ピクシブ百科事典

蛇の目傘(九十九の満月)

つくもせかいのじゃのめがさ

漫画「九十九の満月」に登場する物化妖(ものばけよう:物が触媒(ベース)の妖怪)の一種。メイン画像の龍娘が持っている傘の妖怪。この妖怪の大親分である【大蛇の目(だいじゃのめ)】も合わせて解説する。
目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. 漫画「九十九の満月」に登場する妖怪【蛇の目傘(じゃのめがさ)】の事。
  2. 蛇の目模様を描いている和傘:蛇の目傘


本項では1.について解説する。

概要

名前蛇の目傘(じゃのめがさ)
妖怪の分類物化妖 (ものばけよう:物が触媒(ベース)の妖怪)
命紋(みょうもん:己を示す紋章)目玉のような紋
初登場その1


九十九の満月」の世界(以下、九十九世界) に登場する傘が触媒(ベース)の物化妖
恐らく唐傘が触媒(ベース)で、の上に目玉がある以外はそのまんま傘の姿をした妖怪。

九十九世界では蛇の目傘を利用した『九十九貸し(※)』という商売があり、おんでこ屋敷(空を飛ぶ巨大なお化け屋敷で本作の舞台)の危険な荒れ部屋『広沙の部屋』に入る時にはぜひ持っておきたい九十九神。
※九十九貸し(つくもかし)とは、危険な荒れ部屋前に大抵一つは危険を回避できる道具や妖怪を貸し借りする商売の事。

広沙の部屋に生息?しているクラゲの妖怪“コウベエ”に食べられないように、身を隠すための傘の妖怪“蛇の目傘”を扱うというもの。買うと高級な傘ではあるが、そこで借りると経済的である。
賃借(レンタル)した蛇の目傘は、借り主が部屋を渡り終えると勝手に飛んで帰る。だがとある一件で広沙の部屋にコウベイがいなくなった時は一足早く店に帰った。

くれぐれも死んだ傘を掴まされないように注意。

用心棒の妖怪「やっぱ借りるならメスだよな!」
旅人の人間「メスだったんだ…」

大蛇の目

名前大蛇の目(だいじゃのめ)
妖怪の分類物化妖 (ものばけよう:物が触媒(ベース)の妖怪)
命紋(みょうもん:己を示す紋章) 人の片目のような紋
初登場その14


蛇の目傘の大親分。
おんでこ屋敷(空を飛ぶ巨大なお化け屋敷で本作の舞台)『笹垣の間』でよく捕られるという。
同じくおんでこ屋敷『広沙の部屋 雨の間』で、とある商売に協力する従業員として登場した。

関連タグ

九十九神(九十九の満月)
妖怪 九十九神 付喪神
蛇の目傘 唐傘

物化妖(ものばけよう:物が触媒(ベース)の妖怪)

からかさお化け・・・傘の妖怪。

pixivに投稿された作品 pixivで「蛇の目傘(九十九の満月)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9

コメント