ピクシブ百科事典

ドノツラフレンズ

おまえらなにしにきた

『星のカービィ スターアライズ』の『ドリームフレンズ』として登場するキャラの中でも、特に悪行に定評のある面々をまとめて指した非公式の通称。もとはTwitterの一部で使われていた。
目次[非表示]

ネタバレ注意!
この記事には歴代星のカービィシリーズのネタバレが含まれています。



概要

星のカービィ スターアライズでは大きな特徴としてフレンズというシステムがある。これはSDXヘルパーのようにコピー能力持ちの敵キャラを仲間として操作できるシステムである。
またこれと異なる特別な方法で、特殊な能力を持った歴代キャラクターを仲間にできる。それがドリームフレンズである。
当初はいつもの3人しか仲間にできなかったが、アップデートによって追加されることが発売前の時点で発表されていた。

そんな中で公開されたツイートには「マルク参戦」の内容が。
……この時点で何かを察していた人は少なくなかっただろう。

その面子

マルク


ダークメタナイト


虚言の魔術師



ラスボス枠経験があることから、特にこの3名を指すのが主流。最近は大体マルク・マホロアのことを指す。

この面々は、再登場しても反省の色が全く見られないという共通点がある。『星の◯◯◯◯』でのサブタイトルにもよく現れている。
しかし、彼らをも味方陣営に飲み込むフレンズハートもまた恐ろしいというべきか。

  • マルクに関しては「銀河に野望を」なあたり、味方陣営に付いたこと以外その本質は全く変わっていない。こんなのが「フレンズ」でいいのだろうか……
  • 問題のマホロアに至っては「心からのベストフレンズ」。いやもう何も言うまい。真性の嘘つきというものが何なのか、HAL研はよくわかっていらっしゃる。
  • ダークメタナイトは「シャドーサイドストーリー」。他2名に比べればかなりマシな部類である。もともと意志らしい意志が今一つわかりにくいうえ、カービィを騙したりはしなかった(メタナイトに変装してカービィを欺いた事はあったが)。ただし彼は「一度も仲間面をした事すらなかった」のにしれっとこちら側にいるという点で、上記2名とは別ベクトルでドノツラフレンズである。
アップデート1回毎に1体ずつ追加されているという妙な法則もあったりする(実際はただの偶然である)。

当初は参加の決まっていたマルクとダークメタナイトの2名のみを指して「どの面下げてフレンズとか名乗ってんだ」が略されて、語呂の良さからTwitterの一部でこの呼び方がされていた。
しかし、ダークメタナイトどころかマルクが出ると分かった時点で既に「マホロアは確実に出るだろう」と言われていた。マホロアの前科数とその内容の証と言える。

やがてドリームフレンズ初報の8か月後、マホロア実装は現実のものとなった。公式実装は上記の3名では最も遅いが、いまや彼はドノツラフレンズ筆頭と言える。
具体的な罪状は多すぎるので各リンク先や他wikiなどを見ることをお勧めする。それどころか懲りずに進行形で公式Twitterで大暴れしている。
概要にネタバレ注意とあるのは、特にマルクやマホロアの場合素性がわかるのが原作では終盤であるというのが大きな理由なのだが、暴れすぎてあからさまになっているので、もうネタバレ配慮は不要かもしれない……

ブンナゲフレンズとかけてフザケンナフレンズと呼ばれることも。マルク配信時はマルクをブンナゲてノヴァにぶつけて破壊するMADが流行したが、ほどなくしてマホロアも同様にブンナゲられていた。


そしてマルクは「アナザーディメンションヒーローズ」のグッドエンドにおけるスタッフクレジットでしっかりとカービィたちに襲いかかってきた。スタッフクレジットで襲ってくるキャラクターはモードやエンディングによって違うものの、彼はジャマハートに操られていない状態で襲ってきており、元祖ドノツラフレンズの貫禄を見せ付けた。

ちなみに総じてスペックが高いため、難易度の高いコンテンツ(Theアルティメットチョイスアナザーディメンションヒーローズ)を攻略する際のメンバー選定として彼らが抜擢されることも多く、転じて(もちろん上記のメンバーを使っていることを前提として)強豪の意味を兼ねる使われ方も見られる。

これに含まれにくいもの

カービィと対立したことがあり、後に味方ポジションに付いたキャラ自体は他にもいる、というかむしろそのほうが多い。

 大王の逆襲において、デデデ大王の部下としてカービィに立ちはだかったが、カービィWiiでプレイヤーキャラに抜擢されて以降は味方側のポジションになり、バトデラではカービィの相棒のような立ち位置になっている。同一人物なのか、バンダナを付けた別人ということはないのか、と言われることがあるがゲーム雑誌「ニンテンドードリーム」の2018年5月号でのインタビューで同一のワドルディと明言された。

ウィンガハンマー ↑+B


初期や外伝では最初から本心で巨悪として君臨していた。しかしそれは「カービィに勝ちたい」と言う本心であり、『夢の泉』ではナイトメアの悪事を防ぐ為に自ら悪役を買って出た事もあり、悪戯好きだがプププランド等に危機が訪れた際はそれを防ぐべく活動する根はやさしい人物である。

Meta Knight


武力行使でプププランド征服に出た事があるが、「堕落に満ちたプププランドを、この手で変えてくれる!」と発言している事からわかるように、本質は平和を望んでおり、世直ししたかっただけである。
デデデやメタナイトはと戦うのはいつもの事であるし、カービィとの間での情報の非共有が原因だったりこいつらも洗脳されてたりすることも珍しくない。というか最近はほとんど洗脳である。
旧知の仲であろうと冤罪だろうが操られていようが御構い無しにボコボコにした挙句ダンスをキメるカービィの方が怖いとも言われる。

kirby 77


『3』同一前提で2回戦ったことがあるが、どちらも憑依されていた状態でそもそも彼女に邪心はない。他はサブゲームくらいである。

タランザ
くじょ されて くださいませ!


この2人をこう呼ぶ人もいるが、彼らは立場上敵対していただけの関係であり、それまで従っていたの暴走を止めるため、最終的にカービィと共闘している。
ただ、スージーは『マホロアのとっておき情報』を乗っ取ったうえで、マホロアの店を無断改装したり商品を無断拝借し、『三魔官のスタアラ☆特報』を性懲りもなく乗っ取ったのでむしろこの4人から見て「特報を乗っ取った事を反省しない」ドノツラフレンズと言えなくもないが……。

【大遅刻】団長ドリームフレンズ参戦記念


自らの目的のためにカービィと敵対していたが、彼の本質は義賊であり、またカービィもカービィでケーキについて誤解をしている状態だった。終盤でこいつもまた憑依され、解決後に和解して『あつめて!カービィ』では味方になっている。

kirby 71


タランザやスージー同様立場上敵対していただけの関係で、立ち振る舞いも正々堂々を信条としており、アナザーディメンションヒーローズの物語まで追いかければ、間違ってもこの枠には入らないことがわかる。
「アナザーディメンションヒーローズ」でおぞましいカラーリングに変色していた彼女らは、カービィとの最終決戦に敗れた後に彼から特大フレンズハートをぶつけられてフレンズとして迎え入れられると同時にいつものカラーリングに戻っていた事から、他の面子同様彼女らも知らぬ間に「何か(バッドエンドにて倒れた彼女らから立ち上っているもの)」に憑依されていた可能性が高い。ジャマハートや器に関するものだろうか。

カービィシリーズのメインキャラの敵対理由では憑依・洗脳がザラなのだが、今作では「カービィが洗脳する側になった」とE3情報初出時に話題になった。同じ時期に詳細な情報が出たスーパーマリオオデッセイキャプチャー能力の影響も小さくはないだろう。
第3弾現在はこっちの話題についても言及されることが多い。

関連項目

星のカービィ スターアライズ ラスボス
昨日の敵は今日の友/呉越同舟/絶対に許さない

最後に

この類のネタは使い方を間違えると非常に炎上しやすいので、言うまでも無いが時と場合を弁える事を推奨する。
また、このタグがあるキャラクターについてもファンは少なからずいるため、個人的なヘイトを向け過ぎたり、過度なネタに走るのは絶対にやめるべし。

関連記事

親記事

ドリームフレンズ どりーむふれんず

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ドノツラフレンズ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 55431

コメント