ピクシブ百科事典

鬼子(九十九の満月)

つくもせかいのおにご

漫画「九十九の満月」に登場する人と妖怪の混血種(ハーフ)の事。メイン画像は、龍と人の鬼子。
目次[非表示]

曰くそれはー
妖怪であり妖怪でなく、人であり人でなく、生き物であり死人である。
それが半妖半人の異形の生き物"鬼子(おにご)"

曖昧さ回避

  1. 漫画「九十九の満月」に登場する人と妖怪の混血種(ハーフ)の事。
  2. 鬼の子どもの事。


本項では1.について解説する。

概要

九十九の満月」の世界(以下、九十九世界)では、人と妖怪の混血種(ハーフ)を鬼子(おにご)という。

その出生率は極めて低い(主な理由は後述)が、人と妖怪との愛に種族間の壁は関係なし!
だが…

その46】では、

  • 種族間の壁は、今の時代でもやはり大きい。
  • なにより人間は弱いから、確実に妖怪より早く死ぬ。
難産の理由とは別に、鬼子は望むべきではない事が示唆されている。

その50】では、
  • ただの九十九神という理由で、どんなに子どもが欲しくてもそれは叶わない事
  • 逆に子どもを産める九十九神が羨ましい。
と、やはり(人間)夫の子どもを望む(妖怪)妻の内面が描かれている。

出生率

元々人間と妖怪の間には子どもが出来づらく、出生率は極めて低い。主な理由は、九十九世界に登場する妖怪の身体構造が不安定な生き物だから。

その身体構造は、魂魄(こんぱく:汎用性の高いエネルギー)を変化させた“妖質(ようしつ)”という物で、骨格や臓器の他、血液やタンパク質・脂肪なども作って(そっくりに化けて)体を構成している。

ただしこの「妖質」は不安定な物質なので、放っておくと自然と魂魄に分解され、空気中に逃げていってしまう。そのため九十九神は人としての習性を持って産まれるが、妖怪同士での繁殖・妊娠は不可能。この為、人間と妖怪の間には子どもが出来づらく、鬼子(おにご:妖怪と人間のハーフ)を身籠っても難産になる確率が高い。

逆に言えば、高密度の【魂魄妖質】を持って生まれた妖怪ならば、人の子どもを妊娠出産が可能。作中では、九十九世界の龍と人の間に産まれた龍の娘などが登場している。

余談

その70】の会話で親から産まれる鬼子雪男妖怪じゃない事が判明した。
驚く鬼子「ええ!?」
驚く妖怪「へー」

関連タグ

九十九の満月 異種間恋愛 人間×人外
龍宮殿雪鷹

コメント