ピクシブ百科事典

釜かぶり

かまかぶり

漫画「九十九の満月」に登場する物化妖(ものばけよう:物が触媒(ベース)の妖怪)の一種。メイン画像は、触媒(ベース)である使いこまれた釜戸と台所というイメージ画(イラスト) 。
目次[非表示]

概要

名前釜(かま)かぶり(※名前は【その43】より)
妖怪の分類物化妖 (ものばけよう:物が触媒(ベース)の妖怪)
命紋(みょうもん:己を示す紋章)不明
初登場その43


九十九の満月」の世界(以下、九十九世界) に登場する、よく使いこまれた釜戸と台所が触媒(ベース)の物化妖
二足歩行触手キノコに似たものが生えた軟体動物のような妖怪で、釜戸を背負った姿をしている。

下級物化妖で生き物は襲わないが、妖怪の多くは前世の記憶に縛られるので、元が釜戸と台所だった“釜(かま)かぶり”は釜戸に溜まったを食べる妖怪。その際、自分より大きな釜を見つけると貝の触手のような部位を伸ばして、ヤドカリのごとく背中の釜を背負い換える習性を持つ。

なので、ある日突然、家の釜が一回り縮んだ様に感じたのならば、周りをよく探してみてほしい・・・
さすれば、きっとそこには…
一回り大きくなった釜かぶりを見つけることができるだろう…。

だが…

おんでこ屋敷(空を飛ぶ巨大なお化け屋敷で本作の舞台)『土間の間』(が無く、草原のような地面と空が広がる部屋)に生息する釜かぶりは、人間の何倍もある巨体で(背負うも巨大で)歩く姿を確認できる。

龍の娘「もう…何が何やら…」

余談

その103】のおしこさ(本編後にある補足説明)では“かまどかぶり”の名で紹介されている。名前が…というのは本作でよくある事

関連タグ

九十九神(九十九の満月)
妖怪 九十九神 付喪神
かまど 日本家屋 擬獣化

物化妖(ものばけよう:物が触媒(ベース)の妖怪)

おさんどん・・・台所仕事をする女中、または台所仕事全体を指す言葉。

コメント