ピクシブ百科事典

鬼(九十九の満月)

つくもせかいのおに

漫画「九十九の満月」に登場する種族「鬼」の生態・歴史・文化を解説。
目次[非表示]

曖昧さ回避

1. 漫画「九十九の満月」に登場する種族「鬼」
2.妖怪「

本項では1.について解説する

概要

九十九の満月」の世界(以下、九十九世界)に登場する「」は、妖怪ではなく哺乳類オニ科の動物として登場する。
九十九世界に登場する妖怪のざっくりした定義は“親をもたず無から産まれる存在”。
親から産まれる鬼はこの定義に当てはまらず、鬼を妖怪扱いすると失礼に当たるので注意!

生態と歴史

人より圧倒的に筋量が優れ、産まれながらに鬼技(おにわざ:超能力)を使える。資質としては温厚な性格の者が多く、争いごとを避ける傾向にある。
また人に比べ子どもができづらく、鬼技の暴走による死亡率の高い彼らの繁殖力は、人に大きく劣る。

そんな鬼達にとって双子は大きな意味を持ち、出生率は極めて極めて低い。その反面、産まれた双鬼(そうき)の鬼は特殊な鬼技を持っていることが多く、双子の鬼が産まれる度に歴史は大きく動いてきたといわれている。

歴史上では、拳一つでを割った力の強い鬼:萌黄太夫(もえぎだゆう)や優れた鬼技使い:金色丸(こがねまる)の鬼ヶ島といった伝説がある。

角には鬼技が宿っており力の源。これを加工して薬にすると、誰でも鬼技を使えるため“幻の高需要商品”とされている。大昔から人間はその力を欲し、鬼達を迫害してきた。
50年前に起きた、第二次 天応の乱という大きな戦争の発端となったのが、鬼の角だったとも言われている。

現在は法律が出来て、鬼も安心して暮らせるようになったというが、金銭や鬼技目当てに角を狙う鬼狩(おにがり)に手を染める者がおり、鬼達にとっては今も厳しい世の中。

身体的特徴

鬼と言えばやっぱり角!
鬼によって数や形が様々だが、鬼技(おにわざ:超能力)の強さにはあまり関係しない。角は大きいほどカッコいいと言う鬼文化があり、角の発達が激しい青之助は鬼の中ではイケメン
角が取れると鬼は死んでしまう。角を狙う鬼狩などから逃れるため、黄太のように髪を結って角を隠している鬼もいる。

固有色

肌の色だったり、髪の色だったり、角の色だったりと、様々な所に特殊な色が付いて産まれる。
色(カラー) によってある程度特徴があり、自然と鬼達は自分の色が好きになる場合が多い。また、自分の固有色(パーソナルカラー)を名前に入れるという風習がある。

鬼状紋(きじょうもん)

鬼の肌に現れる帯状のアザ。
消えない蒙古斑みたいなもので、鬼によって現れる箇所が異なる。身体にある角や固有色は家族で大きく異なる場合もあるが、鬼状紋は遺伝しやすいので、親族間では同じ場所に現れる事が多い。

つえー

見た目はさほど人と変わらないが、筋力は人の倍以上ある。
だが黄太のように筋力が人並みの鬼もいる。つえーの要因の一つとして、妖怪のような妖質(ようしつ:汎用性の高いエネルギーを変化させた物質)を持った身体構造もあるからと思われる。これが少なく生まれた鬼は筋力も人並みになってしまう模様。

鬼道

鬼自身が持つ魂魄(こんぱく:汎用性の高いエネルギー)や妖質を扱う分野で、強くなりたい鬼は鬼技と同様に鬼道も鍛錬する。作中では、魂魄使って放つ見えない刃:空爪(からづめ)や指先の妖質を鋭利に変化させて引っ搔く技:鋭爪(えいそう)を使う鬼が登場している。

鬼技

産まれながらに使える超能力。
幼少期から鬼技(おにわざ:超能力)が発現する模様。鬼技の暴走でケガや死亡する事があるため、能力が発現した鬼は力の使用訓練を行う。鬼の場合は人と違い、鍛錬や感情の昂りで進化する事もあり、その伸びしろ・応用力は幅広い。

文化

食文化

人と同じで、妖怪料理(魂魄こんぱく:汎用性の高いエネルギーを多く含んだ生きた料理)も食べる。人と違い妖質(ようしつ:汎用性の高いエネルギーを変化させた物質)もある体のお陰か、不衛生な妖怪料理を食べても食中毒(力の弱い鬼でも)を起こさない。「鬼の秘伝飯」という絶品の料理文化がある。

鬼の衣装

服は人とあまり変わらないが、帯は「鬼留め結び」という鬼特有の結び方(横できゅっと留める)をしている。

鬼の靴

力が強い鬼は、草鞋(わらじ)だとすぐに擦り切れてしまうので、古来より動物のなめし革を使っている。【その28】の靴屋にて、が「だいたい鬼が草鞋なんて欲しがるんじゃねぇよ。」と言っていのはこの事。

言葉は「人」の字ではなく「鬼」の字で話す。

一人、二人」を「一鬼、二鬼」と数えるように人の字を鬼の字に変えて言葉にしている。
例えると「人の振り見て我が振り直せ」は「鬼の振り見て我が振り直せ」になる。
ただしこれは大昔の文化。鬼と人の文化交流は盛んだったため、今の鬼達は言葉をムリに「鬼」の字に直さずに使っている。

だが人間を嫌悪する鬼の場合は人の字を使わず、あえて大昔の鬼文化に習い、鬼の字を無理やり使う者もいる。これは現実世界にもあった戦時下の日本と同じで、敵性外国語として英語などを無理やり日本語に変えて話していた歴史に似ている。

何に変えても生きて勝ち残ること!

鬼が危機的状況(ピンチ)に遭った際に見られる行動。
詳細はリンク先へ

灰の兄妹

人間に親を殺された孤児達が集まった血の繋がらない鬼の家族
詳細はリンク先へ

余談

  • その3】で初めてが登場。
  • その18】で鬼が人間から迫害されてきた歴史を解説。
  • その70】の会話内で、親から産まれる鬼も鬼子(おにご:妖怪と人間のハーフ)も雪男妖怪じゃない事が判明。
  • その117】~【その144】のおしこさ(本編後にある補足説明)で、生態・文化など本格的な解説(※鬼以外の解説もあり)。

九十九世界の「鬼」について、その本格的な説明をするまでに約4年かかっている!
連載当時は、鬼が哺乳類オニ科の動物である事など「今更!?」という感じになった。

関連サイト

公式サイトはこちらから →九十九の満月 - 小雨大豆 - ニコニコ静画 (マンガ)

関連タグ

九十九の満月 鬼技 鬼道(九十九の満月)
九十九の満月・用語一覧
鬼岩島紅 鬼岩島黄太

コメント