ピクシブ百科事典

物化妖

ものばけよう

漫画「九十九の満月」に登場する妖怪の分類例。メイン画像は、触媒(ベース)の物(ほうちょう)というイメージ写真画(イラスト) 。
目次[非表示]

物化妖ってなんじゃらほい?

九十九の満月」の世界(以下、九十九世界) に登場する『九十九神=妖怪』は物と思いの数だけ存在するが、分類として大きく3つに分かれる。

物化妖自然物人工物などの触媒(ベース)に、龍脈(大地にある魂の海流)から噴き出る混在した魂が宿って生れる九十九神。又は「物化け妖怪」と呼ばれる事もある。

九十九世界では歴史有名な物が触媒(ベース)で、それが贋作という本物でない物が触媒(ベース)の物化妖が確認されている。しかし九十九神は込められた魂が妖怪となったものなので、思いが本物ならば真偽の程は問題ないのです!


知能の差について

九十九世界に登場する九十九神の知能は各々異なる。この知能差に大きく関わるのが体を構成する魂魄(こんぱく:汎用性の高いエネルギー)内にある【人間の魂魄+物や動物の魂魄】の割合。

誕生する際に、

  • 動物や物由来の(体を構成する)魂魄が多いと、(単純な思考回路になる)知能の低い獣などの型(タイプ)
  • 人間由来の(体を構成する)魂魄が多いと、(高度な思考回路になる)知能の高い人型(タイプ)
になる。
その他詳細は九十九神(九十九の満月)を参照。

知能の低い獣などの型(タイプ)

触媒(ベース)となった自然物や人工物などの性質・特徴を持つ動物のような妖怪。中には人の背丈の何倍もある巨大な物化妖が登場している。

下級物化妖の場合、そのほとんどは食事する事なく、生命・体を構成する妖質(ようしつ:汎用性の高いエネルギーを変化させた物質)の維持が出来る模様。だが下級物化妖でも食事をする個体もいる。妖怪の多くは前世の記憶に縛られるので、その縁(えにし)に準じた捕食行動をする。
その3】では、元が砂糖瓶だった【見ため通りの甘いやつ “みつつぼ”】が、お砂糖の匂いにゴウッと寄ってきて、龍の娘が放った金平糖を食べる場面がある。

知能の高い人型(タイプ)

触媒(ベース)となった自然物や人工物などの性質・特徴を持つ人型の物化妖。

例えば、

  • 武器が触媒(ベース)なら頭部に防具のような仮面銃口が生える物化妖
  • 日用品が触媒(ベース)なら草履(九十九世界では““とも呼ばれる模様)にある鼻緒のような手を持つ物化妖
といった人型の九十九神を確認できる。

これらの妖怪達は、触媒(ベース) となった物の性質・特徴を活かして、妖怪組織の武闘派隊に所属したり靴の商いなどの職業に就いている。

作中に登場する下級物化妖例


丸轡(まるぐつわ)
初登場時は主人公達をどえらい表情で襲ってきた妖怪。生き物は襲わないはずの(下級)物化妖だったはずだが…?

みつつぼ
砂糖瓶(壺)が触媒(ベース)の妖怪。

蛇の目傘(じゃのめがさ)
傘が触媒(ベース)の妖怪。大蛇の目(だいじゃのめ)という、この妖怪の大親分を含め商いに利用される物化妖。

釜かぶり(かまかぶり)
よく使いこまれた釜戸と台所が触媒(ベース)の妖怪。

関連タグ

九十九神(九十九の満月)
妖怪 九十九神 付喪神
擬人化 擬獣化
化型( ばけがた:妖怪の大掛かりな変形能力)

概念妖(がいねんよう:人などの概念が触媒(ベース)の妖怪)
生物妖(せいぶつよう:生物が触媒(ベース)の妖怪)
無形妖(むけいよう:体をある程度自在に変形出来る妖怪)

pixivに投稿された作品 pixivで「物化妖」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 90

コメント