ピクシブ百科事典

ガリタ食堂

がりたしょくどう

フジテレビ系列番組「めちゃイケ」のコーナーの一つ。
目次[非表示]

概要

 岡村隆史が休養明けに減量に励む中、逆に標準体重よりも痩せすぎている矢部浩之を太らせ、理想の体型にするという企画。いわば「ダイエットの逆バージョン」企画であるが、番組内では「デブエット」という造語が使用されている。「ガリタ食堂」と称して、カガリP扮する栄養士のガリタさん(ガリ田ガリ子)と共に、ガリタが普段通っている飲食店を回っては、ガリタと同じ高カロリーメニューをただひたすら食べ続ける。当初は岡村のダイエットに合わせた単発のスペシャル企画だったが、好評であったためレギュラーコーナー化した。レギュラー化後は番宣目的のゲストをメインとしたコーナーになったため、矢部を太らせるという企画趣旨は形骸化したが、一応矢部は全回に参加している。当初は矢部とゲストの体重測定も行われていたが、後に廃止された。

カガリPが常人の数倍の量を食べる大食漢であるため、矢部やゲストは1軒目から完食に苦労する。どうしても食べきれない場合は、ダイエット中の岡村が少し、残りはカガリ(第1回では、ガリタの助手として出演した高橋真麻アナ)が食べる。

 1品食べるごとにカロリーが加算され、どの程度食べているのかが視聴者にもわかるようになっている。ロケで立ち寄った店には「ガリタ出没」という、カガリPが来店することを示すステッカーが貼られる。また、飲食店に行くだけでなく、ガリタの手料理を食べることもある。

2013年7月にはandroidアプリとして、ガリタの出没した店舗を検索できる「ガリタマップ」がリリースされた。


2016年6月にカガリPが営業部に"転属"となり、めちゃイケのスタッフから離れた事に伴い、このコーナーも事実上終了となっている。

めちゃイケ零落の原因?


一般的に”人気コーナー”と称されていたものの、その反面ネット上では放映当時から「デブがただ飯食ってるだけのコーナーなんて、何が面白いんだ?」「矢部やゲストに無理矢理食べさせてるだけのコーナーに意味があるのか?」などと批判的な声が見受けられ、さらに一時期(2014~2015年頃)は毎週の如くこのコーナーばかり放映されていた事もあって、次第に視聴者から辟易され、この時期を境に番組の視聴率は致命的な低迷ぶりを見せるようになってしまう

2016年にカガリPが営業部に“転属”となり、めちゃイケから離れる事が発表された際には「やっとガリタ食堂を観なくて済む!」と歓喜の声が多数寄せられていた。
また、カガリPの“転属”に関しても、『ガリタ食堂を乱発して番組を私物化させ、結果的に取り返しがつかないまでに視聴率を低迷させてしまった責任を負わされた事実上の左遷』だったと推察する声も少なくない(なお、カガリPが異動する羽目になったのは、同時期に番組内で、局全体を騒がせる大問題を起こした彼の影響もあったのではないかと見る向きもある)。

その真偽については定かではないもの、その後、めちゃイケは初代プロデューサーの片岡飛鳥をチーフプロデューサーとして呼び戻すなどの、ガタ落ちしてしまった視聴率の立て直しの為のテコ入れに尽力するも、既に手遅れで、番組自体の大幅な経費削減(その影響によって、同時期のめちゃイケにおける希少な人気コーナーが打ち切りになってしまった)や、他局の裏番組の台頭なども追い打ちとなり、遂に2018年3月31日に番組終了の運びとなった。

そのため、視聴者からは今尚も『めちゃイケの衰退とその終了を招いた原因』のひとつとして本コーナーやカガリPを挙げる声もある。

関連タグ

めちゃイケ 明松功 矢部浩之 食べ歩き 大食い 賛否両論

pixivに投稿された作品 pixivで「ガリタ食堂」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 107

コメント