ピクシブ百科事典

ヘイト創作

へいとそうさく

原作への不満を解消するためにマイナスの感情を元に創作された二次創作作品のこと。場合によってはキャラアンチ・キャラヘイト系も含まれる。Pixivでは差別的な意図をもった創作物の投稿は禁止されているため、二次創作に限定した解説となっている。
目次[非表示]

ヘイト(hate)とは
動](▼進行形不可)(他)
1 〈人・動物・事を〉憎む、ひどく嫌う、嫌悪する(⇔love)
《【比較】 dislike,do not like よりも感情的に強い意味をもつ;
 【類語】 hate は敵意・悪意を含んで強く嫌悪する;detest は軽蔑の念をこめて強く嫌悪する》

概要

Pixivにおいては主に二次創作同人において使われる用語。
キャラヘイトが主に原作キャラクターへの憎悪を元に嫌いなキャラクターを二次創作内で殺害したり、暴力をふるったり、徹底的に悲惨な目にあわせるキャラアンチ行為であるのに対し、ヘイト創作は原作への不満を元にした創作物ではあるが必ずしもキャラアンチ行為を含むとは限らない厳しめ系もしくはキャラヘイト系の作品を指す。

  • 原作に何らかの不満を抱き、作品そのものを貶めるためにつくられた作品
  • 原作の展開に不満を抱き、自分の中で納得がいくようにキャラクターの言動や行動に手を加えた作品の中で、特に自分の推しているキャラクター以外へのキャラヘイト行為を含むもの
  • 原作キャラクターへの憎悪を元に嫌いなキャラクターを二次創作内で殺害したり、暴力をふるったり、徹底的に悲惨な目にあわせるキャラアンチ作品

主に上記3パターンに当てはまるような創作物であると解釈される。
原作キャラクターを酷い目に遭わせることが好き・悲惨な目に遭わせることが好きという性癖特定のキャラを持ち上げるために他の原作キャラを悪役や脇役として扱う作品キャラクターの性格を自分好みにマイナス方面で改変している作品はここでいうヘイト創作には当たらない。
(→キャラを酷い目に遭わせるのが好きな人は該当する特殊嗜好
 →特定キャラを持ち上げるために他のキャラを悪役や脇役として扱う作品は嫌われ
 →キャラクターの性格を自分好みに改変している場合はヤンデレ黒化等を参照)

「ヘイト創作」タグはヘイトという強い嫌悪を表す言葉を使っていることから、軽々しくつけるべきタグではない。

上記概要について意見を述べる場合、下記のアンケート結果を閲覧した上でコメント欄で意見を述べ、ある程度の人数で合意に至ってから記事を書き換えることを推奨する。
これはかつて編集合戦が行われたことを鑑みての措置であるので、他記事よりも少しルールが厳しくなっている。ご理解いただきたい。

「ヘイト創作」に関する意識調査匿名でアンケートに回答する
意識調査アンケート・結果アンケート結果を見る
タグに関して意見を述べるPixivアカウントを利用しコメントを残す


投稿する側のマナー

ヘイト創作はキャラヘイト要素を含むこともあり、また外部から見て原作への嫌悪感を示していると思われやすいことから、原作名タグ・原作名入りusersタグ・原作キャラ名タグとの併用は避けることを推奨する。
これは原作ファンとの衝突を避け、作者と作品を守るためにも必要な措置である。
また全体公開作品でヘイト創作タグを利用する場合、どのキャラクターへのキャラヘイトであるのか、原作のどの部分に対してのヘイト創作であるのかなどはキャプションに明記したほうがよい。曖昧な注意書きは衝突の元なのではっきりと記載すること。
上記のような措置が面倒だ、原作ファンとの衝突は避けたい場合、マイピク限定公開や自分で作成した個人サイトでの公開なども一つの手である。

「人によってはヘイト創作に見えるような表現が…」使用停止呼びかけ

現在刀剣乱舞ジャンルでよく見られる注意書きの中に「人によってはヘイト創作に見えるような表現があります」というものがある。
だがこれは「ヘイト創作」タグに対して誤解を強める表現だ。これを見た読者が「ヘイト創作というのは不快になる作品に対してつけていいタグなのだ」と勘違いしてしまう。
つまり、これを書くことにより、不快になった作品をヘイト創作呼ばわりするような読者からの攻撃を受ける被害者を増やしてしまう。これ以上被害者を増やさないためにも、現在使用しているならできるだけ早く別の表現に書き換えてるようにしよう。具体例を以下に記す。

  • (暴力・グロ・死ネタ・捏造設定など具体的に記入)など、人によっては気分を害するような表現があります。
  • 作者は原作キャラが嫌いではなくキャラヘイトを意図していませんが、人によってはキャラを貶めているように感じられるような表現があります。
  • 人によっては地雷に感じるような(暴力・グロ・死ネタ・捏造設定など具体的に記入)などの要素があります。

具体的に記入した方がいい特殊嗜好の例

  • 暴力表現(原作事態に具体的な暴力表現が含まれる場合でも記載した方が安全)
  • グロテスクな表現(苦手な人が避けられるようその旨記載した方がよい)
  • 死ネタ(原因は問わず、原作キャラクターが死亡する場合は注意書きをしたほうが安全)
  • 捏造設定(原作にない設定を付加する場合、具体的にどこが違うのか記載したほうがよい)
  • 原作キャラの黒化ヤンデレ化・鬼畜化・腹黒化などの性格改変
  • 原作キャラの欠損異形化動物化などの外見改変
  • 原作キャラの女体化男性化ふたなり化などの性別改変


棲み分けタグ

・ヘイト創作系タグ

以下はヘイト創作系、もしくはヘイト創作が多く投稿される作品傾向を示す棲み分けタグの一覧である。ヘイト創作タグ・キャラヘイトタグも必要に応じて併記されたい。

ジャンル名棲み分けタグ主な作品傾向・タグ概要
TIGER&BUNNYいろんなキャラがおじさんを助けたようです主にアニメ20話、21話の展開及び鏑木・T・虎徹の扱いに不満を持ったファンがクロスオーバーの形で他作品のキャラを作中に投入、原作キャラへの説教・断罪などを伴う形での解決を示した作品群につけられたタグ。いわゆるクロスオーバーヘイト(原作キャラに他作品キャラが制裁を加える)系
刀剣乱舞審神者厳しめ原作キャラクターへの不満というよりもとうらぶヘイト創作問題にあるような二次創作界隈への不満から発生した形式の作品。審神者age刀剣男士sageの作品の流行に対してストレスを感じた作者により、作中で被害者扱いされている審神者にも悪い部分があるのではないか…という視点から創作されたもの。
テイルズオブジアビス厳しめ原作の展開について不満に思うもしくは納得がいかないところのある作者が、自分の納得いくような形に改変した作品のことを指す。ジャンル名+厳しめなどの形で使われることが多く、TOA以外のジャンルでも使用可能な表記である。
ポケットモンスターpkmnフルボッコ注意文字通りキャラクターなどに対し攻撃、制裁、説教などの要素が強い作品に付けられる棲み分けタグ。
Fateシリーズ冬ちゃん派生作品オリキャラ中心の創作物につけられる棲み分けタグ。ちゃんねる形式以外の作品でも同様の内容であれば使用する。
名探偵コナン蘭厳しめ作中のヒロイン毛利蘭を悪役にした小説。蘭が登場人物達に嫌われる、蘭が最終的に死亡もしくは逮捕される、コメントの過度な馴れ合いなど過激で悪質な創作があとをたたず問題視されている。
おそ松さんカラ松事変5話の展開及びカラ松の扱いに不満を持ったファンによって、他兄弟に制裁や謝罪する様子を加える描写を入れた作品が多く投稿されるタグ。カラ松以外の兄弟の性格や行動を黒化させて貶めるカラ松age他兄弟sageのキャラヘイト厳しめ描写を含む。コメントの過度な馴れ合いなど過激で悪質な創作があとをたたず問題視されている。

・ヘイト創作に誤解されやすい作品の棲み分けタグ

以下は特殊嗜好であり、ヘイト創作系に誤解されやすい作品傾向を示す棲み分けタグの一覧である。下記に該当する作品にはヘイト創作タグをつけるのではなく、ジャンル別棲み分けタグで対応することが望ましい。

ジャンル名棲み分けタグ主な作品傾向・タグ概要
刀剣乱舞審神者乱舞審神者もしくはオリキャラが中心で刀剣男士を脇役・悪役に配置した作品の中で、恋愛を主眼としていない創作物(主に引き継ぎ審神者本丸乗っ取り作品)につける棲み分けタグであるが、詳しいタグの定義は現在審議中である。該当ジャンルの創作者は早急にタグ内容と定義を確定すること。経緯の詳細はとうらぶヘイト創作問題参照、タグ内容の議論は審神者乱舞のコメント欄でお願いします。
黒子のバスケ黒バス嫌われ主に原作キャラである主人公が他の原作キャラから嫌われ、いじめられる作品につける棲み分けタグ。場合によっては制裁・断罪などの展開を含む。
ハイキュー!!(キャラ名)嫌われ主に原作キャラである主人公が他の原作キャラから嫌われ、いじめられる作品につける棲み分けタグ。主人公となるキャラによってタグ名が変わるので注意。他ジャンルでも使用可能な表記である。
テニスの王子様バトテニバトルロワイアルパロディにつけられるタグ。パロディ元の作品の性質により、キャラクター同士が殺害し合う、エゴを剥き出しにするなどの描写がある。残酷描写・R-18Gを含むので閲覧時には注意されたい。
東方Projectゆっくり虐待ゆっくりを虐待・虐殺している作品につけられるタグ。R-18Gを含むので閲覧の際には注意すること。
東方Projectゆっくりいじめゆっくり虐待よりはソフトではあるがゆっくりをいじめている作品につけられるタグ。閲覧注意。

※ただし、作者がキャラヘイト・キャラアンチなどの意図のもと創作しているのであれば、上記棲み分けタグに分類されようとヘイト創作である。

参考リンク

「ヘイト創作」に関する意識調査 - アンケート集計結果

読者側のマナー

ヘイト創作タグは読者がつけるように要求していいタグではない。
作者がキャプションやプロフィール等で明確にキャラアンチを表明している場合や明確なキャラヘイトを含むと認めている場合にのみ読者側からもつけることが許されるタグであり、そうでない場合にタグ付けを強要するのは荒らしにあたる。

もし「ヘイト創作」だと感じた作品に対してもしも何かをしようと思ったのなら、
【「特殊嗜好」に該当する場合】
→その特殊嗜好を表すタグを付けるか、念のためそのタグを付けた理由を作者に説明する

【作品内容やタグに過度の暴力やグロ、過激な性行為や陵辱の要素が含まれているのにR-18・R-18Gタグが付けられていない場合】
【投稿者がpixivの中で暴言や個人攻撃を行っている場合や、投稿作品のタグで罵声コメントや「断罪方法、拷問方法」などの悪乗りがされている場合】
→投稿作品の一番下にある「この作品に対する情報提供」から「迷惑行為や規約違反の報告」を選び、pixiv運営に内容や事情を説明する

読者が不快に感じたとしてもヘイト創作とは限らない。
ヘイト創作タグをつけたり、タグつけ要求をする前に当てはまる特殊嗜好がないか調べること。そこまでするのが面倒な場合にはそのままブラウザを閉じ、その作品については忘れるようにしよう。

ヘイト創作と誤解されやすい代表的な特殊嗜好の例

以下の特殊な萌え嗜好や趣味趣向、原作の世界では実現できないシチュエーションやストーリー構想を持つ人が、自分の萌や需要を満たすために、二次創作でキャラクターを悲惨な目に遭わせたり、非道な振る舞いをさせている場合。

  • 自分の好きなキャラクターが不憫・不幸な目にあっていたり、陵辱されるシチュエーションに萌える(リョナ、不運ネタなど)
  • 自分の好きなキャラクターが非道・異常な振る舞いをしているシチュエーションに萌える(鬼畜ヤンデレ萌え、悪堕ち黒化SM、悪人IF、怪人化異形化など)
  • 自分の好きなカップリングで、片方がひどい目にあっている時やピンチの時や窮地に陥った時に、もう片方がそれを助け出すというシチュエーションに萌えるないし燃える
  • 自分の好きなカップリングで、片方が道を踏み外した時に、もう片方がそれを助け出すというシチュエーションに萌えるないし燃える(公式でこのシチュエーションがあった例にりょうゆめがある)
  • 単なる不条理なギャグやオチとして扱われているギャグ作品。(命がけの鬼ごっこ遭難オチ、弁償オチ、こち亀でんぢゃらすじーさんでありそうな展開など)
  • 明確に原作とは違う世界線の物語とされている(東方GTA架空戦記、一部のクロスオーバー作品など)
  • 原作では実現できない(ないしできなかった、あり得ない)物語を展開することを目的としている二次創作やクロスオーバー作品。(架空戦記魔法少女綺譚・東方天空剣・ネガティブクロスオーバーファンタジーなど)一部の多重クロスオーバー作品など。 ※1
  • 理不尽・超常的な非日常において、キャラクターの生存本能などを描く作品。(ホラーバトルロワイアルパロディ、ダンガンロンパパロディなど)※2
  • 配役を決める必要のある二次創作で悪役を引き当てたキャラクターがいる(版権キャラの汝は人狼なりや?プレイ作品で人狼妖狐陣営の配役を引き当てる、劇中劇で悪役を演じる。後者のシチュエーションが公式であった例に女郎蜘蛛あかねなどがある)
  • そのキャラクターの偽物やコピーが悪事を働く。(公式でこのシチュエーションがあった例にアニメ版恋姫†無双(劉備が偽物と本人で外見どころか性別まで違う)、ポケモンコロシアム、アニメ版星のカービィなどがある)
( → 嫌われも参照のこと)
  • 世界観・設定萌え。原作の世界観そのもの、設定そのものに萌えを見出している創作物。原作キャラの出番は少ない、もしくは存在しないことが多い。

※1
クロスオーバーでは、文明・技術力・世界観そのものなどが異なる世界や出身キャラクター間において、一方を「正しい・良い・強い」などと定義もしくは描写する行為は、対比された側への貶めになりかねず、ヘイト創作に類似してしまう場合がある。
※2
ホラーバトロワパロ等に代表される、キャラクターの発狂・加害者/被害者化・残酷行為・エゴや生存本能を剥き出しにした描写などは、作者本人がキャラヘイトの意図を持って創作しない限りヘイト創作には当たらない。

いずれにせよ、自分の作品を客観視し、タグ・注意書き・警告を適切に付けることが重要である。
また、補足(※1・2)で挙げたもの以外の特殊嗜好作品であっても特殊嗜好であるという注意書きは必須である。
その場合、特殊嗜好用語の知識がない人間が間違って読むことのないよう、どのような特殊嗜好であるのかキャプションで具体的に説明しておくとトラブルになりにくい。



pixiv利用規約とヘイト創作

ヘイト創作のうち、特に実在人物をモデルにしたヘイト創作はpixiv利用規約 第13条 禁止行為 の( 4 )、( 13 )に抵触する可能性がある。
pixiv利用規約 第13条 禁止行為 ( 4 )
当社もしくは第三者を不当に差別もしくは誹謗中傷し、第三者への不当な差別を助長し、またはその名誉もしくは信用を毀損する行為。
pixiv利用規約 第13条 禁止行為 ( 13 )

ヘイト創作と著作権者

著作権者と二次創作の関わり方については、ピクシブ百科事典「二次創作」の記事が詳しい。
題材作品に好意的な二次創作物を歓迎する一方で、悪意ある創作や中傷を目的とした創作をガイドライン内で禁止している著作権者も少なくない。
(例)
当サークルのゲームの内容でも、意図的な嘘情報や、悪意ある内容などで混乱を招く恐れがある場合、こちらの判断で創作、配布を停止させて頂く場合もあります。
東方Project
中傷を目的とした創作/ 作品を使用し、他人に迷惑をかける行為はご遠慮ください。
Ib
どなたかのファン活動をご覧になって、他のお客様が不快な思いをされるようなことがあれば、私どももとても悲しい気持ちになります。活動の際には、「見た人がどう思うか?」「もし自分が原作者だったらどういうことをされたら嫌か?」ということを考えながらやってみてくださいね。
歪みの国のアリスなど:ナイトメアプロジェクト)

pixiv内に投稿されたマナー、棲み分け、注意喚起の一例


最後に

ヘイト創作タグを不快な作品につけるためのタグと誤解している人間が多いが、実際にはそうではないので、もし「ヘイト創作と誤解されるような表現」や「読者からヘイト創作と指摘を受けたので」などのような注意書きを使っている場合には訂正したほうがよい。
上記のような注意書きをしていることで、読者がモンスター化し気に食わない作品に対してヘイト創作タグをつけるように要求するようになる場合もあるためである。

もし貴方が本当にキャラヘイトをしているわけではなく、ヘイト創作を公開しているわけではないのなら、読者からの不当な要求には毅然とした対応をしよう。
またヘイト創作でなくとも人を選ぶ要素のある作品である場合には作品の傾向説明と具体的な注意書きをすること。それがPixivのような場で作品を公開する場合に求められる、作者としての責任である。

pixivに投稿された作品 pixivで「ヘイト創作」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 209930

コメント