2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

注意書き

近年、一部のユーザーによってこのコマさんタクシーのシステムを利用し、妖怪ウォッチに限らず独自の判断で作中で問題行動を起こしたキャラを反省させたりお仕置きをする、所謂ヘイト創作に近い作品が多数投稿されており、さらにその中には他ユーザー・実在人物を乗車させ、制裁を加える"誹謗中傷名誉毀損"が含まれている作品も存在している為検索の際には注意が必要。
この件の詳しい内容はコマタクシリーズを参照。

概要

アニメ版の第83話から始まった不定期の新シリーズ。
コマさんが運転手のタクシーで客として乗った妖怪達と、コマさん・助手席に乗っているコマじろうとのやり取りを描いたストーリー。
客の妖怪達の悩みにコマさんやコマじろうがDJの様に応える。

元ネタは『突然ガバチョ!』の1コーナー「つるべタクシー」である。
よい子のみんなは知らない事が多いのだろう。
(「テレビにらめっこ」とか「恨みます」とか)

客リスト

  1. じんめん犬(83話)
  2. ロボニャンF型(85話)
  3. うんちく魔(86話)
  4. ガブニャン(90話)
  5. ウィスパー(115話)
  6. 総ナメ(143話)
  7. ハナホ人(161話)
  8. ジェリー(177話)


関連イラスト

コマタク&ニャンパチ先生ドリームメダル
コマさんタクシー



関連動画



関連タグ

妖怪ウォッチ コマ兄弟

しかし実際は…



















第83話のラストシーンにて、正式名称が「コマさんざんげタクシー」であることが判明。
恐らく元ネタは『オレたちひょうきん族』のコーナー『ひょうきん懺悔室』である。
一応悩み相談に乗ってはいるものの、実際は視聴者から送られてきた(という設定の)抗議の手紙やメールを読み、その問題のシーンの映像を見ながら客の妖怪に反省を促すというものだが、乗車した妖怪は反省してくれない。
メタ発言満載であり、コマさんとコマじろうの普段はあまりしない毒舌も見どころの1つ。
再び放送するのはやばいと思われる場面や部分はコマさんの顔をモザイク代わりに使っている。

一度乗車した妖怪の監視も行っているのか、再犯にも対応している。
特にうんちく魔はマークされているようで、第115話「妖怪ナンデナン」、第145話「妖怪ミチクサメ」、第209話「妖怪ヨッチャ~」では本編サイドにコマさんタクシーが登場。うんちく魔がNG行為を犯すたびに急行して強制乗車させている描写がある。
また、第152話「お試し!妖怪バズーカ!」にて、妖怪バズーカの仕様の関係でウィスパーがちからモチと一緒にうんちく魔、ひも爺ばか頭巾らの魂を打ち込まれた際にも、天野家にコマさんタクシーが駆けつけている。

コマさんコマじろうの日本全国もんげー旅』では名古屋城の前に登場している。

コマさんバス

アニメ版第212話に登場。今までの乗車客達を一同に乗せて本気で反省させるための地獄のバスツアーを行う。

真・関連イラスト

転職活動中のコマさん。



真・関連タグ

自主規制 BPO 懺悔 タクシー
からくりベンケイロボニャンF型(問題行為を犯した段階ではロボニャンだった)の言動に対する証言をして貰うために乗車
うんちく魔:常連客、と言うより常習犯
総ナメ:初登場回でいきなり乗車させられた。
天野景太:妖怪以外で初めてコマさんタクシーに乗車した(143話、161話)
黒世界:すでにケータ達を乗車していた事もあって、乗車拒否された。
懺悔室:懺悔つながり
コマタクシリーズ

関連記事

親記事

妖怪ウォッチサブタイトル一覧 ようかいうぉっちさぶたいとるいちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「コマさんタクシー」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「コマさんタクシー」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 618213

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました