ピクシブ百科事典

シロ(月歌の始まり)

しろ

妖怪漫画「月歌の始まり」に登場する犬の妖怪(キャラクター)。かつて主人公・桃にお供していた一人。
目次[非表示]

概要

小雨大豆妖怪漫画月歌の始まり」に登場する妖怪(いわゆる獣人)で、かつて主人公・にお供していた一人。

感情で動きやすく、わんぱくで一行のお騒がせな立ち位置だが頼りにもなる忠犬(密かにお供の一人からは、蝸牛より格下の上下関係(ヒエラルキー)と思われるほど、残念な所もある)。

因みに酔狂(わんだふる)格好をしているが、女の子であるらしい(わおん!?)。

容姿

名前が「シロ」である通り、白い毛並みの犬耳尻尾がある妖怪獣人)。体の何処まで犬の部位(異形)かは不明だが、胴体は人肌で鋭い爪のある真っ白な腕が確認できる。

長い丈の上着(コート)を着用し、手甲足具を装備している。胴体には、胸に可愛い犬型の胸当てだけという、実は肌露出が大きい(わおん!

美形の顔立ちであり表情豊か。緊急事態の場面では無骨面頬(めんぼお)を付けて、普段のわんぱくな様子から一転し覇気のある顔つき・勇ましい手腕をみせる。


まとめると、上着(コート)を着ていて一見では分からんが、胸当てと褌だけという、わりと肌面積の大きい身なり(いわば和装版の薄甲冑)。かなり酔狂(わんだふる)な格好中性的な美形の獣人であり、そんなシロは女の子であるらしいという事(わおーん!!)。

人物

元気いっぱいわんぱくな性格。理論的な考え方は不得手で、感情で動きやすく早とちりしやすいが、それでも相手の発言を聞き分けて、しっかり反省の意思(お座り)を示せる良い子。
感情が昂ぶるときゃんきゃん騒がしくなり、慌てふためきすぎて嘔吐(オロロエロロ)もする。そこから嬉しい事があると、その反動でか嬉し嘔吐(ゲロ)したり、顔をくしゃくしゃに涙目となり収拾つかないなど、とにかく感性の起伏が激しい。

この暴走(わんわん)したシロを制する事(待て)が出来たのは、一行の主人であっただけであり、彼の一声(良し)で先ほどのわちゃわちゃが嘘のように収まって、しゃっきんと覇気のある勇ましさを発揮する(一心忠犬)。

能力

種族が「妖怪」であり、の要素を前面に出した特異な能力を有している。
腕にある真っ白な爪での引っ搔きは、遠くにある巨物までをも削り落とせる鋭い切れ味。感情が昂っていた事も加えてか、数舜(一コマ)の内に仲間の元から遠くにある巨物の頂まで駆ける、まるで感情に任せて元気いっぱいに駆け回る犬の如き高い身体能力をもつ。
犬らしく嗅覚が優れ、捨て子だった人間の赤ちゃんが入れられていたへ残された臭いを頼りに、その子の生まれ故郷を捜索できるといった名犬の働きをみせる。

???

詳細は不明だが、一行の主人だったによると、他の仲間たちみたいに万物(世界)へ影響を与える強力な鬼技(おにわざ:超能力)を有している。その能力らしき片鱗として、隔絶された相手の環境へ、あたふたしていたシロの感情へ引かれるように、(恐らく無意識で)天変地異が起きそうな状況を作り出していた。

関連話(リンク)


関連項目

小雨大豆 妖怪漫画
九十九の満月 月歌の始まり
桃(月歌の始まり) 犬猿雉
化け犬 / 犬女 和風ビキニアーマー / 褌だから恥ずかしくないもん!


犬夜叉・・・シロと同じような時代背景に登場する犬の妖怪(正確には半妖)。白い犬耳に白髪、犬の要素が強いなどの特徴が似ている男。

ケルベロス・・・白い犬耳に白髪の獣人(達)。元気いっぱいでわんぱくな所も似ている。だが彼女たちの場合、正確には悪魔ッ子(達)である。

関連記事

親記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「シロ(月歌の始まり)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6576

コメント