ピクシブ百科事典

生物妖

せいぶつよう

漫画「九十九の満月」に登場する妖怪の分類例。メイン画像は、オレンジ色?の虫を触媒(ベース)に生まれたと思われる生物妖が隠れているイメージ写真画(イラスト)。
目次[非表示]

生物妖ってなんじゃらほい?

九十九の満月」の世界(以下、九十九世界) に登場する『九十九神=妖怪』は物と思いの数だけ存在するが、分類として大きく3つに分かれる。

生物妖は動物だけでなく、植物や菌類までふくむ生物全般を触媒(ベース)に、龍脈(大地にある魂の海流)から噴き出る混在した魂が宿って生れる九十九神。

触媒(ベース)が単体の者や他の生物と混合した物が触媒(ベース)の妖怪もいる。

知能の差について

九十九世界に登場する九十九神の知能は各々異なる。この知能差に大きく関わるのが体を構成する魂魄(こんぱく:汎用性の高いエネルギー)内にある【人間の魂魄+物や動物の魂魄】の割合。

誕生する際に、

  • 動物や物由来の(体を構成する)魂魄が多いと、(単純な思考回路になる)知能の低い獣などの型(タイプ)
  • 人間由来の(体を構成する)魂魄が多いと、(高度な思考回路になる)知能の高い人型(タイプ)
になる。
その他詳細は九十九神(九十九の満月)を参照。

知能の低い獣などの型(タイプ)

触媒(ベース)となった動物や植物、菌類の性質特徴を持つ妖怪。中には言葉を喋れなくとも、人や知能の高い妖怪と意思疎通が出来る知能の高いタコオウムガイが触媒(ベース)の生物妖が登場しており、そのような九十九神は式契約(しきけいやく:妖怪などと従属契約を結ぶ事)を結んで相棒のような頼れる存在となる。

知能の高い人型(タイプ)

触媒(ベース)となった動物や植物など生物の性質・特徴を持つ人型の生物妖。

例えば、

  • が触媒(ベース)なら手足合わせて6本の個体差で容姿は異なる生物妖
  • 植物が触媒(ベース)ならの性質・特徴を持つ生物妖
といった人型の九十九神を確認できる。

作中に登場する生物妖例

海妖(かいよう)
に生息していた生き物が触媒(ベース)の生物妖。中には、見た目が軟体系で、内臓に幽門垂(ゆうもんすい:で見られる内臓。ある人の例えではイソギンチャクのような形らしい。)がある魚類に近い身体構造の海妖がいる。このような妖怪は頑丈だが、えてして短命な者が多いらしい(長命の妖怪による経験則より)。

海妖の例をあげると…。


植物妖(しょくぶつよう)
といった植物が触媒(ベース)の生物妖。

昆虫妖(こんちゅうよう)
昆虫が触媒(ベース)の生物妖。又は昆虫神の事。

関連タグ

九十九神(九十九の満月)
妖怪 九十九神 付喪神
妖質変化(ようしつへんか:妖怪の変化能力)

概念妖(がいねんよう:人などの概念が触媒(ベース)の妖怪)
物化妖(ものばけよう:物が触媒(ベース)の妖怪)
無形妖(むけいよう:体をある程度自在に変形出来る妖怪)

鬼子(おにご:妖怪と人間のハーフ)


もしかしてこれも生物妖?

pixivに投稿された作品 pixivで「生物妖」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 156

コメント