2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

怠け者

なまけもの

怠ける傾向の者。もしくは、哺乳綱異節上目有毛目ナマケモノ亜目の総称。
目次[非表示]

概要

活動意欲が著しく湧かない人物。サボり癖のある人物。
社会に出ても働かない、もしくは必要最低限のことしかやらない、会社にとっては余り嬉しくない人物。窓際族などがこの典型的な例。

重度になると学生なら不登校、成人ならニート又は社会不適合者

一方、有能なのに出世意欲が薄い「有能な怠け者」もいる(『自衛隊彼の地にて、斯く戦えり伊丹耀司とか)。

たまに不正な手段で出世したりする悪質な人物も存在する。楽して稼ぐとはこのことである。

昔話・うさぎのわるぢえ

昔々、何日も干ばつが続いたために、水が得られず森の動物たちは喉が渇いて死んでしまいそうでした。

そこに、うさぎが現れて言いました。「みんなで人間みたいに井戸を掘れば水が手に入る」と。

その言葉に、動物たちはみんな力を合わせて、せっせと井戸を掘りました。
しかし、うさぎだけは岩場に上って高みの見物をしていました。自分が井戸を掘ろうと言い出したのに、他の動物たちを手伝う様子はありません。

そして日が沈むころ、ようやく水を掘り当てて、動物たちは水にありつくことが出来ました。

しかし翌朝、昨日は手伝いもしなかったうさぎの足跡が井戸のすぐ近くに残っていて、動物たちはうさぎの悪知恵に気づきました。
「うさぎは初めから自分達だけに働かせて水を得るつもりだったんだ。」
苦労した動物たちはカンカンです。

そして、悪知恵のはたらくうさぎを捕まえようとするキツネとの知恵比べが始まりますが、うさぎの方が一枚上手、まんまといばらの森を抜け逃げおおせてしまいました。

さて、うさぎはズルい怠け者か、最低限の労力で利益を得た賢者か…?

関連タグ

ナマケモノ動物) 窓際族
働き者(対義語)

ゼークトの組織論

有能な怠け者
有能な働き者
無能な怠け者
無能な働き者(怠け者よりも邪魔な人物)

関連記事

親記事

怠ける なまける

pixivに投稿されたイラスト pixivで「怠け者」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「怠け者」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5485

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました