ピクシブ百科事典

ロボニャンF型

ろぼにゃんえふがた

ロボニャンF型とは、『妖怪ウォッチ』に登場するキャラクター(妖怪)である。
目次[非表示]

概要

CV:坂東尚樹

No348
種族ゴーケツ
ランクA
スキル超電磁パワー(妖気ゲージがたまるほど強くなる)
好物チョコボー
こうげきロケットパンチ
ようじゅつ火炎の術
必殺技アイルビー自バーック(自爆して自分の体を犠牲にしつつ敵味方全体にダメージを与える)
とりつく最新式の力(とりつかれた妖怪は最新式のロボの力で、まもりが大アップする)

グレートアップ版として開発されたという最新型のロボニャン。ムダな機能をすべて排除し美しいファルムを実現した。(妖怪大辞典より)

ロボニャン(未来からやってきたジバニャンの未来の姿)の色違い。右側が白くて左側が青いカラーリングとなっており、ダウンロード版(元祖)の特典で入手出来る。
モチーフは「人造人間キカイダー」から来てるとも言われているが真偽は不明。

アニメ

初登場は74話「ロボニャンF型あらわる!」から。ここではロボニャンの遥か先の未来の姿という設定。口癖は「はるか未来では○○○(大抵はネガティブな言葉)など存在しない」。

ハナホ人と対決していたケータウィスパージバニャン、ロボニャンの前に突如現れる。ハナホ人に「はるか未来では鼻ほじが存在しない」という事を告げて追い払った後、ロボニャンより自分の方が優れているとしてロボニャンと性能対決を開始。
ロボニャンがロケットランチャーで島にある的に当てるのを、F型は島ごと吹き飛ばしたり、体内のチョコボー工場でチョコボーを精製するのを、F型は人工衛星を使って世界中の工場のシステムをコントロールしてチョコボーを精製したりと、全てのスペックでロボニャンを凌駕した。

そんな時、衝突すれば地球を滅ぼす程の巨大な隕石の接近をロボニャンと共に感知、ロボニャンでももはや打つ手なしと皆がパニックになってしまう中、

はるか未来には絶望など存在しない!

F型がはるか過去である現代にやってきた目的。それは「隕石の破壊」の為にやってきた事が判明した。F型はロボニャンに希望を託して宇宙へと飛び出し、必殺技の「アイルビー自バーック」で隕石の破片すら残さないほどの自爆を行って消滅させるのであった・・・。

ロボニャンF型

さらば、F型。

地球を救うために命を散らした彼の最期を見届けたロボニャンはF型を先輩と呼び、その誇り高き遺志を継ぐために自らもF型となったのであった

(先に誕生したのがロボニャンなのに先輩呼ばわりされるのもどうかと思うが…)
など、F型先輩を「後輩だろう」と言う意見もあるが、間違いである。
今のロボニャンF型も、自爆したF型先輩も元ジバニャン、つまり同一の存在なのである。
つまりF型先輩は、未来で新しく造られた存在などでは無い。
隕石を前に地球を救う選択肢もまったく浮かばず、絶望してしまったロボニャンからすれば、不甲斐ない自分を「見どころがある」と、未来を託して散って行った、遥か未来から舞い戻った自分であったF型は、まさに大先輩としか言いようがない。

今日の妖怪大辞典ではゴルニャンと同じく気合の入った登場を行ったり、削った鉛筆で勇者パースをしたりと自由奔放だった。

83話「買い物は隠密ミッション」
新発売のプラモ欲しさに母親の買い物に着いて行ったはいいものの、そこで母親と買い物をしている所をクマカンチに見られそうになる危機に陥り、何とかして突破口をを見出そうとしたケータによって召喚される(妖怪ウォッチUで初のゴーケツ族召喚!)。

F型はイヤホン型トランシーバーを通してケータに指示を出すが、フミちゃんとサトちゃんも同じスーパーで買い物をしていたという予想外の事態、そしてF型の予測をことごとく上回るケータの母の行動にミッションは失敗。結局皆に母親と買い物に来ている事がバレた挙句、追い打ちをかけるかのように「今朝見たらケータのパンツ全てに穴が空いていた」という恥ずかしい事実を暴露されてしまい、F型は自身の予測を上回るケータの母に畏怖し、ケータは力なくその場に崩れ落ちたのだった。

84話「妖怪かゆかゆ」
ケータの部屋に現れ血を吸おうとする妖怪かゆかゆ、本名サラを未来の脅威から守るために、自分から現代にやって来た。
F型が語ることには、未来の世界で蚊の指導者となったサラの息子ジョンを、その命を狙う過激派集団コイルネットから守る必要があるという。
F型の話が終わるやいなや、ケータの家のすぐ傍に稲妻と共に出現する全裸の男。男はサラを認識するや否やサラに襲いかかるが、F型によって阻止され、そのまま戦闘に突入する。
・・・・・って、これ何てターミネーター?

85話コマさんタクシー~ロボニャン~」
乗客の一人として登場。
「あれはダメと言われることをするはずがない」と自信満々に言っていたが、視聴者からのお便りで「ロケットパンチ打ち過ぎじゃないですか?子供が真似するといけないので止めてください」という内容に憤慨するが、次のお便りに

いつもは聡明そうなロボニャンが、からくりベンケイにつつかれ、気持ち良さそうに頬を染めていた姿には正直言葉を失いました。」(検証シーンではロボニャンの顔にコマさんのモザイクがかかっていた)という内容には時代が合わないだのからくりベンケイが悪いなど必死になるも、コマさんの頼みでやってきた彼に「あんな事になったのはその方だけだ。」と突っ込まれ、3匹に詰め寄られたロボニャンはついに反省した・・・




ように見えたがその直後
次こそは未来の最新テクノロジーを駆使し、あのグリグリに耐えて見せる!
と頬を染めながら開き直り、コマさんとコマじろうを呆れさせたのであった。なにも地獄を選ばなくとも

106話「妖怪ポン骨」
ポン骨と戦おうとするが、ポン骨の能力によって故障し、ロケットパンチが不発チョコボーを大量生産しては吸い込みウィスパーを唐揚げにしようとしたり『ワンモアグリグリ』と言ったりしたのでヒキコウモリがいるクローゼットに封印するが、焼き芋を食べて毒ガス攻撃を連発した。

110話「帰り道はランドセルじゃんけん!」
フミちゃん達のランドセルを持たされる事になったので召喚された。
ランドセルをワープホールで転送したり、改造して自力で歩かせようとしたり、空中飛行させようとしたり、最終的には電信柱を大量生産したりと予想の斜め上を行く対処法でケータを混乱させた。

113話「夜のどろどろヒットステーション」
ニャニャンオールスターズ』として歌唱。

119話「開幕!妖1グランプリ!」
出場者の一人として自分を未来の車に変形させて登場(見た目はあの某試作3号機そっくり、後に赤い巨大量産機風に変形する)。応援していたからくりベンケイの薙刀が刺さり、23話以上に気持ち良さそうな顔になってしまう。

この直後、かわいい多脚戦車世界初の3D格闘ゲーム下半身戦車の人型ロボット大人気の六つ子のアニメなどに変形しながらコースアウトした。

未来の最新テクノロジーをもってしてもグリグリには勝てなかったよ…

126話「イナウサ不思議探偵社 調査ファイル7『モノマネキン』」
USAピョンにトランスフォームしてイナウサの前に現れた。ベイダーモードのときは当たらなければどうということはないと言ってよけた。弟子のモノマネキンの物真似のレベルが低下しているので調査を依頼した。

137話「灼熱のアッチッチゲーム」
ビーチサンダルを紛失し、熱い砂浜の上を歩くはめになったケータにドット絵メトロクロス風にルートを説明した。しかし、2ミスしたせいか結局間に合わなかったようで、ケータの母が旧シリーズのFFラスボスっぽい姿で叱った。仮に間に合ったとしても、ケータはビーチサンダルを紛失したことでどちらにせよ叱られていたかも知れないが…。

138話「妖怪ガチン小僧」
本気モードでガチン小僧を成敗した。サプライズゲストにエンマ大王が降臨した。

147話「だるまさんがころんだ攻略法!?」
自分とケータ以外の時間を止めてだるまさんがころんだの攻略法を伝授した。

149話「ケータVSイナホ 一発クジの決闘!」
ケータに頼まれ一発クジの枚数を数えた。その時に二枚重なっている状態を一枚とカウントしてしまい、そのミスでイナホとケータに袋叩きにされた。

154話「イナウサ妖怪ミステリーファイル2 ミステリーサークル編」
ミステリーサークルを作った。

158話「イナウサ妖怪ミステリーファイル4 ドッペルゲンガー編」
モノマネキンと一緒にマルカクの物真似をした。

第161話『妖怪ゴジダツ爺』
ゴジダツ爺の能力で大量に召喚されたニャン系の一人として登場。

第167話『妖怪新シリーズ会議~ミッションニャンポッシブル~』
フルーツニャン達とともにスパイとして登場。

第169話『こどもの日も妖怪がいっぱい』
ダラケ刀&しわくちゃん&ドンヨリーヌ&ダリス(妖怪ウォッチ)&ボー坊によって動けなくなった鯉のぼりの対策として召喚される。
巨大扇風機で強風を出したり、鯉のぼりを機械化させて、最終的には宇宙戦艦に改造した。
惑星型要塞にトランスフォームしたF型は大量の宇宙戦艦をだして、地球侵略を始めた。

第171話『帰ってきたニャンパチ先生 部活編!~ロボット研究部~」
ロボット研究部の部長として登場。部費が少ないので作るロボットは性能が低い。
アンドロイド山田とのコラボが実現した。

第184話『妖怪油すまし」
油すましの油で間接の動きが止まらなくなった。

第186話『妖怪ガランドゥ』
ガランドゥによって閉じ込められたヒキコウモリを救出するべく宇宙船にトランスフォームし、ガランドゥの体内に入りドット絵のシューティングゲーム風の戦いを繰り広げた。

第186話『バスターズトレジャー編#15 インディVSハイテク』
トレジャーハンターの「ハイテク野郎Aチーム」として登場。団員はヒキコウモリ&うんちく魔

第197話『妖怪ヨロイさんとカブトさん』
カブトさんと喧嘩中のヨロイさんと合体した。

映画妖怪ウォッチ

映画妖怪ウォッチ 誕生の秘密だニャン!
ロボニャンとして活躍。詳しくはリンク先参照。


映画妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン!
ジバニャン、ブシニャンとともに何故か8年後(2023年)の世界にタイムスリップ。
彼らと共にエミちゃんを助ける為、ジバニャンをジェットニャンにトランスフォームさせる等奮闘するも、終始余計なお世話にしかならなかった。


空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!
ジバニャン(と付き合わされたブシニャン)と共にニャーKBのライブに行く。
終盤のシリアスパートでは黒幕の力が次元そのものを壊し始めている事に気づき、異変の影響でマッドサイエンティストになったイナホが作った怪しい薬を飲んだことでUロボニャンに覚醒した。

コロコロコミック版

隕石のごとく、ケータ達の前に落ちてきた。

落ちてきた拍子に頭がつぶれてしまった時は、ハイパーエアポンプという名の空気入れ(手動)で膨らませようとしたが、諦めて再生能力で頭で修復した。バッテリー切れになっても自動充電システムがあるらしいが、ゼンマイ式でケータに回させている。

高性能だが、力を手にしてしまったため少し傲慢になっており、自分のそばに一生おいていくためにはつでんしんを探している。

ロボニャンの目はロボニャンに覚まさせるためロボニャンを召喚するが、登場シーンで無駄な動きをしたせいで、すぐにバッテリー切れになってしまった。早えぇよ!

宇宙人がいると思って駆けつけてきたイナホUSAピョンが登場し、バッテリー切れになっているロボニャンを充電しようとはつでんしんを呼び出して充電させるが、間違ってロボニャンF型を充電させてしまう。

探す手間が省けたと高をくくったロボニャンF型は彼を頂こうとし、自分の邪魔をするものと判断してUSAピョンにビームを発射してきた。しかし、ジバニャンがロボニャンを投げて盾にしたことで阻止された。

「ジャマする者はみなそうなる。」と言ってはつでんしんを未来に連れて帰ろうとするが、「オマエみたいな乱暴者に力は貸さない」と拒否した。ロボニャンF型は実力行使に出ようとするが、はつでんしんの拳骨に叩き潰されて敗北し、頭がスクラップになってしまった。

ケータがはつでんしんと友達になったと同時に、「はつでんしんと友だちのオマエと仲良くしておけばわたしにも利があるな」ということでケータと友だちになった。

その後、ロボニャンははつでんしんに充電されるや否や、ロボニャンはロボニャンF型にビームを発射・・・したかと思ったら、ジバニャンがビームをくらっていた。(ロボニャン曰く「盾にしたお返し」)

ケータ「でも、ずっと同一人物同士で戦ってると思うと悲しいね。」
ウィスパー「まさに自業自得・・・。」

関連イラスト

F
ロボニャンF型



関連タグ

妖怪ウォッチ ゴーケツ族 ロボニャン

pixivに投稿された作品 pixivで「ロボニャンF型」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 65943

コメント