ピクシブ百科事典

かゆかゆ

かゆかゆ

かゆかゆとは、『妖怪ウォッチ』に登場するキャラクター(妖怪)である。
目次[非表示]

「チクッ!」

ステータス


No391
種族ウスラカゲ
ランクA
スキルきゅうけつ(攻撃でダメージを与えた時HPを吸収する)
好物ジュース
こうげききゅうしょづき(クリティカルが出やすい)
ようじゅつ雷神の術
必殺技かゆかゆ地獄(かゆみ発生音波を敵全体におみまいする。ちからを大ダウンさせる効果もある)
とりつきかゆくさせる(とりつかれた妖怪はさされた所をかきむしってHPがどんどん減ってしまう)
こうげきでダメージを与えた時HPを吸収する。

かゆかゆが近くにいるだけで全身がかゆくてたまらなくなる。どんなにかいてもかゆみはおさまらず、肌がボロボロになる。(妖怪大辞典より)

概要

CV:佐藤智恵

ジャネガブーン(人の心をどん底にまで落とす危険な妖怪)」の色違い。パーカーが黄色く模様は緑色。この妖怪の近くにいるだけで、全身が収まることのないかゆみに襲われてしまい、そのうち肌がボロボロになるという。とりつきや必殺技も相まって、現実におけるにそっくりな妖怪。

ちなみに吸血行為をするのはメスのみ。これは卵を残すために必要なたんぱく質を取るためである。そのため、かゆかゆは無印においては唯一の女性妖怪なのだった(2においてリー夫人が登場したため、唯一ではなくなった)。

アニメ

初登場は84話。
ゲーム版の妖怪大辞典と異なり、ひどい状態でかゆくさせる訳ではなく「日本全国のかゆみを一手に引き受けている、蚊の化身」として設定されている。そのため夏の時期は多忙を極め、ケータ達の前に現れた時は疲労困憊しきっていた。

疲労回復のため、そして子供を産むための栄養を蓄えるためにケータに血を吸わせて欲しいと懇願するが拒否され、召喚されたムリカベに取り押さえられる。しかしそこへ突如現れたロボニャンF型によって、未来の地球に蚊は存在せず、人類との生存戦争の末に敗れ絶滅寸前へ追い込まれたところ、1匹の蚊のリーダーが蚊達を纏め上げ人間と平和条約を結び、火星へ移住し、火星は蚊星と改名されたという、SF映画さながらの壮大なストーリーが語られた。

更に、地球から蚊がいなくなっても蚊の絶滅を訴える集団「コイルネット」によって、未来から暗殺サイボーグが送り込まれたのだが、その標的はケータ達の前に現れたかゆかゆ、もとい未来の世界において蚊達を纏め上げるリーダー・ジョンの母親のサラだった。ロボニャンF型はジョンから母親を守るよう依頼を受けやって来たのであり、その直後送り込まれてきた暗殺サイボーグ(何故か全裸)との死闘を開始。盛り上がる一同をよそに話のスケールの大きさに最早ついて行けず、「何これ?」と呆れ返るケータを最後に投げっ放しのまま(今に始まった事ではないが)話は終わる。

その後の『きょうの妖怪大辞典』においては寝ているケータの血を吸おうと突進するのだが…

コロコロ版


ちゃお版


関連タグ

妖怪ウォッチ ウスラカゲ族 ネガティブーン ジャネガブーン 
ターミネーター :超展開の元ネタ

pixivに投稿された作品 pixivで「かゆかゆ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2048

コメント