ピクシブ百科事典

しらね型護衛艦

しらねがたごえいかん

海上自衛隊が保有するヘリコプター搭載護衛艦の艦級。

概要

先代のはるな型護衛艦の発展型であり、イージスシステム搭載DDGであるこんごう型護衛艦が建造されるまでは、海上自衛隊最大の護衛艦で、名実共に海上自衛隊の顔であった。なお、設計に蒸気機関及びマックを採用した自衛艦は本型が最後である。

はるな型からの変更点としては、哨戒用ヘリコプター3機を搭載する格納庫と離着艦用甲板が船体後半部分を大きく占めているため、それ以外の艦上構造物が船体前部寄りの特徴的なシルエットとなっている。また、固定兵装も船体前方の艦橋前部に集中配置されている。さらに、全体的な構造を踏襲しつつも離着艦用甲板が若干拡張され、指揮管制能力向上を図り艦橋構造物が1層追加されて大型化している。

システム的な面で特徴的なのは、護衛艦で初めてデータリンクであるリンク11や海洋戦術情報システムへの対応がされた点また、レーダーが刷新された点である。またソナーはしらねが可変深度式、くらまが曳航式のものをアメリカから輸入し、自ら音を出し潜水艦を探すアクティブ式から相手の音を拾うパッシブ式の対潜作戦へのターニングポイントとなっている。

ヘリコプター搭載護衛艦としては、全通甲板と搭載・整備・運用能力を大幅に強化し指揮能力を加えたひゅうが型護衛艦が後継艦となっている。護衛艦ひゅうがが就役した同日に護衛艦はるなが退役し、同時に第1護衛隊群旗艦であった護衛艦しらねも護衛艦ひゅうがと交代し第3護衛隊群旗艦に転属となった。現在の海上自衛隊ではひゅうが型護衛艦のDDHを中心としたグループとイージス艦のDDGを中心としたグループとして運用する等の護衛艦隊の体制変更や新DDHに順次代替する予定であることから、今後の機動艦艇はひゅうが型同様の全通甲板型のヘリコプター搭載護衛艦、汎用護衛艦、イージスシステム搭載ミサイル護衛艦を主とした運用と新造へと移行し、旧来のヘリコプター搭載護衛艦であるしらね型はその役目を終え、ひゅうが型以降に引き継いでいくことになる。

艦名は山岳名である「こんごう」と「きりしま」になる予定だったが、当時の防衛庁長官だった金丸信が、自らの選挙区にある白峰三山北岳の俗称、白根山からとって、「しらね」とすることを推したため、このような変則的命名となった。「こんごう」「きりしま」は、後にこんごう型護衛艦に採用された。

関連タグ

護衛艦 イージス艦 巡洋戦艦
戦艦鞍馬 白根 しらね くらま

pixivに投稿された作品 pixivで「しらね型護衛艦」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8262

コメント