ピクシブ百科事典

鬼技

おにわざ

漫画「九十九の満月」に登場する超能力の事。 メイン画像は鬼が使う鬼技のイメージ画(イラスト)。
目次[非表示]

概要

九十九の満月」の世界(以下、九十九世界)に登場する超能力の事。

人が後天的な努力で手にする神技(かみわざ)とは一線を画すものであり、達が産まれながらに持つ、固有の能力の事である。
その能力はによって様々で、中には島一つを"産んだ"者(※)さえいるという…。
※優れた鬼技使い:金色丸(こがねまる)の鬼ヶ島と思われる。

名称の語源は、の持つ特殊な力からきている。転じて稀に人や妖に宿る特殊な力もまた“鬼技(おにわざ)”と呼ばれている(詳細は後述)。

作中やおしこさ(本編後にある補足説明)で、鬼技とは『固有の能力』や『特殊な力』など様々な表現がされている。分かり易く理解するため、別記事や項目の初表記は「鬼技(おにわざ:超能力)」とする。

鬼の場合

全てのが産まれながらに持つ固有の能力。人と違い、鍛錬や感情の昂りで進化する事もある。
角には鬼技(おにわざ:超能力)が宿っており力の源。これを加工して薬にすると、誰でも鬼技を使えるため“幻の高需要商品”とされている。
その他詳細は鬼(九十九の満月)の記事を参照。

人の場合

稀に不思議な力を持って産まれる人間が存在する。こちらも鬼の力にあやかって“鬼技(おにわざ:超能力)”と呼ばれる。
作中では、家系や突然変異?で鬼技持ちの人間が登場している。

妖怪の場合

本来の定義は“人と鬼が使う特殊な力”を“鬼技(おにわざ:超能力)”と呼ぶのが正しいのだが、いつの間にか【“不思議な力”=“鬼技”】となって九十九世界に浸透している。だから妖怪が言う鬼技は、じつは言ったもの勝ちの能力!
なぜなら大抵の妖怪は、鬼技とは別の不思議な力を持っているから…。

小雨「なので妖怪達の言う鬼技は【自慢の特殊能力=鬼技】と、とらえてもらってもかまいませんよ!」

因みに鬼技を使える経緯は、産まれつき?や突然発現したりと妖怪によって様々。

種類

九十九世界の鬼道(きどう)という分野にある特性別分類法の分種(ぶんしゅ)で、鬼技(おにわざ:超能力)の分類がされている。
自身が持つ魂魄(こんぱく:汎用性の高いエネルギー)を消費して鬼技を発動するようだが、鬼技体質で魂魄は消費せず?常時発動する能力者もいる。

鬼型あり

自身が持つ魂魄で?作った鬼技の形がある型(タイプ)。この鬼型を介して能力を発現させる。
主に中・遠距離系で効果が及び、自他共に影響を与える空間系・精神系の能力者が登場している。

鬼型なし

鬼技の形がない型(タイプ)。自身が持つ魂魄を消費もしくは体質で、自分の体を介し能力を発現させる。
主に近・中距離系で効果が及び、自他共に影響を与える強化系・変化系の能力者が登場している。

鬼眼

鬼技の宿る瞳【鬼眼(きがん)】。自身が持つ魂魄を消費もしくは体質で、視認した対象の解析・自他共に影響を与える空間系・強化系・変化系の能力などが登場している。
効果範囲は鬼眼によって様々だが、「視る」事で発動し最も能力の幅が広い型(タイプ)。

余談

鬼技の種類について連載時は、

  • 鬼眼の詳細が【その60】の作中。
  • 鬼型ありの事が【その136】のおしこさ(本編後にある補足説明)。
  • 鬼型なしの事が【その141】のおしこさ
と、かなりの月日・話数がかかって解説された。

関連タグ

九十九の満月 鬼道(九十九の満月) 魂魄(九十九の満月)
九十九の満月・用語一覧
鬼(九十九の満月) 九十九神(九十九の満月)
超能力 超能力者

コメント