ピクシブ百科事典

鬼道(九十九の満月)

つくもせかいのきどう

漫画「九十九の満月」に登場する鬼道。 メイン画像は、鬼が使う鬼道のイメージ画(イラスト)。
目次[非表示]

※作中やおしこさ(本編後にある補足説明)、単行本でほとんど説明しきれていない用語なので、ほとんど読者の見解が含まれている事をご了承ください。

曖昧さ回避

  1. 漫画「九十九の満月」に登場する鬼道の事。
  2. 鬼道。日本に伝わる術式の事。

本項では1.について解説する。

概要

九十九の満月」の世界(以下、九十九世界)に登場する妖怪、龍、人自身が持つ魂魄(こんぱく:汎用性の高いエネルギー)や妖質(ようしつ:汎用性の高いエネルギーを変化させた物質)、鬼技(おにわざ:超能力)を扱う分野の事。

強力な力だが、これらの能力・技に耐性を持つ軍神(ぐんしん:人などに造られた妖怪であり兵器)が開発されている。これに対峙した際は式術(しきじゅつ:文字状の回路を介して様々な効果を発現させる技術)などで対抗するしかない。

この分野にある特性別分類法で、鬼技の分類がされている。
詳細は鬼技を参照。

技の種類

妖怪、龍が自身の持つ魂魄(こんぱく:汎用性の高いエネルギー)や妖質(ようしつ:汎用性の高いエネルギーを変化させた物質)を使って繰り出す技一覧。

空爪(からづめ)

鬼や妖怪、龍が魂魄使って放つ見えない刃。人間には使えない技と思われる。

鋭爪(えいそう)

おそらく指先の妖質を鋭利に変化させて、引っ搔く技。作中では鬼や妖怪、龍が使用しており、龍の娘も使用できるか不明。人間には使えない技と思われる。

飛炎(ひえん)

おそらく魂魄を炎状に変化させて放つ技。作中では龍が使用しており、他の種族や龍の娘も使用できるか不明。

龍撃派

おそらく空爪よりも巨大な刃を放つ技(技名は【その97】より)。作中では龍が使用しており、他の種族や龍の娘も使用できるか不明。

関連タグ

九十九の満月 九十九の満月・用語一覧
九十九神(九十九の満月) 鬼(九十九の満月)
鬼技 魂魄(九十九の満月)

コメント