ピクシブ百科事典

コウベエ

こうべえ

漫画「九十九の満月」に登場する生物妖(せいぶつよう:生物が触媒(ベース)の妖怪)の一種。メイン画像は、触媒(ベース)であるクラゲというイメージ画(イラスト) 。
目次[非表示]

概要

名前コウベエ
妖怪の分類生物妖(せいぶつよう:生物が触媒(ベース)の妖怪)
命紋(※1)「海」の字(※2)
初登場その1

※1みょうもん:己を示す紋章の事
※2【その122】のコウベエ(特盛)より

九十九の満月」の世界(以下、九十九世界) に登場する、クラゲが触媒(ベース)の生物妖
クラゲデフォルメして目玉が生え、短い触手のような物が生える大きながある妖怪。海妖(かいよう:海の生き物が触媒(ベース)の妖怪)だが、を飛べる。
姿はコレコレに似る。

体のほとんどは水分知能は低い。蛇の目傘以外の動いている獲物はなんでも食べてしまうが、食べた後しばらくすると獲物を生きたまま、そのままに排出する迷惑だが安全な妖怪
図体がばかでかいから、近くにいたらすぐに分かる。

その1】では、とある人物やんちゃしたせいで頭と胴体が分かれた状態で登場した。胴体だけの状態で空を飛び続け、生命力は強い模様。

余談

痛々しい姿で初登場したコウベエ本来の姿は、

  • 単行本3巻にある妖怪商人の紹介文(ページ)にて、その食事場面(シーン)が描き下ろし
  • その122】では、「特別頑丈 特大海妖 コウベエ(特盛)」という特大版(サイズ)
で確認できる。


関連タグ

九十九神(九十九の満月)
妖怪 九十九神 付喪神
海洋生物 クラゲ

生物妖(せいぶつよう:生物が触媒(ベース)の妖怪)

コメント