ピクシブ百科事典

概念妖

がいねんよう

漫画「九十九の満月」に登場する妖怪の分類例。メイン画像は、「暖かい季節(春)」の概念という触媒(ベース)のイメージ写真画(イラスト)。
目次[非表示]

概念妖ってなんじゃらほい?

九十九の満月」の世界(以下、九十九世界)に登場する『九十九神=妖怪』は物と思いの数だけ存在するが、分類として大きく3つに分かれる。

概念妖季節や風土、 (人の)思想といった生物の概念に、龍脈(大地にある魂の海流)から噴き出る混在した魂が宿って生れる九十九神
寒い」とか「赤い」など、人が共通して認識している事が触媒(ベース)となって妖怪になったもの。

知能の差について

九十九世界に登場する九十九神の知能は各々異なる。この知能差に大きく関わるのが体を構成する魂魄(こんぱく:汎用性の高いエネルギー)内にある【人間の魂魄+物や動物の魂魄】の割合。

誕生する際に、

  • 動物や物由来の(体を構成する)魂魄が多いと、(単純な思考回路になる)知能の低い獣などの型(タイプ)
  • 人間由来の(体を構成する)魂魄が多いと、(高度な思考回路になる)知能の高い人型(タイプ)
になる。
その他詳細は九十九神(九十九の満月)を参照。

知能の低い獣などの型(タイプ)

獣というより精霊妖精のような妖怪と認識した方が分かりやすいかもしれない。自然の概念が触媒(ベース)の概念妖なら、自然の力そのものを小さな体に秘めた存在。例えば” の概念妖” なら、誤って触れると火傷して「あれ噛むぞ!」、「それは大変だ!!」という事になるので要注意。

知能の高い人型(タイプ)

作中では人間に関する概念が触媒(ベース) の概念妖が登場している。その為なのか物化妖(ものばけよう:物が触媒(ベース)の妖怪)や生物妖(せいぶつよう:生物が触媒(ベース)の妖怪)に比べ異形の姿・強力な力を持った人型の九十九神を確認できる。

関連タグ

九十九神(九十九の満月)
妖怪 九十九神 付喪神
擬人化 精霊 妖精

物化妖(ものばけよう:物が触媒(ベース)の妖怪)
生物妖(せいぶつよう:生物が触媒(ベース)の妖怪)
無形妖( むけいよう:体をある程度自在に変形出来る妖怪)

鬼子(おにご:妖怪と人間のハーフ)


禍神 (まがつがみ)・・・死んだ生物の思いが形になり、体を自由に変化出来るが、本能のままに行動する。

コメント