ピクシブ百科事典

みつつぼ

みためどおりのあまいやつ

漫画「九十九の満月」に登場する物化妖(ものばけよう:物が触媒(ベース)の妖怪)の一種。メイン画像は、触媒(ベース)である(現代の物だが)砂糖瓶というイメージ画(イラスト) 。
目次[非表示]

概要

名前みつつぼ
妖怪の分類物化妖(ものばけよう:物が触媒(ベース)の妖怪)
命紋(みょうもん:己を示す紋章)壺のような紋
初登場その3


九十九の満月」の世界(以下、九十九世界) に登場する砂糖瓶(壺)が触媒(ベース)の物化妖
人の何倍もある巨体で、頭部は触媒(ベース)の砂糖瓶(見た目は)に目と髭のような鶏冠(とさか)が付いている。壺状の頭部の底部分から毛のようなものと尻尾が生えており、空を飛んでいる

下級物化妖で生き物は襲わないが、妖怪の多くは前世の記憶に縛られるので、元が砂糖瓶(壺)だった“みつつぼ”は、お砂糖の匂いにすぐ寄ってくる。

とある屋敷の料理人(妖怪)は、よくみつつぼ砂糖とられてしまい泣かされているらしい。

余談

本作でチョコチョコ登場する下級物化妖。空に放り投げた金平糖にすぐ寄ってきて、雪男(体重:320kg)が頭の上に乗っても、意に返さない様子で空を飛ぶ事が出来るただの甘いヤツではない。

関連タグ

九十九神(九十九の満月)
妖怪 九十九神 付喪神
砂糖 擬獣化

シュガーポット
甘ーーーい!

物化妖(ものばけよう:物が触媒(ベース)の妖怪)

こいのぼり・・・容姿がこれに似る。

pixivに投稿された作品 pixivで「みつつぼ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 42

コメント