ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

海上自衛隊ヘリコプター搭載型護衛艦(DDH)のひとつで、しらね型護衛艦の1番艦として1980年に就役した。

就役当時の「しらね」は当時最大の護衛艦であり、旗艦設計のためVIPを接遇できる公室等の設備を備えることから、国内の政府関係者の査察を始め各種広報協力等を行い、また観艦式においては国際観艦式も含め現在最多となる10度の観閲艦を務め上げ、国内外を問わず露出の多い艦でもあった。

艦名の経緯

本来は「はるな」「ひえい」に続き、「こんごう」となる予定であったが、当時の防衛庁長官金丸信によって、彼の選挙区で山梨県にある山「白根山」から「しらね」に変えられてしまった。
(なお 「くらま」も本来は「きりしま」になる予定であった。)

能力

排水量 5200t
全長  159m
全幅  17.5m
CIWS・アスロック・哨戒ヘリコプターを搭載。

哨戒ヘリコプターはHSS-2A/B3機を搭載。常に1機を運用可能である。1990年代以降はSH-60に更新。

退艦・標的艦に

2015年 いずも型護衛艦いずも」が進水し、入れ替わりにしらねは退艦した。
除籍後、航空自衛隊の新型ミサイルの実験のため艦型標的に改造された。

関連タグ

はるな型護衛艦 ひゅうが型護衛艦 いずも型護衛艦 
くらま:2番艦
いずも:後任

関連記事

親記事

しらね型護衛艦 しらねがたごえいかん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「しらね」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1951

コメント