ピクシブ百科事典

灰の兄妹

はいのきょうだい

漫画「九十九の満月」に登場する鬼の集団であり家族。
目次[非表示]

概要

人間に親を殺された孤児達が、双子の白鬼を筆頭に集ってできた、血の繋がらない家族

昔、双子の白鬼が龍と旅した事をきっかけに作られた。

弱気を守り、信念をぶち通し、親をなくした鬼の子を―
いや鬼に限らず困ってるやつら、みんなまとめて呑みこむ。

赤も青も白も黒も黄色も緑も、全部全部!
そんな全部の色を混ぜた家族!!

灰の兄弟(灰の兄妹)を作ろうぜ!!

それが、すべての始まりだった。

鬼の角に宿る鬼技(おにわざ:超能力)目当ての鬼狩(おにがり)などに襲われないよう、大鬼船(おおおにふね)のタツ江に乗って各地を旅している。
海や沢の魚を釣る・猪を狩る・キノコの採集といった自給自足の貧しい生活だが、和気あいあいと家族で食卓を囲むなど、ささやかながらも幸福な日々を過ごしている。

家族構成

※九十九の鬼文化では「人」の字を「鬼」の字に変えて言葉にする、大昔の風習がある。本項もそれに習い「一鬼(一人)」と表記する。ただし人間に関する事はそのままの表記とする。

三畳鬼 白牛(さんじょうき びゃくご)

白鬼(びゃくき)で白虎の双子の兄。
灰の兄妹:長兄
下の兄妹達から「白兄(びゃくニィ)」と呼ばれ慕われている。温厚な性格の頼れるお兄さん。
自分が傷つく困難な状況であっても、兄妹達を一番に気遣う鬼格者(人格者)で心の強い精神を持つ。
鬼にとって極めて珍しい双子のため特殊な鬼技(おにわざ:超能力)を使う。

三畳鬼 白虎(さんじょうき びゃっこ)

白鬼(びゃくき)で白牛の双子の妹。
灰の兄妹:長女
下の兄妹達から「白(びゃく)ネエ」と呼ばれ慕われている。不器用ながらも家族を大切にする優しいお姉さん。
だが家族に危害を加える相手には、明確な殺意を持って排除する黒い(ダークな)一面がある。
鬼にとって極めて珍しい双子のため特殊な鬼技(おにわざ:超能力)を使う。

鬼原 黒城(おにはら こくじょう)

黒鬼(くろおに)。
灰の兄妹:次男
鬼一倍(人一倍)の努力家で日々鍛錬に励んでおり、過去の経験から人間を激しく嫌悪している。
兄妹の中で特に三畳鬼兄妹を尊敬しており、白虎(びゃっこ)には子どもの頃に(かなり強引な…)面倒を見てもらった事もあって、強い憧れを抱く。
が不自由な虹(あや)の世話を率先して引き受けるなど、面倒見の良い一面もある。

百々鬼 虹(どどめき あや)

七色鬼(なないろおに) 。
灰の兄妹:三女
生まれつきが悪く、黒城(こくじょう)に何かと面倒を見てもらっている。
争い事は嫌いの不思議系(ミステリアス)なお姉さん。
髪の毛がヘビ七色の派手な色をしており、目に包帯を巻いているが盲目ではなく、目はすこぶる良いという。

鬼頭 怒緑(おにがしら どりょく)

緑鬼(みどりおに)。
灰の兄妹:三男
兄妹一の怠け者でのんびり屋。言う事聞ない、義弟の紫(むらさき)をからかう、皆に内緒(?)でほむらんと黄太(おうた)を誘ってキノコ狩りに行くなど、悪ガキタイプのお兄さん。
だが兄妹達の事は鬼一倍(人一倍)大切に思っている。

鬼洗 桃(おにあらい もも)

桃鬼(ももおに)。
灰の兄妹:四女?
いつも青之助(あおのすけ)と一緒に行動する、兄妹一のおてんば娘。義姉の紅(べに)を慕っている
紫(ゆかり)とは同い年で、身長も頭身も彼女の方がでかいが、立場は桃(もも)の方が上。

鬼瓦 青之助(おにがわら あおのすけ)

青鬼(あおおに)。
灰の兄妹:五男?
体は大きいが小心者。いつも一緒にいる桃(もも)とは、子どもの頃からの付き合い。
作中では珍しい丁髷頭。顔が恐竜のようなスゴイ事になっているのは、角の発達が激しくて骨格から変形しているため。
鬼文化ではイケメンの部類に入る。

鬼ノ辺 紫(おにのべ ゆかり)

赤紫鬼(あかむらさきおに)でむらさきの姉。
灰の兄妹:五女?
下の兄妹達の面倒を見るしっかり者のお姉さん。しかし自分がちゃんと親代わり出来ているかなど弱気(ネガティブ)になる事がある。特に弟・むらさきが危機(ピンチ)になるとテンパって、何も出来なくなる情けない所が…。
数年前は反抗期でした。

鬼ノ辺 紫(おにのべ むらさき)

青紫鬼(あおむらさきおに)でゆかりの弟。
灰の兄妹:六男?
一鬼称(一人称)は「」だが、本当は「」。強がっているが、本当は臆病な性格。
姉・ゆかりを大事に思っている鬼っ子
数年前は甘えん坊アホの子でした。

鬼車 一茶(おにぐるま いっさ)

茶鬼(ちゃおに)。
灰の兄妹:四男?
黒城(こくじょう)と同様努力家で、日々鍛錬し体を鍛えている。真面目な性格で水色(みずいろ)と仲良し。
年長者に見えるが、他の兄妹とは同年代。外見の違いは彼の鬼技(おにわざ:超能力)と関係しているらしい。

鬼更木 水色(きさらぎ みずいろ)

水色鬼(みずいろおに)で三畳鬼兄妹とは親戚の間柄。
灰の兄妹:六女?
鬼見知り(人見知り)で引っ込み思案だが、家族とは明るく元気に接する可愛い鬼っ子。一茶(いっさ)と仲良し。
好きな事は「みんなで食べるごはん
両手がパペットマペットなのは、自身の鬼技(おにわざ:超能力)発動防止のため。

鬼岸島 紅(きがんしま べに)

赤鬼(あかおに)で黄太の姉。
灰の兄妹:次女
兄妹の中でも屈指の鬼技(おにわざ:超能力)使いで、義妹の桃(もも)に慕われている。他の兄妹にも気さくに接する家族思いのお姉さん。密かに白牛(びゃくご)に思いを寄せている。
現在は隻腕だが、灰の兄妹にいた頃は右腕があった。

鬼岸島 黄太(きがんしま おうた)

黄鬼(おうき)で紅の弟。
灰の兄妹:七男?
灰の兄妹にいた頃は、姉ちゃん・じいちゃんがいないと泣きじゃくるなど、幼き鬼っ子だった。
おじいちゃん子だが、姉にもべったり甘える元気アホの子

鬼岸島 橙鉄(きがんしま とうてつ)

橙鬼(だいだいおに)で鬼岸島姉弟のじいちゃん。
灰の兄妹:じいちゃん
鬼達の知恵袋・相談役的な頼れる存在。
普段は「へっちゃらちゃいじゃよっ」とおちゃらけているが、元軍人で戦闘能力は兄妹随一の腕前。

ほむらん

雪男にして、ビックフットにして、ヒバゴンの仲間。
親とはぐれてケガしていた所を怒緑(どりょく)が見つけて、家族の一員になった。
現在は巨体だが、保護された時は成長期前の子どもで、両手で抱えられるほどの小柄だった。
「ほむらん」という名前は白虎(びゃっこ)に付けてもらった。
白虎「ほむほむするから…ほむらんだな。

ミズ江(みずえ)

タコの九十九神(乙女)。
普段は小柄だが、巨大化して闘うことも出来る。
現在は紅(べに)と式神契約しているが、灰色の兄妹にいた頃は白牛(びゃくご)と式神契約していた。

フサ江(ふさえ)

オウムガイの九十九神(乙女)。
ミズ江と同様に普段は小柄だが、巨大化して闘うことも出来る。
作中の描写から、白虎(びゃっこ)と式神契約していたと思われる。

余談

登場経緯

  1. その34「白鬼と赤鬼」:紅の回想で、初めて灰の兄妹の事について触れられた。(表記は兄弟)
  2. その107「鬼技!紅鏡!」:鬼岸島姉弟・ほむらん・ミズ江以外の兄妹がおんでこ屋敷に登場。(表記は兄妹)
  3. その111「古参と新星」:満月達の前に姿を現し、ここから本格的な鬼達の物語が始まる。(表記は兄妹)


サムネイル

色とりどりの鬼達だが、本編では主にモノクロなので色が分かりづらい。そんな鬼達の固有色(パーソナルカラー)は公式サイトのサムネイルで確認できる。パソコンではちょっと見づらいが、アンドロイドやスマホアプリならある程度見易い。
以下、兄妹達のサムネイル話数。
※容姿の違う鬼は【でっかい期(大人)・ちゅうくらい期(若者)】で表記する。
※鬼岸島姉弟・ほむらん・ミズ江は灰の兄妹にいた頃の話数を表記する。

灰の兄妹サムネイル話数
白牛&ミズ江その133:人文化ではイケメン。ミズ江もいるよ!
白虎その134:人文化ではイケメン女子
黒城その117:でっかい期、その136:ちゅうくらい期、その151:・・・。
その127:虹ネェ、色っぺ~
怒緑その121:でっかい期だけど怠けてる期、その143:ちゅうくらい期だけど頑張ってる期。
その120:でっかい期、その139:ちゅうくらい期。だけどあまり見た目変わってn…ドッ(桃タックル)。
青之助その118:でっかい期・その138:ちゅうくらい期。鬼目線ではどれもイケメン
紫(ゆかり)その126:でっかい期のでっかい期その137:ちゅうくらい期の反抗期(左側)
紫(むらさき)その137アホの子(右側)
一茶その125:でっかい期・その140:ちゅうくらい期(右側)
水色その140ガオー(左側)。攻撃力は抜群だ!
その135いい笑顔
黄太&ほむらんその141アホの子と子ほむらん!
橙鉄その142バッチコーン!
フサ江その122:フサ……えっ!?

関連サイト

公式サイトはこちらから →九十九の満月 - 小雨大豆 - ニコニコ静画 (マンガ)

関連タグ

鬼(九十九の満月) 鬼技 鬼道(九十九の満月)
鬼岩島紅 鬼岩島黄太 ほむらん

何に変えても生きて勝ち残ること!

九十九の満月 九十九の満月・用語一覧

コメント