ピクシブ百科事典

鬼岩島黄太

きがんじまおうた

漫画「九十九の満月」の主要キャラクター。 メイン画像の右側にいる黄色い鬼っ子。
目次[非表示]

がいようじゃ!

誕生日:11月30日
年 齢:11歳

黄鬼(おうき?)で鬼岩島紅の弟。
満月達から金品を盗るためにほむらんと襲うが瞬殺。
襲った理由は、禍神(まがつかみ:祟り神のようなもの)から呪いを受けた姉の紅を助けるため。
事情を知った満月達に助けられ、姉の呪いを解くために満月たちの旅に同行している。

九十九世界の「鬼」は妖怪ではなく、哺乳類オニ科の動物として登場する。
詳細はこちら

出身はおんでこ屋敷ではなく、地上生まれ。
屋敷に来る前は、灰の兄妹という鬼の家族と暮らしていた。
詳細はこちら

わしの事じゃ!

※九十九の鬼文化では「人」の字を「鬼」の字に変えて言葉にする、大昔の風習がある。本項もそれに習い「一鬼(一人)」と表記する。ただし人間に関する事はそのままの表記とする。
作中の鬼岩島姉弟は、人と仲の良かったじいちゃんに習って、人の字を使っている。

容姿

後頭部に生える一本角
鬼状紋(きじょうもん)目のふち
固有色黄色
鬼の特徴元気

黄色の長髪で、角は髪を結って隠している。
半袖着物に袴、「の」のような模様がある前掛けを着ている。両手に甲あて。両足に動物のなめし革を使った靴を履いていると思われる。

言葉使い

一鬼称(一人称)は「わし
Q:黄太のしゃべり方って何弁なの?
A:おじいちゃん言葉です。
いつでも良いおじいちゃんになれるよう、子どもの頃からおじいちゃん言葉をしゃべっている。
元々おじいちゃん子だった黄太は、自然とこの言葉をしゃべるようになってしまったそうな。

性格

とにかく元気鬼っ子。そしてアホの子(詳細は後述)。
お調子者でカミキリムシがカッコイイ・ヒーローに憧れるなど、趣味嗜好は男の子そのもの。
11歳とは思えない幼さで、満月達や姉の紅に甘えたり・遊ぶ姿は幼稚園児並。
優しさもあり、喜怒哀楽の表情豊かさは見ていておもしろい。

臆病者だが、いざという時は子どもながらに命をかけて闘える子!
その覚悟は目を見張るものがあり、大胆な決断・行動力がある。
これは黄太の本質や性格だけでなく、鬼達の歩んできた鬼生(人生)によって、磨き上げられたもの。
黄太「鬼達にとっては、生きることすべてが戦うことじゃから

過去に鬼達を迫害してきた人間への偏見はなく、始め警戒していた満月には助けたもらった事もあって、絶対の信頼をおいている。
人間への偏見を持つ紅に、「時間をかけてもいいから、信頼足りうる人間もいることを知れば良い」と、寛容さを見せた。

鴨川合戦剣術門下生

入門する事に、始め反対していた満月だったが、上記の黄太の覚悟が認められ、鴨川合戦剣術門下生となった。

初めての修行は、基本姿勢で頭の上に水の入った桶を置いたまま、満月が「いい」と言うまでその体勢を維持する事。この時、満月は病み上がりで指示した後もう一眠りしている…。

地味だが長時間、同じ姿勢を続けるのはかなり筋力がいるので、修行を終えた黄太は腕がぷるぷるになった。
満月「あの程度で音を上げるとは、根性がない!
黄太「三度寝し始めたときは、どうしようかと思ったぞ。

アホの子

言葉を間違って使う・自分の歳を数えられないなど、アホっぷりに枚挙が尽きない。
しかしこれら教養の無さには考えるものがある。
10歳にも満たない幼子が、命の危機に晒される放浪の旅で、学校など教育機関に通えていないのである。作中では、貧しさで大人が読書き出来ない描写がある。

なのだが!
鬼技で融合した鐘の重みで動けない・小さい頃から一緒のほむらんを、未だに自分より身長が小さいと思っているなど残念な所がある。

天下の羅刹の力を見よ!

筋力は人の倍以上ある鬼の中で、黄太の筋力は人並み。
鬼の中でも屈指の落ちこぼれだが、本人は気づいていない。
良かった!

鬼技【鬼岸(きがん)の交わり】

物と融合し己の一部として使う能力。
融合する部位は体の一部か全身、どちらか選択可能。

弱点:感覚も共有するため、融合した部位が傷つくと自分も傷ついてしまう事。

鬼技以外に、ケムリ玉などの道具で妖怪と応戦する場面がある。

わしのおしみつけじゃ!! おすみつきな。

九十九の満月:わしらの世界の事じゃ。

鬼岩島紅:姉ちゃーん!
ほむらん:わしの家族であり友じゃ!
鴨川満月:ししょう!!
戦国万妖違:違ネエ!
龍宮殿雪鷹:ゆきたかー!

鬼(九十九の満月):わしら鬼の事じゃ!
灰の兄妹:わしの家族じゃ!じいちゃん元気かのう…。

pixivに投稿された作品 pixivで「鬼岩島黄太」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1140

コメント