ピクシブ百科事典

サル(月歌の始まり)

さる

妖怪漫画「月歌の始まり」に登場する半妖(キャラクター)。かつて主人公・桃にお供していた一人。
目次[非表示]

概要

小雨大豆妖怪漫画月歌の始まり」に登場する鬼子(おにご:妖怪人間から産まれた半妖)で、かつて主人公・にお供していた一人。

聡明口達者な男。一行の頭脳担当・まとめ役を担っていた苦労人

容姿

サルは半妖鬼子(おにご)」であり、作中では「人外」だと差別的な風評が広まっているも、外見は人間の成人男性そのもので目立った異形はみられない。


上品な着物と羽織ものを身につけ、本人の不健康な印象と合わさりヤクザ然とした風貌。極めつけというか、懐には匕首(あいくち:よくヤクザが持っている短刀で目にする鞘のない刃物)を忍ばせている。

髪の毛を後方に撫で付けた頭(オールバック)。目にがあり、やさぐれ感のある顔立ち。顎には、半首(はつむり)の面頬(めんぼお)みたいなの保護具(プロテクター)を付けている。


両手には手袋をしており、それを外すと真っ赤な手指をした「申之手(さるのて)」が露になる。

人物

江戸弁の口調で、無頼漢(アウトロー)な空気が漂うも品性を感じさせる物言いをする。実際、高い教養のある言葉遣いで、巧みな口論はお手のもの。論理的な思考に長(た)け、感情で動きやすいシロの抑え役を担う苦労人。そのため意義を申し立てる役回りが多く、仲の悪いように思えるが、の事を心底慕っている(彼の漢気に惚れている)ため、桃一行に付いていく意志は固かった。

知能面・技術面に秀でる才覚があり、一行が事件に遭遇した際は、その場にある品々から状況を推理する賢さ、窮地の場面でも的確に自身の鬼技(おにわざ:超能力)で取り出した道具で緊迫した現状をまとめる巧みさ、さらには医療の心得もある頼もしい兄貴。

また戦闘もこなせ、孤立無援な状況でも仲間のために(そしてに褒めてもらうためにっ!)、鬼気迫る勢いで一晩中、数々の妖怪相手に立ち回れる漢(あんちゃん)である。

能力

後記の能力と併用して、匕首(あいくち:鞘のない短刀)を武器に相手の攻撃を無効化しつつ攻める戦法を取る。

万物自在

自他の性質を変幻自在に変化できる鬼技(おにわざ:超能力)。これにより自他へ攻撃を当たらなくする事(正確には、攻撃が当たってもスルッと体を通り抜けさせる)ができる、防御面に優れた援助自衛ができる。だが「絶対に当たらない」わけではなく、具体的な発動原理は不明だが、長時間続くと敵に能力の仕組みがバレてしまう初見殺しのような性能である。

この他に「万物自在」では、能力で自在に伸ばした腕「申之手(さるのて)」で攻撃範囲(リーチ)を延長、空間へ効果を発揮し上着を通じて商店で買い物、といった応用力に富んだ万物(世界)への影響力がある。

関連話(リンク)


関連項目

小雨大豆 妖怪漫画
九十九の満月 月歌の始まり
桃(月歌の始まり) 犬猿雉 鬼子(九十九の満月)


錬金術師・・・制約付きで対象の性質を変化できる術者の肩書き

トビ / ???・・・固有能力で、相手の攻撃が当たらずに攻めができるなど変幻自在な技をもつ男つながり。

関連記事

親記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「サル(月歌の始まり)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 21472

コメント