ピクシブ百科事典

不遇卒業ポケモン

ふぐうそつぎょうぽけもん

ゲーム『ポケットモンスター』シリーズの対戦で、対戦面で活躍し辛い過去があったが何らかの差別化要素や補強要素を入手して、不遇扱いされなくなったポケモン達の事。
目次[非表示]

不遇卒業ポケモンの定義

この記事は、不遇ポケモンの記事内の『不遇から卒業したポケモン達(不遇入り保留ポケモン含む)』の項目を分割したものである。
具体的に言うと、対戦面において不遇だったり活躍し辛かった過去があったが、差別化要素・補強要素等を入手して不遇扱いされなくなったポケモン達を指す。

  1. 差別化:似たようなポケモンに性能面で劣っていたが、何らかの要素を得て差別化に成功した場合該当。
  2. 種族値改善:第2世代の特殊分離、第6世代・第7世代で行われた種族値上昇で強化された場合該当。メガシンカによる種族値上昇は該当しない。
  3. 特性強化:第3世代の特性導入、及びそれ以降の世代の特性追加(第5世代以降の隠れ特性を含む)と特性における仕様変更で強化された場合該当。メガシンカによる特性変化は該当しない。
  4. 技強化:新たに有効な技を習得したり、既存技が強化及び仕様変更を受け強化された場合該当。技の仕様変更により競合相手の技が弱体化したケース・第4世代で施された技ごとの物理特殊分離・第7世代のZワザも含む。
  5. タイプ強化:第2世代のあくはがねタイプ及び第6世代のフェアリータイプ追加による強化及び同世代のタイプ相性変更により恩恵を受けた場合該当。
  6. 道具恩恵:新しく登場した道具の恩恵を受けたり、既存の道具が有効に使えるようになった場合該当。なおメガストーンZクリスタルは該当しない(それぞれメガシンカ獲得と技強化に該当する為)。
  7. 役割確立:技や特性等の組み合わせで、役割を確立して個性を得た場合該当。第3世代のダブルバトルや第5世代のトリプルバトル等、新たな対戦環境の登場で役割を確立した場合も該当。
  8. メガシンカ獲得:第6世代の目玉システム、メガシンカ獲得により強化された場合該当。なお、この要素は現時点では仕様上第6世代で不遇卒業したポケモンにのみ該当している。

以上8つの要素のどれか1つ以上が該当すれば、基本的に不遇卒業と扱われる。
これらの要素は不遇卒業時の要素のみ記述(後の世代で得た要素は該当しない)。

よく間違われるが以下のような理由は不遇卒業に該当せず、基本的にそれに該当するポケモンは不遇卒業ポケモンに該当しないので注意。
・元々マイナー寄りで以前から戦えなくも無い
モルフォンオーベム
・不遇卒業以前の性能が扱い辛いだけで純粋な強化に過ぎない
ソーナンスシザリガー
・不遇卒業以前の環境で動き辛い状態なだけだった
ギャラドスプテラ

なおハガネールマニューラ等のように新たな進化形を獲得し不遇から脱却したポケモンもここには入らないが不遇脱出の要素にはなる。


主な不遇卒業ポケモンの一覧

この記事では最終進化形のポケモンで不遇卒業に該当するものを卒業した世代順に記述する。

第1世代で不遇卒業

対戦環境の原点。特性も無ければ道具も無く、急所率や一撃技の命中は素早さ依存、攻撃する技の分類はタイプごとに決められ、更に特攻と特防が特殊で統一されていた。第1世代故ポケモンごとの格差が激しい割に差別点には乏しく、それ故単純に種族値によって不遇かどうか決まる事が多かった。
またこの世代ではねむり状態(詳細は後述)やこおり状態等の一部の状態異常や「はかいこうせん」の反動等一部の技の仕様が今では考えられない仕様になっていた。その為特殊が低いポケモンでさえ「ふぶき」を覚えさせたり、「はかいこうせん」でトドメを刺して反動を回避させたりする事も多かった。「かげぶんしん」を数回使うだけで殆ど攻撃が当たらなくなる為、第1世代の中期から後期にかけて「かげぶんしん」+「ねむる」の戦法が横行した結果泥仕合も発生した。当時のねむり状態は目を覚ましたターンも行動出来ないという強力極まりないものであり、この世代と第2世代の公式ルールでは相手のポケモンを2匹以上ねむり状態にすると失格になるというルールが定められていた(なお『ポケモンスタジアム』シリーズでは基本的には2匹以上ねむり及びこおり状態にならないようになっている)。
タイプ相性でもエスパーノーマルこおりタイプが優遇されており(それ故ほのおくさどくかくとうドラゴンタイプは大幅に冷遇されていた)、「サイコキネシス」「きりさく」「はかいこうせん」「ふぶき」等を覚えるポケモンは比較的優位に立てていた。
なお比較する前世代がない為かこの世代で不遇卒業したポケモンは基本的にいない。唯一の例外が『ポケモンスタジアム』で特別に「なみのり」を貰ったライチュウ(原種)。
今思えば元々発売前~直後の時点ではポケモンという要素自体小さいものだと見られていたため大体が大雑把に決められてしまった感も否めない。まさかここまで大きな要素になるとは、そしてそれ故に後の世代で大幅に調整が必要になってしまう事になるとは当時のプログラマーたちにも予想できなかったであろう。

該当卒業要素:1差、4技、7役

おこたみかん様へ!




第2世代で不遇卒業

延期に延期を重ね、発売された金銀世代。前世代の反省として特殊が特攻、特防に分けられ、新たにあくはがねタイプが登場。前世代で暴れすぎたポケモンたちの弱体化や不遇だったほのおかくとうタイプ等の調整等いろいろテコ入れが施された結果、前世代のエスパーノーマルこおりタイプの3強時代は終焉した。
またこの世代で一部ポケモンの進化形も登場した。このおかげで(上記の概要通り卒業という表記ではないが)不遇ポケモンから抜け出せたポケモンも出てきた。
なおこの世代での不遇卒業の理由は主に主力技が改善されたポケモンが殆ど。また道具を持たせられるようになったのもこの世代からでガラガラ(原種)は強力な専用道具によって不遇卒業出来た例外的な存在。
ちなみに多くのポケモンが主力技を改善されたにも関わらずこの世代は主にカビゴンエアームド等の耐久重視のポケモンをサイクルで回していく戦術(通称:受けループ)が流行っており、全体的にバトルが長引きやすい傾向にあった(その為『ニンテンドウカップ2000』のとある試合では実際に時間切れが発生したり、当時ポケモンのコーナーがあった任天堂提供の番組『64マリオスタジアム』では決着がつかなかった試合が発生した程)。
これが原因かどうかは不明だが、第3世代以降大会のルールがダブルバトル固定になったり、高火力な技が更に増えた結果、後の世代で技の火力のインフレに発展する等の強い影響を与えた。
なお長期戦が懸念されていた『ニンテンドウカップ2000』の決勝戦では、その不安を吹っ飛ばすかの如く残り1体のヘラクロスが「きあいのハチマキ」+「きしかいせい」で3タテを決め、奇跡の大逆転を果たした
全くの余談だが近年では没版となった金銀のデータが公開されたが延期を重ね過ぎた事で没になったポケモンや技が多く存在する。「いしあたま」(威力90・命中100)が没になった事で長らく命中不安定な物理技を使う事を余儀なくされたいわタイプは泣いていい(一応第2世代と第3世代では「げんしのちから」が当時の仕様上命中安定のいわ物理技として使えたものの、威力60・PP5でとても主力として使えたものではない)。

該当卒業要素:1差、4技

ゴルダック


    • 第1世代ではスターミーラプラスと言った強力なみずタイプのポケモンが多く自身は種族値・技共に中途半端で決定的な差別点が皆無で実質的に見劣りしていた。『ポケモンスタジアム2』でとある条件を満たせば「ドわすれ」を覚えたコダックを入手する事が可能であり、同じみずタイプで「ドわすれ」が使えるニョロボンヤドランとは習得技等の面で負けているものの、素早さでは勝っておりある程度の相手に先制で積む事が出来る為一応の差別点は手にした。ただし「ドわすれ」コダックの入手条件が相当手間がかかる上に厳しく、急所に当たりやすい技を使う相手にはどうしようもない為不遇卒業とは言い難い。続く第2世代で特攻が15上昇し、「サイコキネシス」「クロスチョップ(習得はクリスタルから)」を習得したものの平凡な種族値故に火力はそこそこ。だが当時みずタイプで唯一の「クロスチョップ」使いでありその他みずタイプとの明瞭な差別点を得た。「いやなおと」や「じこあんじ」等でお膳立てした後で「クロスチョップ」を繰り出す事で当時の環境の頂点に君臨しているカビゴンを突破する事も出来るようになり不遇卒業。その後第3世代で特性「ノーてんき」を獲得。「ノーてんき」はゴルダックの貴重な差別点となり、天候パーティを台無しにする役割を確立した。第5世代では天候を展開する特性持ちのポケモンが増えた事により「ノーてんき」の重要性も増した他、隠れ特性で「すいすい」を獲得し、雨パのポケモンとしても活躍出来るようになった。USUMでは「みずびたし」「シンプルビーム」「じこあんじ」が揃った唯一の個性を活用し、「ブレイジングソウルビート」型のジャラランガの強力な相方として活躍出来るようになった。
  • カイリキー
該当卒業要素:2種、4技、5タ

カイリキーの クロスチョップ!


該当卒業要素:1差、2種、4技、5タ

ベトォ・・・・!


該当卒業要素:1差、2種、4技、6道

Marowak


該当卒業要素:4技、5タ

新年の夜明け


    • 第1世代出身の伝説の鳥ポケモン。当初はほのおタイプ自体が物凄く不遇な上、覚えられるまともなほのお技が「だいもんじ」と「ほのおのうず」程度であり、更に覚えるまともなひこう技も2ターン技故に扱い辛い「ゴッドバード」と「そらをとぶ」という有様。その為同タイプで「じしん」等のサブウェポンをそれなりに持っていたリザードンに加え、三鳥でもフリーザーサンダーと比較すると不遇気味だった。更にこの世代はこおりタイプの技はほのおタイプに対して等倍であり、当時猛威を奮っていた「ふぶき」の餌食になっていた。だが第2世代でタイプの追加および相性の修正がかかりほのおタイプの需要が拡大しただけでなく、「にほんばれ」の習得で当時の特殊最大火力を手にする事ができた。更に後期のクリスタルではようやく普通に扱えるタイプ一致技の「かえんほうしゃ」を教え技及びレベルアップ(当時はレベルアップを使って習得するには『ポケモンスタジアム金銀』の技思い出しを使う必要があったが)で習得し無事不遇卒業と相成った。その後も「もえつきる」等を習得し、着々と強化されて現在に至る。


第3世代で不遇卒業

前作との互換が切れ、わざマシン等で覚える技やきのみ等の道具が一部変更され、世界観の一部がリセットされた世代。
この世代で特性が初登場。新たな差別化の要素になり、不遇卒業出来たポケモンも多い。道具も一部を除いて変更され現在までほぼ同じ道具が一貫している。また前述の通りダブルバトルが導入されたのもこの世代であり、このルールで独自の道を歩み始めたポケモンも少なくない。同じくこの世代で努力値の仕様変更も施され、その結果不遇入りとなったポケモンも出てきた。
なおこの世代はレベル50制限のルールにより、カイリューバンギラスが使用不能になってしまう。
この世代出身のポケモンはタイプ通りの火力を出すために両刀気質なポケモンばかりで(この時点でもまだ技の分類がタイプ依存だったため)低耐久、もっと悪い場合はかつ鈍足な種族値に設定されたものが多い。後に第4世代で分類の仕様変更が起きたため無駄配分なポケモンが多く出る事に…。
ちなみにRS初期の大会ではグラードンカイオーガが普通に使用可能であった。特性による天候変化が永続的に続いていた(第6世代以降は特性による天候変化が5ターンまでに弱体化した)事も影響し、当時の大会では参加者の殆どがカイオーガを中心とした雨パを使用していた。

該当卒業要素:1差、3特、7役

051


    • 第1世代では高い素早さにより急所発生率がほぼ100%の「きりさく」と、同じく当時は素早さ次第で当たりやすくなる一撃必殺技の「じわれ」で多くのポケモンを一掃可能で、当時よく使われていたゲンガーサンダースキラーとして猛威を奮っていた。しかし第2世代で「きりさく」と「じわれ」が素早さ依存ではない仕様に変更された挙げ句、同世代で大幅強化されたガラガラ(原種)やドンファン等の見劣りになってしまい一旦不遇入りしてしまう。素早さでガラガラ(原種)やドンファン等には勝っているが、同世代では耐久重視の環境である上に「めざめるパワー」の存在も重く、タイプ上有利なサンダースにさえ「めざめるパワー」(氷)でカモられる為、やはり不遇である事は拭えない。しかし第3世代で特性「ありじごく」が追加され、ポケモンの交代を出来なくしつつ高い素早さで攻めるポケモンとしてでんきタイプを打ちのめす役割を確立。第4世代では自身の紙耐久を補える「きあいのタスキ」が登場。更に第5世代では「おきみやげ」を習得し、第7世代では攻撃の20上昇とZワザの導入で火力不足も改善。
  • ウインディ
該当卒業要素:3特、4技、7役

ウインディの しんそく!


    • 第1世代ではほのおタイプが冬の時代であり、更に自身は攻撃が110、特殊が80で当時特殊依存だったほのお技も上手く扱えなかった上に他のほのおタイプが覚える「ほのおのうず」を覚えず戦術面でも大きく遅れを取っていた。続く第2世代では特攻が20上昇し、当時固有技だった「しんそく」(この時はまだ優先度は+1)を習得するもそれ以外の有用点がなく、ガラガラ(原種)のせいで活躍の場すらない始末。だが第3世代で「いかく」を獲得し、「てだすけ」や「オーバーヒート」など有用な技も追加され、更にメタグロスの登場により需要も拡大した。特にダブルバトルでは「いかく」が非常に有用で、「いかく」が効かないメタグロスをほのお技で仕留められるポケモンという固有の役割を持てるようになった。ただしこの世代では一致技以外が振るわなかった為サポートがメイン。そして第4世代以降怒濤の強化ラッシュが始まり今ではすっかりダブルバトルの最メジャーポケモンの地位にいる。
  • ジュゴン
該当卒業要素:1差、4技、7役

ジュゴン


該当卒業要素:3特、4技、7役

マタドガスの のろい!


該当卒業要素:1差、3特、4技、7役

♪


該当卒業要素:3特、4技、7役

he sleeps like this


    • 第2世代当初は同タイプの鈍足アタッカーのカビゴンリングマといった強力な競合相手の存在が重く、数少ない個性となる「へびにらみ」ですら当時は命中率が微妙に低く扱い辛さが拭えなかった(更に当時はゴーストタイプに無効)。しかも耐久も競合相手と比べるとほぼ完敗気味でかくとうタイプの餌食になりやすい…と散々な立場だったが、第3世代で特性「てんのめぐみ」を獲得し、「へびにらみ」からの「ずつき」「いわなだれ」によるまひるみ戦術を確立。一方第4世代以降、同特性でより強力なトゲキッスの登場・かくとうタイプの大躍進・「おやこあい」からの「いわなだれ」を展開するメガガルーラの環境席巻・でんきタイプへのまひ状態無効・トリプルバトルの廃止・まひ状態の弱体化等、ノコッチに対する逆風は各世代ごとに吹いてはいるものの、「てんのめぐみ」と「いわなだれ」が両立出来るアイデンティティは依然保たれており、ダブルバトルでは2体同時怯みが狙える(トリプルバトルでは3体同時怯みも狙える為更に効果的であった)。鈍足低耐久は「トリックルーム」下で運用する事で十分カバーが可能。習得技でも第5世代で新たに習得した「とぐろをまく」でトゲキッスやメブキジカ等とは差別化は出来ている。
  • ハリーセン
該当卒業要素:1差、3特、4技、7役

ハリーセン




第4世代で不遇卒業

この世代でようやく技の分類がタイプに依存しなくなる。その為以前は高い攻撃を持ちながらもタイプ一致技が特殊で使えなかったポケモンが不遇卒業と相成ったケースも多い(逆も然り)。特に全体的に攻撃>特攻の種族値が多かったあくタイプのポケモンがこのケースに多く該当している。
それに伴いどのタイプ(いわタイプ除く)にも物理も特殊も平均以上の威力の技が作られたが、そういった技の習得を施されずに不遇入りとなったケースもわずかに出てきた。
また「きあいのタスキ」「こだわりスカーフ」「いのちのたま」等現環境でも多く使われる持ち物が多数登場し、この世代で登場した道具の恩恵を受けて不遇卒業と相成ったケースも出てきた。
更にゴウカザルガブリアスといった絶妙な種族値を持つポケモンが出始め、対戦環境がより激化。その他これまで登場したポケモンに新たな進化形態が出るなど、不遇入りや卒業が激しい世代でもあり、ある意味ポケモンバトルのターボニングポイントともいえる世代となった。
更にWi-Fiでは初期から、ワイヤレスではHGSSからフラットルールが導入された事で、カイリューバンギラスが再びバトルに出られるようになり、カイリューは同世代で施された様々な強化も相成り不遇卒業を果たした。
この世代では上記の通り絶妙な種族値を持つポケモンや複合タイプに目をつぶれるほど強力な特性を持つポケモンが多く出た他、これまでの世代で出てきたポケモンの新たなる進化形が追加された事で(上記の概要通り卒業という表記ではないが)不遇ポケモンから抜け出せたポケモンも多い。しかしこの既存のポケモンに一気に進化形を増やすというやり方が古参のプレイヤーからの反感を多く招いたのか、これ以降約1匹を除いて既存ポケモンの進化形が出ていない。
ちなみに「トリックルーム」が登場したのもこの世代からで、2007年に行われた『ポケモンリーグDP2007全国大会中学生以上リーグ』の決勝戦ではレベル1のドーブル「トリックルーム」下で活躍し、レベル1戦術が生み出された。

該当卒業要素:1差、3特、4技、7役

Parasect


    • 第1世代から当時猛威を振るっていた「きりさく」と命中100で扱える催眠技「キノコのほうし」を覚えているが、弱点多数と鈍足が祟り「きりさく」を使った所で急所に然程当たらない有様。更に「キノコのほうし」を使う前に落ちる事が多く、催眠使いとしてはより素早いゲンガールージュラに見劣りしていて不遇気味だった。第2世代では「きりさく」の仕様変更により前世代よりも急所に当たりにくくなった上、より素早い「キノコのほうし」使いのドーブルが現れ見劣りに拍車をかけてしまう。更に第3世代ではキノガッサの登場により攻撃面においても見劣りになった上、まともなタイプ一致物理技も無い…と以前にも増して悲惨な状況に立たされた。しかし第4世代で「トリックルーム」の登場で「トリックルーム」下で運用する「キノコのほうし」使いという役割を得たのに加え、まともな威力のタイプ一致物理技「シザークロス」「タネばくだん(習得はHGSSから)」の習得や、新特性の「かんそうはだ」の獲得で雨パに強い催眠使いとして扱えるようになりキノガッサ等との差別化を果たし不遇卒業と相成った。一方第5世代以降では新たなライバルとしてモロバレルマシェードが登場したものの、後の世代で習得した「やどりぎのタネ」や「ワイドガード」で十分差別化は出来ている。
  • ウツボット
該当卒業要素:1差、4技

うつぼっつ


    • 第1世代では当時の仕様上ほぼ確定急所の「はっぱカッター」を武器に活躍していたものの、第2世代以降は同タイプの中でも性能がイマイチ気味に。第4世代で「ヘドロばくだん」の特殊化によりいきなりどくくさ両方の火力不足が露出、フシギバナ等との見劣りの関係で一旦不遇入り。だがプラチナでくさタイプの物理技「リーフブレード」を習得し再びタイプ一致で高い攻撃力を活用できるようになった。その他「ふいうち」や「ウェザーボール」も習得し、アタッカーや晴れパにおいての他のくさタイプにも強くなった。そして第7世代で「どくづき」を習得。かつての火力とまではいかないものの、再び物理どく技を使えるように。USUMでは「ちからをすいとる」を習得。
  • カイロス
該当卒業要素:1差、3特、4技、7役

カイロスのはさむ


該当卒業要素:1差、4技、6道、7役

カイリュー


    • 第1世代からいるドラゴンタイプの600族ポケモン。攻撃は高いがろくな一致技を覚えず、特攻も悪くないが当時特殊扱いだったドラゴン技は有効なものが少なく、せいぜい「でんじは」からの「まきつく」or「つのドリル」位しかまともな戦術が無かった(これらの戦術も第2世代以降では仕様変更で意味をなさなくなる)。しかも第1世代では当時ぶっ壊れ性能だった「ふぶき」のせいで活躍の場さえ無かった。更に第3世代で同タイプで素早さの高いボーマンダが登場し、自身は何と55進化が災いして公式出禁扱いまで受ける始末。だが第4世代で物理ドラゴン技が登場したのに加え、HGSSで公式大会出場も叶った。更に「しんそく」も再び習得可能になりボーマンダとの明瞭な差別化も果たし、高い攻撃も活きるようになり不遇卒業と相成った。同世代で登場した「こだわりスカーフ」の登場も大きい。そして第5世代では強力な隠れ特性「マルチスケイル」を獲得し、「しんそく」の強化もあり先制攻撃持ちに強くなり一気に当時の環境のトップメタへとのし上がった。更に同世代で「ぼうふう」も習得。第6世代では「マルチスケイル」と相性のいい「じゃくてんほけん」も登場し、第7世代ではVC版の第1世代を介す事で「マルチスケイル」と第3世代以降使用不可能になった「つのドリル」の両立も可能になった(ただしレーティングでは使用不可能)。
  • オオタチ
該当卒業要素:1差、6道、7役

すりすり


該当卒業要素:1差、4技、7役

一日一匹金銀ポケモン描いていこう〜No.185


該当卒業要素:1差、3特、4技

太陽神光臨!


    • 以前は鈍足低耐久のくさタイプでこれといった芸当も無く不遇だったが、特性「サンパワー」獲得で晴れ状態限定で特攻が上昇し、高威力の「ソーラービーム」を毎ターン放てるように。鈍足は同じく第4世代で初登場した「トリックルーム」でカバー可能。後の世代で「サンパワー」持ちは増えているが、くさ単タイプである事と教え技で習得可能な「だいちのちから」で差別化が可能。
  • グランブル
該当卒業要素:4技、7役

グランブルッ!


    • 第2世代では同期のリングマや当時の環境で多く使われていたカビゴンといった強力な鈍足物理ノーマルアタッカーの影に隠れていて不遇だった(強いて言うなら当時物理技だった「ヘドロばくだん」で差別化は出来るが、需要的にあまりにもニッチ過ぎる為差別点とは言い難い)。第3世代で特性「いかく」を獲得し差別化に成功したが、同タイプで素早いケンタロス等強力な「いかく」持ちが多い為不遇卒業とは言い難かった(鈍足である事を逆手に取り、ダブルバトルで「いかく」持ちと組み相手の「しろいハーブ」を消費させてからの追撃の「いかく」発動要員としての役割を果たす事は一応出来るが、鈍足の「いかく」要員はクチート等で事足りる為それでも微妙)。しかし第4世代で「トリックルーム」が登場した事で鈍足が活きるようになっただけでなく、鈍足の「いかく」持ち物理アタッカーとしての役割も確立。更に同世代では「かみくだく」も物理化。そして第6世代でフェアリータイプへのタイプ変更が施された他、フェアリータイプで唯一の「じしん」持ちというアイデンティティを得て、フェアリータイプが苦手などくタイプはがねタイプを相手に返り討ちに出来るようになった。
  • グラエナ
該当卒業要素:1差、3特、4技、6道、7役

ゆけ!グラエナ!


該当卒業要素:1差、4技

【一日一体ポケモンお絵描き】 ライボルト


    • サンダースを小さくしたような能力で技バリエーションも微妙、特性も「せいでんき」は他と被り「ひらいしん」は技を無効化できないせいで使い勝手が悪い…といい所が少なかったが、この世代で「かえんほうしゃ」「オーバーヒート」を習得し、でんきタイプでほのお特殊技を放てる数少ない存在として差別化に成功。他にも習得者はいたが、素の状態でガブリアスに先手を取れる点は大きい。続く第5世代では特性「ひらいしん」にでんき無効かつ特攻1段階上昇の効果が付与され大幅強化を果たし、更に第6世代ではメガシンカも獲得した。
  • アブソル
該当卒業要素:4技、6道、7役

アブソル


    • 第3世代で登場したが、攻撃が物凄く高いのにあくタイプの技が全て特殊技扱いだったことに加え、特攻が低く覚えるあく技も「かみつく」の60が最高威力。耐久も低く素早さも半端。しかし第4世代で漸くあくタイプの物理技の登場、物理技のサブウェポンの拡充、更には耐久を補う「きあいのタスキ」の登場で『読み戦術特化のポケモン』として名を馳せるようになった。第6世代ではメガシンカも獲得。攻撃だけでなく特攻も大幅に強化されたことで宝の持ち腐れであった特殊技を存分に使うことができるようになった他、「はたきおとす」の強化も嬉しい。USUMでは「じごくづき」を習得し安定して高火力を出せるようになった。


第5世代で不遇卒業

新たな要素である隠れ特性の登場、連続技の強化、「からをやぶる」や「ちょうのまい」等のチート級の積み技、「いたずらごころ」等のチート級の特性の登場といったように過去の世代出身のポケモンが全体的に大幅に強化された他、新たにトリプルバトルも導入された。
しかしこの世代から新規のポケモンの性能のインフレラインが大幅に上がり、不遇ポケモンとそうでないポケモンとの性能の差が大きく開く事に。また、新規ポケモンの中にも技や種族値の配分に難が生じてそのまま不遇入りになったりと、いよいよ不遇ポケモンという要素が強くなってきた頃でもある。
この世代はポケモン以外にも既存の技や特性の多くが強化及び弱体化された世代でもあリ、「がんじょう」の強化や「だいばくはつ」の弱体化等が施された。「がんじょう」の強化に伴い、レベル1戦術が対策必須レベルになる程の戦術になるまでになった。
またこの世代でニョロトノに「あめふらし」、キュウコン(原種)に「ひでり」が隠れ特性で解禁され、カバルドンバンギラスユキノオー等と合わせて天候パが対戦で蔓延してしまった。
更に進化前のポケモンが持つと耐久が上がる「しんかのきせき」の登場により第2世代で収まった筈の受けループ戦術がぶり返してしまった(しかもこの道具のせいで違う点での差別化を余儀なくされたり進化前にすら劣る不遇へと転落したポケモンも出てしまう)。その上当時のWi-Fi対戦の仕様上切断が多発しまくっていた事もあり、色々な意味で賛否両論の激しい世代となった(後に切断の問題を除きこれがまともに見える程の環境を迎える事になるのだが…)。
余談だがこの世代でとある技の仕様上、ペラップが使用不能になってしまう。

該当卒業要素:1差、3特、4技

すながくれ


    • 第1世代では急所発生率がほぼ100%の「きりさく」に加え、「つるぎのまい」で攻撃力を上昇出来る唯一のじめんタイプとして差別化出来ていた。だが第2世代でガラガラ(原種)と立場が逆転した挙句、「きりさく」も仕様変更を受けて急所発生率がダウンしてしまう。同世代で攻撃と防御に優れるドンファンの登場も相成り、じめん単タイプ最弱にまで転落してしまい不遇入りしてしまう。だが第5世代で隠れ特性「すなかき」を獲得。同世代で習得した「じならし」と組み合わせて鈍足をある程度カバー出来るようになった。同特性のドリュウズとは耐性面と第6世代で強化された「はたきおとす」で差別化可能。
  • ゴローニャ(原種)
該当卒業要素:3特

ゴローニャの逆襲 -超ふきとばし-


    • 第1世代からサイドン及び後の世代ではその進化形のドサイドンの存在もあり肩身が狭く、せいぜい高い防御で物理技を耐えてからの「だいばくはつ」位しか活躍どころが無かった。一応第4世代で「ふいうち(習得はプラチナとHGSS限定)」に加え「イバンのみ」の登場でドサイドン等同タイプの競合相手との差別化自体は果たせたが、同世代で登場した「くさむすび」のせいで「きあいのタスキ」無しでは一撃で崩れる事も多くなり以前よりも活躍し辛くなってしまう。だが第5世代で「がんじょう」の仕様変更により「きあいのタスキ」が要らなくなった事で「だいばくはつ」での同士討ち以外にも様々な動きが出来るように。「ふいうち」との相性も抜群(ただし現在はレーティングでは使用不可能)。第6世代では攻撃が10上昇し、相性のいい「じゃくてんほけん」も登場した。
  • パルシェン
該当卒業要素:3特、4技、6道、7役

パルシェンがからをやぶった!


    • 元々強さの浮き沈みが激しく、第1世代当初は当時最強の防御力を持っていたが、当時脅威の性能を誇ったフリーザールージュラ等の存在が重く、こおりタイプでもあまり使われなかった。第2世代で特殊分離による特防が40ダウンした影響もあり一旦底辺に落ちるものの、クリスタルで「まきびし」習得によりライコウとの組み合わせで一転強力なポケモンとなる。しかし第3世代で努力値の仕様変更により耐久が一気に削られ再び最底辺まで転落。第4世代でも特性「スキルリンク」の獲得以外に大した強化がなされず、当時は「スキルリンク」を習得技の都合上と当時の仕様上活用し辛かった。しかし第5世代で「つららばり」の威力強化と「ロックブラスト」の命中率上昇、そしてチート級の積み技「からをやぶる」を習得。第4世代で獲得した特性「スキルリンク」のおかげで実質威力125の攻撃をぶつけられるだけでなく「きあいのタスキ」持ちや「がんじょう」持ちやミミッキュに対して1発攻撃した後で4発の追撃も可能に。更に同世代で「ハイドロポンプ」も習得した他、隠れ特性の「ぼうじん」も第6世代で強化された。USUMでは「アクアブレイク」を習得しみず物理技が強化された。
  • エビワラー
該当卒業要素:1差、3特、7役

エビワラー


    • 第1世代から性能面で上位互換のかくとうタイプの競合相手が多く不遇気味だったが、第5世代で隠れ特性の「せいしんりょく」を獲得。同世代に登場したコジョンドと被るが、素早さが大きく劣っているおかげで『「トリックルーム」下で「せいしんりょく」と「ねこだまし」を両立でき、高威力で命中安定の「インファイト」が使えるかくとうタイプ』という個性を得た。
  • メタモン
該当卒業要素:3特、7役

メタxメタ


    • 能力が低く「へんしん」しか覚えられない代わりに多くのポケモンとタマゴを作れる事から、専ら孵化要員として見られ戦闘用のポケモンとはみなされていなかったが、隠れ特性「かわりもの」獲得により最高の斥候役及びギャンブル性と爆発力のあるロマンポケモンになり、積み型のポケモンに対してのメタとして活躍。第6世代以降ではメガシンカしたポケモンにもなれる事から、メガシンカポケモンに対する対抗策として重宝されるようになった。
  • メガニウム
該当卒業要素:1差、4技、7役

お菓子時間


    • ジョウト地方のくさタイプ御三家。第2世代では御三家全体で見れば中の下程度の強さではあったが、当時環境のトップに立っていたガラガラ(原種)の攻撃を安定して受けられるだけでなく、当時の耐久型ポケモンに対しても優位に立てられるくさタイプとして独自の地位を得ていた(なおインターネットや対戦ノウハウがあまり普及していない2000年当時では、その性能故に御三家最強とまで言われていた)。しかし第3世代以降の環境変化で一気に弱体化を受け御三家最弱の地位にまで転落してしまい不遇入りしてしまう。「カウンター」や「げんしのちから」等の独自の技を覚えられるとはいえ攻撃・耐久・サポートのどれをとっても中途半端。おまけに「ねむりごな」等のくさタイプの大半が覚える変化技を覚えない。だが第5世代で「いやしのはどう」と「くさのちかい」を習得し、ダブルバトルで湿原状態を展開して相手の素早さを下げつつ相方のHPを回復する役割を得た。この2つの技を組み合わせられるのはメガニウムだけであり、その他くさタイプのポケモンとの差別化を果たし不遇卒業。その他第5世代では「ドラゴンテール」の習得で耐久型の相手にも戦えるようになった他、「マジックコート」の強化も施されて「アンコール」や「ちょうはつ」を使う相手にも強くなった。第7世代ではまひ状態の弱体化により、湿原状態が相対的に強化されたのも嬉しいところ。
  • マグカルゴ
該当卒業要素:1差、3特、4技、7役

バトルしようぜ!


    • 第4世代までは防御こそ高いがHPもそれほど高くない上に弱点面の関係上耐久面が総合的に脆く、積み技や回復技こそあれど鈍足故積む暇もなく倒されてしまいがちで、更に第4世代ではこの時デビューしたヒードランの劣化になりがちだった。しかし第5世代で「からをやぶる」を習得し隠れ特性で「くだけるよろい」を得たことで高速アタッカーとしてヒードランとの差別化に成功。タイプ的にウルガモスほのお・ひこう複合組に滅法強いのも有用な個性になる。耐久型やサポート型としても、第5世代で「クリアスモッグ」、第6世代で「おにび」の命中率上昇と言った強化を受けた結果耐久型も強化された。そして第7世代では隠れ特性「くだけるよろい」の強化に加え、HPと特攻がそれぞれ10ずつ上昇した。
  • ヤミラミ
該当卒業要素:1差、3特

メタルバースト!


該当卒業要素:1差、3特、7役

229


    • 無進化で能力が低くこれといった個性が無く(強いて言えばバルビートが第3世代に「シグナルビーム」「ほたるび」を唯一使えた事程度)その他多くのむしタイプに対し見劣りがちだったが、第5世代でどちらも隠れ特性「いたずらごころ」を習得。どちらも「おいかぜ」や「アンコール」を先制で展開したり出来る他、バルビートは「ほたるび」を先制で「バトンタッチ」、イルミーゼは「あまえる」等を先制で発動する等の芸当を確立し不遇卒業。その他多くの「いたずらごころ」持ちとは第7世代で確立した「アンコール」+「まとわりつく」で差別化可能。同じく第7世代ではどちらも防御が20、特防が10上昇。更にUSUMではバルビートが「とびかかる」を、イルミーゼが「アロマセラピー」を習得。なおイルミーゼが覚える技の一部がその他「いたずらごころ」持ちと被ってはいるものの、タイプや役割で十分差別化は出来ている。
  • ハブネーク
該当卒業要素:1差、4技、6道、7役

ポケモン干支(巳)


    • 高い攻撃と特攻を持ち合わせているもののデビュー当初から高火力タイプ一致攻撃技が無い事が災いし、習得技・特性・種族値の面に加え「へびにらみ」が被る同タイプのアーボックに見劣りがち(一応第4世代で「ダメおし」と「ふいうち(習得はプラチナとHGSS限定)」を習得し差別化自体は出来たがそれでも微妙)だった。だが第5世代で「いのちがけ」を習得し「こだわりスカーフ」を「すりかえ」で押し付けてから「いのちがけ」を使うコンボを確立し不遇卒業。更に同じく第5世代で追加された隠れ特性「すりぬけ」が第6世代で「みがわり」を貫通するようになった事により、「みがわり」を使うポケモンにも上記のコンボが使えるようになった他、「へびにらみ」も強化された。第7世代では「つるぎのまい」を習得したものの、アローララッタが上記のコンボが使えるようになってしまう。しかしタイプ・特性・役割で差別化は十分出来ている。
  • オニゴーリ
該当卒業要素:1差、3特

『ポケモンカード』オニゴーリ


    • それまではオール80の種族値故に尖った性能が無く、せいぜい「ぜったいれいど」と「だいばくはつ」が両立可能なこおりタイプという程度しか差別点が無かった。その為第4世代で登場した分岐進化のユキメノコ他多くのこおりタイプに見劣りがちだったが、第5世代で隠れ特性「ムラっけ」を獲得し差別化に成功。運が絡むが「まもる」「みがわり」と併用してターン稼ぎをしつつ「ぜったいれいど」と交えて無限戦法に持ち込めるように。第6世代からは「ムラっけ」型が本格的に対戦環境で運用されるようになり、ORASではメガシンカも獲得。だがそれと同時に環境では「ムラっけ」型が蔓延し、厨ポケと言われてしまう事も多くなった上メガオニゴーリの採用率が下がってしまっている。
  • ハンテール
該当卒業要素:1差、3特、4技、7役

海の底からコンニチハ


    • 攻撃・特攻が高く鈍足という使いどころが難しい能力で分岐進化であるサクラビスだけでなく様々なみずタイプの競合相手に対して見劣り感が強かったが、第5世代で「からをやぶる」習得。「てっぺき」や「かげぶんしん」と合わせて「バトンタッチ」が出来る。サクラビスとの競合が気になるが、そのまま殴った場合に攻撃上昇が無駄にならない事と「ふいうち」があるのが差別点となる。隠れ特性で「みずのベール」を手に入れた事で相手の「おにび」にも強く出られるように。第6世代では「まとわりつく」、ORASでは「とぐろをまく」をそれぞれ習得。
  • パチリス
該当卒業要素:3特、4技

パチリス! Follow Me!


該当卒業要素:1差、3特、4技、7役

ココロモリ


該当卒業要素:1差、3特、4技、7役

はなびらのまい


    • デビュー当初のBWでは、物理・特殊アタッカー双方としてノクタスを筆頭に多くのくさタイプの競合相手が立ち塞がり、サポート型でも「いたずらごころ」を引っ提げたエルフーンの存在が重く見劣り感が強かった。だがBW2で隠れ特性の「よびみず」に加え、教え技で「てだすけ」も習得。「よびみず」と「てだすけ」を両立出来る唯一の存在としてアイデンティティを獲得し、ダブルバトルでの活躍(特にバクーダとの相性は抜群)が見込めるようになり不遇卒業となった。第6世代では両刀向きのマラカッチと相性のいい技となる「はなふぶき」を習得した他、ORASでは「ニードルガード」も習得し、ダブルバトル向けのくさタイプとしての適性を更に高めた。


第6世代で不遇卒業

新たな要素としてメガシンカが登場。見事恩恵を受けられたポケモンは念願の不遇卒業へと相成った。
その他の要素として、過去の世代出身のポケモンの種族値の上方修正、中~高威力の特殊技の威力低下、新たなタイプとしてフェアリータイプの追加等。その他急所ランク+3で確定急所、これまでのシリーズで教え技化し、多くのポケモンが覚えたものの使い勝手の悪さ故埋もれていた「はたきおとす」が大幅強化される等、若干ピンポイント気味な強化もされたりした。
そしてペラップもようやく「おしゃべり」の仕様変更が施されて対戦環境へ舞い戻り、「ばくおんぱ」の習得も相成り不遇卒業も果たした。
以上のように確かに様々な調整が入って不遇卒業出来たポケモンは多い。しかしこの世代では不遇だろうがマイナーだろうが環境に適応したポケモン以外は活躍し難い環境となってしまっていた。一番の問題としてメガガルーラがルール問わず暴れまくった事は勿論の事、特性により「ブレイブバード」を先制で放てるファイアローによりひこうタイプが弱点のポケモン及び低耐久のポケモンが動かしにくい事等も重なり、その結果自分の好きなポケモンが活躍できないという声で溢れる事となった。そしてその決定的な証拠として『WCS2015世界大会』ではベスト5のトレーナーの手持ちがほぼ丸被り(メガガルーラ霊獣ランドロスは全員手持ちに入っている)するという異例の事態となった。更に比較的プレイ人口の多いシングルレートでは受けループに加え、「ムラっけオニゴーリボルトロスクレッフィのような耐性が非常に優れたポケモンの「いたずらごころ」+「いばる」+「みがわり」を交えた戦術と言った害悪戦術の大幅増加で対戦がつまらなく感じるプレイヤーも増加する事に。
これらの事もあり、この世代は第1世代と並ぶ、あるいはそれ以上のポケモン対戦史上最悪の暗黒期という意見が少なからず出る世代となり、新要素であるメガシンカが賛否両論(リンク先参照)になった原因ともなった(ただこの時点でハードは既にアップデートで環境の調整が可能な3DSであり、他のオンライン向けの任天堂のゲームがこまめに調整している中でポケモンだけがそういった調整をしなかった為、意図的にこういった環境を作っていると考えている人もいる)。こういった問題が重なったことが原因か、第4世代の既存ポケの進化ラッシュと同様に第7世代で新たなメガシンカが追加される事は無かった。新要素であるZワザをピックアップさせる目的もあったのだろうが、どうしてこうも不遇脱出への要素が絶たれるのか…。

該当卒業要素:5タ、8メ

メガスピアー


    • 序盤虫タイプ故第1世代から長い間不遇ポケモンの筆頭として扱われていたが、ORASで例外的な種族値調整による超攻撃特化のメガシンカを獲得。耐久面は相変わらず不安であるものの、これを補う程の圧倒的火力を得た事で文句無しで不遇卒業。第6世代のフェアリータイプの登場によりどくタイプの地位が向上したのも追い風。第7世代ではメガシンカ時のターンの素早さも改善。
  • ピジョット
該当卒業要素:1差、2種、3特、8メ

メガピジョット


該当卒業要素:1差、3特、5タ

きっとあの子はナナシマに


該当卒業要素:1差、2種、4技、5タ、7役

キレイハナとラフレシア


    • デビュー当初から第5世代までの間、同タイプのライバルとの差別点が少なく不遇がちだった。一応どちらも第3世代で「ようりょくそ」を得て若干の強化が施されたが、その他多くのくさタイプのポケモンも同じ特性を得た為差別化にはならず。更にラフレシアに至っては第5世代でフシギバナが隠れ特性で「ようりょくそ」を得てしまい、見劣りに拍車をかけてしまう。一応ラフレシアも隠れ特性で「ほうし」を得て差別化は出来たものの強化と言えるかは微妙。だが第6世代で「マジカルシャイン」「ムーンフォース(習得はORASから)」を習得して実戦的な差別化が可能になり、ドラゴンタイプ等のポケモンに対して一矢報いる事が出来るようになった他、ラフレシアは特攻が10、キレイハナは防御が10上昇した。そしてキレイハナはそして第7世代で優秀な積み技「ちょうのまい」を習得し明瞭な差別化を果たした。なお同タイプの「ちょうのまい」使いであるドレディアとは技範囲の広さで差別化可能。USUMではどちらも「ちからをすいとる」を習得し、物理アタッカーに対して優位に戦えるようになった。
  • ブースター
該当卒業要素:4技

フレアドライブ


    • 第1世代から長い間、唯一王と揶揄される程の不遇の時代を過ごしてきた。一応第2世代では当時物理技だった「シャドーボール」を最も使いこなしていた他、プラチナでの「ばかぢから」に加え第5世代での「ニトロチャージ」と隠れ特性の「こんじょう」で僅かだが強化は施されていた。だがそれでも第5世代までは「フレアドライブ」を習得出来ず、多くの同タイプのライバルに圧倒的に差を付けられていた。しかし第6世代で遂に念願の「フレアドライブ」を習得し、高い攻撃が活かせるようになり火力面と主力技不足も改善。これによりようやく実戦レベルの個性を獲得し、パーティの編成でカバーを行えば十分活躍が見込めるようになり不遇卒業。素早さや物理耐久は相変わらず気になる所だが、「ニトロチャージ」や「おにび」、同世代で新たに習得した「つぶらなひとみ」である程度補える。第7世代ではZワザの導入で、サブウェポンの強化も施された。VC版金銀クリスタルにて再習得した「でんじほう」もこのおかげで有力な差別化要素に(当然制限にかかることは多いが)。現在はブイズパを中心に、特定層のパーティで活躍中。
  • チリーン
該当卒業要素:1差、4技、7役

チリーン


    • 当初から攻撃技で被るサーナイトに加え、第4世代以降では同タイプでかつ同特性のクレセリアアグノム等に劣りがちだった。一応第5世代で「アシストパワー」を習得したが、同タイプだけでもサーナイトやエーフィといった強力なライバルに使い勝手の面で負けている有様。しかし第6世代で「なかまづくり」を習得し、味方ポケモンに「ふゆう」を与えたり敵ポケモンの強力な特性を無力化する芸当を確立し不遇卒業となった。「スキルスワップ」と違い何度も相手を無力化出来るのがプラスポイント。また同世代で「コスモパワー」も習得し、「じこさいせい」を交える事で「アシストパワー」の火力が底上げしやすくなった。そして第7世代ではHPと防御と特防がそれぞれ10ずつ上昇し、USUMでは「ほろびのうた」と「トリックガード」も習得。これらの度重なる強化のおかげでクレセリア等との更なる差別化に成功した。
  • ペラップ
該当卒業要素:4技

/バーン\


    • 第4世代では同期のムクホークトゲキッスの存在が重く不遇がちな上、第5世代では「おしゃべり」の仕様によりWi-Fi対戦への出場すら叶わなかった。しかし第6世代で「おしゃべり」の仕様変更により出場可能になった他、ノーリスクで威力140のタイプ一致技の「ばくおんぱ」の習得、専用技の「おしゃべり」に「こんらん」100%の優秀な追加効果が付き、音の技が「みがわり」を貫通するようになる等、様々な強化が施されようやく普通に戦えるようになった。ORASでは対はがねタイプとして有効な「ねっぷう」と前述の「ばくおんぱ」の両立も可能に。
  • ケンホロウ
該当卒業要素:3特、4技、6道、7役

ケンホロウ




第7世代で不遇卒業

Zワザの登場により多くのポケモンが技の問題を解決する事になり、不遇卒業と相成ったポケモンも出る事に。更に不遇要素として主力技不足が該当する不遇ポケモンも大幅に減少した。
なおこの世代でもいくつかのポケモンに種族値の上方修正が行われたが、前世代が10上昇だけという強化にしては(素早さ以外)微妙すぎるものだったため、上昇数値は10~40となった。
またクイタランが「オーバーヒート」を習得したり、「パワージェム」がまともな岩特殊アタッカーに配られたりと、幾分かポケモンや技のモチーフより性能を優先するようになった。更に状態異常こんらん状態の仕様変更が施された他、トリプルバトルも廃止となった(これにより割を食ったポケモンも出る事に)。
その他SMでは未解禁のメガストーンを少しずつ配布したり、追加の作品で全く新種のポケモンが追加される等の試みも行われた。
当然と言っては当然なのだが、メガガルーラやファイアロー等の前世代で強すぎたポケモンはかなり弱体化され、メガシンカの問題点の一つであった上位のポケモンに採用率が固まるという事は少なくなったり、ファイアローに縛られていたポケモンが動きやすくなった。一方でファイアローが縛っていたポケモンの中には一度波に乗ってしまえば止めることが難しいポケモンも含まれていた事から下記の先制技が縛られやすくなった事もあってかえって動き辛くなったという声も。またボルトロスやクレッフィ等による害悪戦術は大きく弱体化されたものの、「ムラっけ」オニゴーリに関してはノータッチ。寧ろドヒドイデカプ・ブルル等の登場で受けループがより加速し、その対策の一つとしてオニゴーリが上げられるようになった為この辺りの問題に関しては面子が絞られる形でより加速する事となってしまった。
更にチート級の特性を持つミミッキュカプ神等の環境蔓延による圧倒的フェアリー環境、先制技が縛られやすくなった環境への変化に伴い加速した素早さのインフレ、リザードンボーマンダといったアタッカー気質のポケモンが耐久振り+「はねやすめ」+積み技による耐久戦術の流行等によりシングルレートではかえって動きづらくなったという声も…。
その一方、ルールの都合で害悪戦術や受けループが少なめなダブルレートではペリッパーコータス等の強化や上記の前世代で暴れすぎたポケモンの弱体化等もあり、多彩なポケモンが溢れる環境となり、評価としてはかなり高めである(一方で今作ではダブルバトルでの処理落ちが大きい為、別の方向での不満の声も上がっている)。

…と、ここまでが積もっていった世代ごとの状況。果たして今後はどのような対戦環境となっていくのか…。

該当卒業要素:1差、2種、4技、7役

ヨルノズク


    • 第2世代から第3世代までは高い特殊耐久と「さいみんじゅつ」等の変化技が扱える鳥ポケモンとしてそれなりに活躍は出来ていたが、第4世代で同じ高特殊耐久飛行タイプでより優れた種族値を持つトゲキッスの登場で、飛び抜けた長所と言うべき要素の無さが露呈。種族値や有用な技の相対的不足による主力技不足、世代ごとの睡眠状態の仕様変化に振り回される「ふみん」の有用性の不安定さ等の問題に直面し一旦不遇入りとなる。更に第5世代ではトゲキッスと同じく高特殊耐久飛行タイプのバルジーナの登場で更に見劣り気味になってしまった。一応同世代では隠れ特性の「いろめがね」を得た事で差別化自体は果たしている。そして第7世代で特攻が10上昇した事に加え「ムーンフォース」「ぼうふう(習得はUSUMから)」の習得で火力不足を大きく改善した事で不遇卒業。特に「ぼうふう」はメガヤンマも凌ぐ特殊ひこう技の火力となった。確実に「ぼうふう」を命中可能なメガピジョットペリッパーとは「いろめがね」で受け出しさせ難い点で差別化が出来ている。低い命中に関しては一度きりだがZワザで必中化させたり、雨パや「じゅうりょく」下で運用する事で補える。
  • ルナトーンソルロック
該当卒業要素:1差、2種、4技

月と太陽


    • 第6世代まではどちらも一定の役割こそあったものの、低種族値と弱点の多さが原因で扱い辛さが拭えなかった。しかし自身のモチーフの名をかざす第7世代でどちらもHPが20上昇し、ルナトーンは「サイコショック」「パワージェム」、ソルロックは「フレアドライブ」を習得。ルナトーンは新たな競合相手にウツロイドが登場したものの、「だいちのちから」「れいとうビーム」等のサブウェポンや特性等で差別化は可能。一方のソルロックは「おにび」と合わせて物理受けがよりしやすくなった。
  • ミノマダム(ゴミのみの)
該当卒業要素:1差、4技

ミノマダム


該当卒業要素:4技

ひなたぼっこ


    • 当初からブイズ特有の変化技の多さに恵まれていた上物理面と素早さで優れてはいたものの、「ねむりごな」や「やどりぎのタネ」等を覚えない上にHPが低く高い防御もあまり意味が無く不遇気味だった。それでも第5世代で隠れ特性の「ようりょくそ」の獲得に加え、第6世代では「はたきおとす」が強化されたが、決定的な強化点が見出せず不遇感は拭えずじまい。しかし第7世代でZワザが登場した事で、前述の「はたきおとす」に加え、「あなをほる」や「アイアンテール」を強力なサブウェポンとして扱えるようになり攻撃範囲が広まると同時に火力面が強化された。これにより晴れパのアタッカーとしてようやく決定的な強化点を得る事に成功。ブースター同様立ち回り次第で十分な活躍が見込めるようになった。
  • ヤナッキーバオッキーヒヤッキー
該当卒業要素:1差、3特、4技、6道

おさるさん♪


該当卒業要素:1差、4技

スワンナ


    • 当初は同タイプにギャラドスマンタインといった強力なライバルの存在が大きい上、通常特性がどちらも扱い辛く、種族値も中途半端、おまけに強力なみず技に恵まれない状況で不遇だったが、BW2で隠れ特性「うるおいボディ」を獲得して「ぼうふう」等と合わせて雨パでの活躍が見込めるようになり同タイプのライバルとの差別化に成功し、同世代の教え技である「おいかぜ」を展開した後で「がむしゃら」で相手のHPを減らす芸当も出来るようになり一旦は不遇卒業を果たした。しかし第6世代で「するどいめ」の強化こそあったものの、天候そのものが弱体化した影響で「うるおいボディ」の使用価値が暴落し再度不遇入り。続く第7世代でZワザが導入された事で「ダイビング」をZワザにする事でみず技の使い勝手が改善し主力技不足の問題が解消された。だが同タイプのペリッパーが「あめふらし」を獲得してしまい見劣りに拍車をかけてしまった。そしてUSUMで「アクアジェット」「アクアブレイク」を習得し、ようやく安定したみず物理技を得た。「アクアブレイク」こそ同タイプではマンタインやペリッパーも覚えるものの、「アクアジェット」は同タイプではスワンナだけであり決定的な差別点を手にした。
  • クイタラン
該当卒業要素:3特、4技、6道、7役

クイタラン


該当卒業要素:1差、4技、7役

花とラランテス




関連タグ

元々はこの記事に不遇卒業ポケモンも掲載していたが、記事の軽量化等の理由で分割。

こちらは不遇卒業はまず考えられない
こちらも不遇卒業はまず考えられない
ここに該当するポケモンの中で、ごく稀にここに当てはまってしまったケースもある。

コメント