作でもサトシ以外の善玉トレーナーのパートナーに選ばれる事も度々。アニメが無ければ今のピカチュウは存在しなかったであろう。勿論サトシが活躍する全てのアニメポケモンシリーズにおいて皆勤賞である。
本家第6世代、第7世代、ポケモンGOに至っては、鳴き声がアニメ仕様になっている(鳴き声は「ピカチュー」”XY“「ピカ ピカチュー」”サン・ムーン”。嬉しい時は「ピカピカ」「ピカピ」も言う。変更は不可)。
当初はピカチュウもニャースと同じく人間と同じ言葉を喋らせる予定だったが、湯山監督の判断と声優・大谷育江の的確な演技から「別に喋らなくても問題ない」と判断された為そのままになったと言われている。

アニメの出番が多いという点はピカチュウと同様。
但しこちらはムサシとコジロウと共に行動している個体のイメージが強いのか、悪役として定着している試しがある。
ちなみにこの「ロケット団」の設定はポケモンスタジアム金銀に逆輸入されていたり。

アニメ総監督の湯山監督がファンであることを公式に公言している。そのためか、ピカチュウを除けば最もレギュラーとして在籍した期間が長かった。
中の人おやにも相当気に入られている様子。

ピカチュウがアニメ版の「顔」ならば、こちらはゲーム版の「顔」。
サトシ曰く「困ったときにはリザードンが助けに来てくれる」と、公式でも救世主扱い。
ヒトカゲ時代では不良トレーナーに捨てられて雨で尻尾の炎が消えそうなところをサトシ達に助けられてサトシのポケモンとなり、ポケモンバトルで何匹もの進化系ポケモンと互角に戦ったことがある。
金銀編でレギュラーを離脱するも、以後、フスベジム・ジョウトリーグ・バトルフロンティアと要所で助太刀に来ては勝利に貢献している。
それに応えるようにポケモン以外のゲームでのゲスト参戦も他のカントー御三家より多い。
サトシのリザードンはBF編の終盤にてサマヨールに「ちきゅうなげ」をかけてしまうというサトシの凡ミスであっさり敗北して以来、DPシリーズではお呼びがかからず、数年の出番が一切なかったが、2012年には『ニンテンドー3DS リザードンエディション』がピカチュウエディションに続いてリザードン専用の物が限定販売されたりと、グッズ面でも優遇されており、その人気に押されたのか、BWシーズン2ではシリーズ終了までの間レギュラーに復帰(偵察役もしばしば、OPで描かれたレシラムとのバトルが本編では無し、とほぼ力を貸せない場合もあったが)、THE ORIGINでは主人公・レッドのパートナー、XYでは特別編の主人公・アランのパートナー、SMではカキのライドポケモンとして登場する等、別個体のリザードンが登場している。
メガシンカもX(下記)の出番が非常に多い。が、Y(上記)は……。

ゼニガメはサトシの個体では回想に登場するほどフシギダネやヒトカゲ(リザードン)の並ぶサトシの心に残るポケモンの一匹として描かれ、BF編にハルカの個体も登場してポケモンコンテストで大活躍するほど優遇されている。
カメックスは無印最終版でサトシのライバル・シゲルの手持ちとして登場し、シロガネリーグでリザードンとの壮大な激戦を繰り広げ、THE ORIGINでも似たようなバトルが描かれる程、リザードンのライバルとしてのイメージが強い存在となっており、ゲストポケモンとして登場することが多い。

無印の影のレギュラー。AG編の前半に一度登場して以降全く登場しなくなっているが、SM編にてまさかの再登場を果たす。
そのおかげかカービィモデルの改造でスマブラにも現時点で皆勤賞。
一方進化系のプクリンは、ポケダンで探検隊までレギュラーとして活躍。アニメXYではその外見の愛嬌からかジョーイさんのアシスタント役に抜擢された。

サトシのポケモンとしてはオレンジ諸島編のみだがほぼ毎回出ており、エンディングテーマ「ラプラスにのって」も生まれた。「無事に群れに返す」というのがストーリーにおける目的の一つとなっており、その別れは感動的。金銀編では偶然再会した。
その他、ゲストとしては各シリーズごとに必ず一回と恵まれている。
SM編ではスイレンのライドポケモンにもなっていた。

リザードンと並ぶ、サトシのエースポケモン。
登場すれば必ず一体は倒し、AGのバトルアリーナでは相性不利な格闘ポケモンに2連勝。進化前のゴンベも第4世代で最初に登場し、AGではハルカのポケモンとしてレギュラーになるなど出番にも恵まれていた。
ポケットモンスターTHE ORIGINではレッドの手持ちとして登場したが、サカキのサイホーンに一撃で倒されると言う不遇も受けている。最もサンダースを「10まんボルト」で確1にする等、サイホーンがおかしいレベルの強さだったのだが。

初代から現在に至るまでドラゴンタイプの中では抜きんでて出番が多い。
初登場した際には何故か伝説のポケモン扱いされていた。その後もユウジの個体が10個もの技を使ったり、竜のほら穴ではげきりん状態となったカイリューがリザードンとの激闘を繰り広げたりなどと何かと活躍の場に恵まれ、遂にBW2にてレギュラーに昇格した。
アイリスの手持ちであり、性格もサトシのリザードンに似ている(というよりカイリューのイメージが180度ひっくり返るレベル)。相性が悪かろうが力で押し通すパワータイプ。
デコロラ諸島編ではリザードンとペアで雑用もとい偵察を行う場面が多かった。 

最初は公式設定に準拠してか大人しくて物静かなポケモンとされており、いかにも苦しそうに我慢している表情だったが、ロケット団のレギュラー入りを果たして以降はユーモラスな性格となってひょうきんな表情で描かれるようになった。
ポケモンスタジアムでロケット団幹部が使用する等、ゲームでも優遇されだした。
BW編では任務の関係上レギュラーから外されるものの、最終話でようやく復帰。
復帰までに他のロケット団のボックスメンバーと特訓していたのか、続くXYではバトルで機敏な動きと見せると同時に、盾役として今まで以上に活躍している。

(リザードンを除いた場合)サトシの金銀編のエース。ジョウトリーグでシゲルのブーバーのかえんほうしゃを弾き返して勝利する、シンオウリーグではねごとで対抗して戦うなど、重宝な記録を誇っている。
劇場版ではゲストポケモンとして登場することが多い。

人間に恋するポケモンを代表しており、サトシが大好きで彼に懐くことが多い。その熱愛ぶりはサトシの手持ち一。サトシの方もボールを預けた事を忘れて繰り出そうとしたことがあった(AG編)。他のジョウト御三家2匹とは違い、AG編やDP編にも少しだけ登場した。

あのピカチュウの進化前のポケモンのためか、こちらも比較的優遇されている。本編ではゲストポケモンとして登場することが多いが、ピチュー専用のEDが3度(ポケモンハラハラリレーの難しいバージョン含めて)作られたり、サイドストーリーや短編に2度登場したピチューブラザーズアルセウス 超克の時空へではギザみみピチューとして登場したり、スマブラにも参戦したりと割と人気が高い。

アニメでは割とよく見かける系統のポケモンで、BW編に入るまでに多くの実力あるトレーナーの手持ちに入っていた。注目すべき点はこの系統はサトシのピカチュウに対してはかなり高い勝率を保っており、ある種のピカチュウキラー。
一番有名なところではシンジの手持ちで、DP編での扱いはある意味ラスボス的存在に近い。

RS発売に先駆け、無印最終版でサトシのライバル・ハヅキの手持ちとして先行登場。
シロガネリーグでリザードンと激戦を繰り広げ、僅差で見事勝利を収めている。
AG最終盤ではハルカのワカシャモが土壇場で進化。サトシのジュカインと戦ったり、ヒカリのポッチャマと共闘するなど、出番は多くは無くとも見せ場は与えられていた。
そしてXYでは第1・2話からさっそくメガバシャーモが颯爽と登場。第30話でもコンコンブルのバシャーモがルカリオナイトを入手しようとするコルニの前に最終試練として立ちふさがり、相性以上の実力でルカリオを圧倒した。
これを見てわかるように、第3世代御三家ではラグラージと対称的にかなり優遇されていることがわかる。

サトシの鳥ポケモンの中では圧倒的に活躍が多い。進化してからは目覚ましい活躍で、AG編では登場すれば相討ちを含めて必ず一体は倒している。特に顕著なのがホウエンリーグで、全三試合に登場し、倒したポケモンの数は驚異の5体。君の雄姿は忘れない。

ゲームでは技の物理・特殊の仕様変更でかなり地味なポケモンだったが、アニメでは御三家のミズゴロウよりもその独特なキャラで目立っていた。サトシの切り込み隊長的な存在で、それに十分応えていた。

おなじみヒカリのパートナー。当初は他の手持ち同様の扱いだったが、サトシのピカチュウに影響されてるのか、DP第66話からは常時モンスターボールから出ている状態になり、第92話からは正式にレギュラー扱いとなっている。
ちなみに話が進むごとにネタ化も加速しており、以後御三家には必ず1匹ネタ要員が登場するようになっている。
進化後達に関しても前者はケンゴ、後者はジュンの手持ちとして登場し、見せ場にも恵まれている。これ以降御三家はみずタイプがレギュラーになるパターンが多くなる。

ゲーム版ではどうも個性が目立ちづらいポケモンだったが、アニメ版ではタケシの手持ちになり突っ込み役になると言う謎の優遇を受けた。
映画では2匹の喧嘩の拍子に飛んできたのりゅうせいぐんをこぶし一発で相殺するという見せ場を作った。

 ヒコザル時代からサトシとシンジの関係を象徴するポケモンだったためスポットが当てられることも多かった。最終進化後のバトルの戦績は四天王のオーバの手持ちの同族以外には負け無しと凄まじい。シンオウリーグでのエレキブル戦は必見物。

ゲーム同様シロナの相棒としてDP編・BW編で登場。それ以降何気にシリーズごとにどこかで登場しており、出番に恵まれている(そして何気に公式戦での敗北回数もすべて含めて一回だけ)。
DP編では勝負を挑んできたシンジのポケモンを軽く蹴散らしたり、ディアルガパルキアと戦ったりしてその強さを見せつけた。BW編でもアイリスのキバゴの訓練に付き合い成長させる、トルネロスボルトロスランドロスと戦うなどかなりの活躍をみせた。
XYではプラターヌ博士の研究所にいるセミレギュラーのポケモンとして登場。メガシンカできるほど博士との絆が深い。ちなみにこちらはメス(切れ込みが無い)である。
SMではウルトラガーディアンズのサトシ専用のライドポケモンとして登場する。

デントの手持ちとして登場。BWメンバーの中で最も勝率の高いポケモン。
敗北はフウロのスワンナ・シューティーのジャローダのみと言う凄まじい強さを誇るポケモン。
相性不利もなんのそのである。

サトシのBW編のエース。アイリスのカイリューや相性の悪いケニヤンのダゲキを倒す、進化後は無敗など凄まじい記録を持っている。
ウラウラ島のしまキング・クチナシの個体も登場しており、暴走状態のサトシのルガルガンを一度圧倒するほどの強さを誇っていた。

あまりいい扱いをされない傾向にあるドラゴンタイプの中では、何故かやけに優遇されている洞穴ポケモン。ゲームでの扱いと比べるとオノノクスなどとは真逆。
アニメでは2度メインを張り、ステータス上不利なカイリューを2度も下すなど色々目立っている。
更には色違いまで登場し、イブキの手持ちに加わっている。

英名がGolemな奴とは対照的にアニメ版・映画での優遇が半端ではないゴーレム。BW全シリーズで必ずと言っていいほど見せ場を作っていった。
シーズン1では劇場版伝説ポケモンを差し置いての大活躍を見せる。それ以後でもコピペロス戦でカイリューやガブリアスと共に奮戦したり、相撲大会ではハリテヤマを差し置いて決勝戦の相手になった。

THE ORIGINでリザードンの新たなメガシンカが初登場し、終盤でレッドのリザードンがフジ老人から貰ったキーストーンでメガシンカしてミュウツーをゲットまでに追い詰めた。
設定上XY編におけるもう一人の主人公であるアランのリザードンもXにメガシンカでき、伝説のポケモンとも渡り合い、メガシンカポケモンを相手に10連勝を収めている。そういった立ち位置のためかサトシゲッコウガとは3度ぶつかり合っており、全て勝利している。それどころかバトルではほぼ無敗(唯一の敗北はズミのメガカメックスのみ)と戦績は凄まじいことに。

セレナのパートナー。サトシのオオスバメと同様、進化してからの目覚ましい活躍が多く、パートナーとしての進化系ポケモンの中ではマオアママイコに次いで2番目に出番が多い。トライポカロンで華麗なパフォーマンスの演技を見せつけたり、暗闇では尻尾に付けてる木の枝の炎で灯りを照らしたりするほどの役立ちをすることが多い。
アニメの影響からか、ゲームのポッ拳ではマフォクシーを差し置いてプレイアブルキャラとして登場している。

XY発売当初はゲームでの性能故にあんまりな扱いをされたがそれは50%の姿であり、その後10%、パーフェクトジガルデと様々な姿に変えることができるとXY&Z編で初公開された。
アニメではサトシたちとシリーズ一本分旅をすることになり、全体的に出番も多く、メイン回も多かった。ユリーカとの友情を中心に彼は人間に対する認識を改めることになる。そのせいで下記のデデンネが割をくらうことになったが。
XYのマイチェンが発売されなかったため長らくアニメオリジナルかと思われていたが、第7世代のポケットモンスターサン・ムーンにてすべての形態が登場した。

リーリエのパートナー。ポケモンにニックネームをつける事が稀なアニポケでは珍しく「シロン」という名前を与えられた。リーリエのポケモンが触れられない弱点の克服にタマゴの頃から大きく貢献し、誕生以降のバトルにおいても、こなゆきによる攻撃・支援の両方をこなしている。
SM編で手持ちポケモンがいなかったリーリエの手持ちというだけあって、印象に残りやすい。

サンムーンにおけるトップメタの一角。そのこともあって歴代のロケット団の手持ちでは、最強クラスのポケモンと言える。その強さは原作同様すさまじく、単体でピカチュウを追い詰めるほど実力が高い。ロケット団がピカチュウに吹っ飛ばされて退場の流れがやりにくくなった原因の一つでもあり、その影響力の高さは上記のメガガルーラに通じるところがある
キャラクターに関しても、寂しがり屋のゲーム版とは打って変わって、ピカチュウを憎悪する強烈なキャラの持ち主。その禍々しさに傍にいるニャースが度々震え上がっている。
ちなみにモクローよりも先にロケット団に捕まえられたため、サンムーンでレギュラーメンバーに一番最初に捕まえられたポケモンであり、ゴージャスボールでゲットしたことでルアーボールでゲットしたサトシのワニノコとカスミのサニーゴ以来レギュラーメンバーがモンスターボール以外のボールでゲットしたポケモンでもある。
その後アセロラのポケモンとしても登場。こちらは色違いで頭に花を飾っており、ムサシのミミッキュに比べてずっとキュート。性格もトレーナー思いで大違い。しかし、既に死亡しているらしく、ゴーストとしての登場であった。そのため空を飛び回る事が出来る。

上記のミミッキュとは違った意味で恐ろれられているポケモン。何故かムコニャに執着しており、生態的にありえない場所までくることからインパクトが強く、ロケット団退場の際のオチ担当の役割をもぎ取った(物理的にも)。

もともと「まひるのすがた」と「まよなかのすがた」の2つの姿を持つことで注目された第7世代のポケモンで、アニメではライチが「まひるのすがた(ゲームではまよなかだが、恐らくグラジオの固体が先に登場したため)」、グラジオが「まよなかのすがた」を持っている。特に「まよなかのすがた」は野生の個体、グラジオの手持ち、「キミにきめた!」のクロスの手持ち…と短期間で複数の固体が立て続けに登場している。
2つの姿が先に登場したことで、サトシのイワンコがどちらに進化するのかが、より注目されたが、SM第37話にて新たな姿「たそがれのすがた」へと進化した。

ソルガレオに続いてSM編のキーキャラクターを務める上、ウルトラビーストの中で最も重要な存在ともなってる。
第61話でウルトラホールからポケモンの世界に出現し、同じくポケモンの世界に出現した同族のマッシブーンを撃退するピカチュウに興味を示すことでウルトラボールでサトシにゲットされ、レギュラーメンバーが初めてゲットしたウルトラビーストにして、ゴージャスボールでゲットしたミミッキュのようにレギュラーメンバーがモンスターボール以外のボールでゲットしたポケモンとなる。

不遇か優遇か人によって分かれるポケモン

優遇な場面があれば不遇な場面もあり、人によって評価が分かれるポケモンたち。(悪役として純粋に活躍してるポケモンは除く)

ご存知ブイズの進化の基となるポケモン。そのためか出演することも多く、ヒロインやライバルの手持ちとしてよく登場したり、まさかの短編主役にも抜擢された。ただ同時に進化ポケモンだけのこともあり、ライバルの再登場時には何かしらのブイズに進化していたり、ヒロインも進化させることが多く、それなりに出番がある分、次の登場時にはあっさり進化していたりと優遇、不遇か否めないところがある。
ただし、元々このポケモンは進化が大きな課題となるポケモンでもあるためそれを不遇ととらえるかは微妙なところ。しかし最近は出番が急増しており、みんなの物語ではリサの手持ちとして登場することとなり、その後まさかのピカチュウの対としてゲームの主役にまで抜擢された。

第2世代に先駆けて、アニメに先行登場したポケモン。サトシのリザードがリザードンに進化する際にトゲピーのタマゴが発見され、孵化した後はいつでもカスミに抱っこしてあげており、ゆびをふるでロケット団を撃退する役立ちをしていた。
無印編終了までヒロインの代表するポケモンとしてレギュラーを張っているかに見えたが、初登場自体が非常に遅れてたことが原因で、サトシ達やロケット団よりもまともな出番が非常に少ないほど、メインヒロインのレギュラー扱いのポケモンの中では最も影が薄い(これに関しては無印時代に細かな設定が決まっていなかったせいでもあるが)。
AG編の前半で、カスミの初めての客演と同時に、トゲチックに進化してサトシ達やカスミと別れ、ホウエン地方にあるトゲピーの楽園・ミラージュ王国を守るべくそこに暮らしたことから、ジョウト地方でサトシ達とお別れしてたリザードンやゼニガメと違って再登場が難しくなった。
別れて以降におけるサトシの回想でもちょい役として一瞬だけしか登場しない場合が多い。

AG編におけるサトシの手持ちのエース枠、それ故やはり日常シーンでの出番もバトルの出番も多め。
ただし、最終進化したのはBF編の後半ぐらいでかなり遅めでもあり、進化する前のジュプトルの状態でメガニウムとの恋を巡ってトロピウスと対立するもそれが失恋に終わってしまうことで進化してから技を出せなくなってしまうことが起きたり、無事に技が出せるようになってからの活躍もウコン戦や最後のハルカとのコンテストバトルくらいで他のポケモンに活躍の場(というかバトルの出番そのもの)を取られたりかませ犬になったりと、相性を乗り越えるほど強いヘラクロス、深い絆で結ばれているリザードンやゲッコウガ、最終進化後はほぼ無敗という記録を持つゴウカザルやワルビアルと比べるとエース枠の中ではやや不遇な印象も見られる。と言うよりジュプトル時代の方が活躍していたためそう感じやすい。
その後、シンオウリーグ準決勝でジュカインとして参戦し、無敵となるタクトのダークライを辛くも打ち破るという快挙を成し遂げ評価を大きく上げた。
また、サトシの手持ち以外で登場した個体も見せ場なくやられたりすることが多い。そんな中でもXY&Z編のショ―タの個体はゲッコウガのライバルとして描かれ、メガシンカができるほど絆が高い。最終的にゲッコウガとの決戦で敗北してしまうがバトル内容の評価やリーグ全体で見た戦績的には結構優遇された個体とも見れる。

ユキワラシ時代はあまり扱いは良いといえなかったが進化してからは公式戦無敗(悪くて引き分け)という凄まじい記録を誇っているが、バトルフロンティア編ではコータス共々研究所に預けられ、以降はAG編では出番がなくなってしまったポケモン。コータスの方はレジスチル戦で呼ばれているためその部分がなお目立つ。このため戦績で判断する人からは優遇、出番で見る人からは不遇にみられている状態。一応、DP編でも出たが、バトルには選出されなかった(こちらも戦績は上記の通りだがコータスがバトルに出ている)。ボルケニオンと機巧のマギアナではメガオニゴーリが悪役として登場した。

アイリスのパートナーとしてBW編でレギュラー登場し、ポッチャマのようにモンスターボールに入っていないため毎話出ていた。シリーズを通して、りゅうのいかりを完成、げきりん・ギガインパクト習得と成長していった。
しかし、まだ幼いゆえに勝手な行動をしては問題事を起こすことが多く、日常回はキバゴがトラブルを起こすという流れも結構多かった。BW編終盤頃には視聴者から、「(ロケット団登場)またお前達か!」ならぬ、「またキバゴか…」が定着したほど。更に言えばバトルする機会が少なく、せっかく習得した技を殆ど使用しないまま(ギガインパクトは取得時を除き一回、げきりんに至っては取得時以降一回も使っていない)BW編が終わってしまったのもマイナスだろう。
まあそもそもこのシリーズ自体(トレーナー含めて)ウザキャラだらけな上バトルするポケモンの偏りもひどかったのでそういった問題点は彼らに限った話ではないのだが…。

前シーズンのポッチャマからネタ枠を引き継ぐ。アイリスのキバゴがポッチャマの連れ歩きポジションを引き継いだため、毎話は登場しなかったが、その出番は他のBWポケモンと比べても圧倒的に多かった。
メイン回が作られた回数も多い。ネタ要因のイメージが強いが、バトルでも序盤はそれなりの実績を残している。
ただし、その図々しい性格が原因でたびたび事件を起こすことも多く、その後の反省の色も特に見せないためヘイトを集めることも多い。食いしん坊で他のポケモンの食べ物を横取りして喧嘩沙汰になる、メスポケモンに一目惚れするも失恋に終わるなどの行動パターンがシトロンハリマロンにも引き継がれた(因みにこの件で反省したのかハリマロンはそれ相応の罰を結構受けている)。

XYシリーズのトゲピーポジション。常にボールから出ており、よくユリーカの頭やポシェットの中にいる。第3話に早々初登場しており、スポットライトを当てられることも少なくないが、XY&Z編でプ二ちゃんが介入してしまったため、影が薄くなってしまった。ただ、ユリーカやヌメルゴンとは深い絆で結ばれ、サトシ・セレナ・プニちゃん・ヌメルゴンとの別れを寂しむ等、完全に影が薄くなってるわけではなかった。
一方で作画崩壊を時々引き起こすことから、視聴者には作画崩壊キャラとして定着。ネタ探しが人気を博した。

第6世代御三家の一角で、サトシの水御三家では初めて進化したポケモンでもあり、最終進化すると同時にキズナ現象(きずなへんげ)というトレーナーとの絆でサトシゲッコウガという謎の強化形態に変化する能力を身に付ける。
早期にサトシの手持ちになっただけではなく、その義侠心溢れる性格から日常回・バトル共に出番が多い。 上記の理由も含めて優遇が目に見える。
XY&Z編でサトシのゲコガシラがゲッコウガに進化した形で登場、これによりサトシのポケモンに炎・草・水の御三家最終進化系が揃った。
と、ここまで見れば…というか普通にアニメを視聴していれば誰でも優遇されていると見れる。
しかし、カロスリーグ・決勝戦でアランのメガリザードンXとのバトルに挑むが惜しくも敵わず敗北、結果としてサブタイトルがタイトル詐欺になってしまい、多くの視聴者から失望される結果となった。さらにクライマックスでカロス地方を守るべくプニちゃんと共にサトシ達と別れることになり、上記のトゲチック等と同様の理由で再登場が難しくなった。
まとめると、扱いはケロマツの頃から悪くなく、専用の形態ができるといった破格の扱いはされており、XYに登場した第6世代ポケモンの中ではずば抜けて扱いが良い。だがその反面、ストーリー(主に脚本の都合)に関わり過ぎたことが原因で、リーグ最終戦でアランのメガリザードンXに勝てず、サトシのカロスリーグの優勝が失敗に終わったため、物語の鍵を握るサトシの最終進化系ポケモンとしては他の最終進化系ポケモンと比べてかなり皮肉な印象が見られる。このような評価故、不遇か優遇かで意見が別れているのだろう。

故郷の湿地帯に暮らしていた、サトシ初の600族。その為ゲット当初からスポットが浴びせられることが多かった。設定の関係か性格は上記のベイリーフに近い。
ミアレジム戦ではそれなりの活躍を見せていたが、やはり600族ということでバランスブレイカーのように見られたのか、その後は湿地帯の平和を守るべく一度離脱してしまう。ただここまでの扱いを見ればメイン回が多く作られたりなどで優遇されているとの声は多かった。
しかし問題なのはXY&Z編で復帰と共に参加したリーグ戦及びフラダリ戦で、バトルではかませ犬としてミアレジム戦と違って一体も倒すことができないまま呆気なく敗れてしまうことであろう。一応、リーグ内で戦ったポケモンはゲームでは勝つこと自体が難しかったということもあるのだが…。故郷に残っている最中によるバトルと特訓の経験の少なさが負けの原因になる上、アランのキリキザンハサミギロチンを使うことを知っていながらがまんを使用させてりゅうのはどうの威力を弱らせたサトシの判断ミスも大きい。
これまでのサトシが600族を手にすることはない(仮に種ポケモンを手に入れても最終進化まで育つことはない)という法則を打ち破ったのは他ならぬ功績であるが、最後に招く悪い戦績を受けたことが最終的に不遇とされる結果となるだろう。

第7世代でサトシがツタージャ以来ゲットした草タイプの御三家。いつも寝ていることが多く、バトルの途中で寝てしまうという性格の問題でイワンコニャビーに出番を奪われることが多いが、バトルセンスは非常に高いという秘められた実力を持っている。クサZのブルームシャインエクストラを使用することもあるので、今後の実力に期待しよう。
サトシの手持ちでピカチュウや一時的にいたポケモンを除けば(バトルなどで引っ込めたりするのを除く)、本格的に常にボールから出ている初のポケモンで、デデンネのようにカバンの中にいることが多い(といってもほとんど寝ているが)。
ネタキャラポジションではあるものの、しょっちゅう寝ている分、調子に乗った行動を取ることが少なく、その点でミジュマル達とは若干異なるポジションにある。
なお、キャラとしてはモクローの人気がすさまじい為か、ストーリーが終盤気味なこともあって現在進化する可能性が絶望的な状態になっている。

第7世代でサトシがツタージャ以来ゲットした炎タイプの御三家。サトシにゲットされる前は老齢の
ムーランドの傍で生活してほのおのキバを習得する修行をしていたが、修行の完成前にムーランドが時折咳き込んで息を引き取ってしまう。死亡の様子は見せられなかったが、ムーランドの死は本編でポケモンが死亡してしまう描写が描かれた数少ないお話とされてた。
サトシにゲットされてからほのおのキバを完成させることができたものの、モクローと同様ルガルガンに出番を奪われることもあってバトルに参加している機会が結構少なく、現在試練に参戦したのはアーカラ島のラランテスからの試練のみ(これに関してはSM編の正式なバトルの回数が全体的に少ないのが原因の一つでもある)。
モクローとは違い、さらなる進化の可能性が見えつつあることから、これからの活躍に期待したい。

「キミにきめた!」の制作が決定されて「サン&ムーン」の劇場版が製作されない形で、BW編のゼクロム以来ゲームのパッケージを飾った伝説ポケモンがTVシリーズに先行登場することになる。
第44話で夢の中に登場し、ルナアーラと共にサトシとのある約束を交わし、第52話でカプ神の導きでコスモッグがソルガレオに最終進化し、ウルトラビーストウツロイドに連れ去られたルザミーネの救出に協力した。
しかし、活躍はそこで終了。上記のメロエッタばりに短かった。加えて最後に登場した回ではタイトルに反してちょい役としてしか出ておらず、扱いが雑になっていた。
せめてベベノム同様、サトシがボールに入れることになればもう少し扱いがマシになったハズなのだが…。

その他、アニメからゲームへ強い影響を与えたポケモン

アニメでタケシ・カスミがゲットした事が縁で彼らのエキスパートタイプではないポケモンでありながらポケモンスタジアムで使用している。
水・岩ポケモン対策に出した草ポケモンを2人がアニメで使っていたポケモンに倒された人も居ただろうか。

アニメオリジナルのロケット団員が使用していたのが縁でポケモンスタジアムロケット団員が使用している。
もし今後、対戦特化型のポケモンゲームでロケット団員が登場するならばチリーンメガヤンマヤミラミとかいったRS時代以降のムサシ達が使用したポケモンもロケット団が使うのだろうか?

アニメオリジナルのロケット団員が使用した後でゲームのギンガ団・プラズマ団の団員が使用するようになる。

 ミュウと波導の勇者 ルカリオの主役ポケモンとして初登場。伝説ポケモンではない一般ポケモンで初の主役である。ゲーム側では「ダイヤモンド・パール」に初登場し、DP以降のTVシリーズにおいてもメガルカリオを含めゲストポケモンとして登場することが多い。


関連タグ

アニポケ
不遇ポケモン

pixivに投稿された作品 pixivで「アニメ不遇ポケモン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12871

コメント