ピクシブ百科事典

妖怪ウォッチU

ようかいうぉっちゆー

妖怪ウォッチUとは、ヨップル社の新CEO・マーク・シャッチーバーグが製作した新型の妖怪ウォッチである。
目次[非表示]

概要

妖怪ウォッチ3に登場する新型ウォッチ。正式名称は「妖怪ウォッチU プロトタイプ」
デザインが一新され、サーチライトも小型サイズから大きなサイズに変わっている。一方で零式の要素も導入され初代(白の妖怪ウォッチ)にあった妖怪レンズが廃されている。
メリケン妖怪を召喚出来るメリケンメダルの他、初代や零式のメダルも使える。メダルをセットすると画面がCGに変わり、ウスラカゲ族はロックバンドのライブ風(周りのLEDは青と紫)、プリチー族はチアガール風(周りのLEDはピンクとオレンジ)、ポカポカ族は手踊り民謡風(周りのLEDは緑と水色)、イサマシ族は応援団風(周りのLEDは赤)、ブキミー族はウインナワルツ風(周りのLEDは紫とピンク)、ゴーケツ族はジャパニーズストリートロック風(周りのLEDはオレンジとレモン色)、フシギ族はサンバ風(周りのLEDは黄色と水色)、ニョロロン族はアラビアン風の演出になる。
レジェンド妖怪はホールオペラ風(周りのLEDは黄色とオレンジ)の荘厳な演出になる。
エンマ大王は地獄風の演出になる。

その後、98話に於いてアップデート更新され妖怪ウォッチU-1~5の五種類のカラーが登場した。この正規版は偉人レジェンド妖怪も呼び出せる様に改良されている。(U-1は白、U-2は黄色、U-3は緑、U-4は紫、U-5はピンクである。)
劇場版妖怪ウォッチではEメダルを使用し、ケータとイナホの妖怪ウォッチUを共鳴させたことで一時的に赤の妖怪ウォッチEに変化した。

ネームモデルはWiiU

玩具版

妖怪召喚時にアニメでのネーム表示演出に使われるエフェクト音声が妖怪名のコール後に流れる演出が追加されているのでアニメの雰囲気をより楽しめるのが特徴。。

セット可能の初代銀メダル、零式メダルでの音声は妖怪ウォッチ2以降の音声の物となっているが注意点がある。

例えば、ロボニャンの銀メダルを初代白の妖怪ウォッチにセットすると『ロボニャン』と女性声となっていたのが妖怪ウォッチUにセットするとゲーム2やアニメに準じた男性声に変更されている。
しかし『ボイスチェンジ!』と後半の音声は流れないようになっている。
後半のボイスを流すには緑フレームの「ロボニャン(Zメダル)」をセットすることで音声は『ロボニャン!(召喚オン)ボイスチェンジ!』と流れる。
これはコマさんのメダルも同様で、銀メダルでなくZメダルでないと、アニメでお馴染みのコマさんの『もんげー!』が聞けなくなる。

レジェンドメダルは「ブシニャン」も同様で、初代ウォッチ対応メダルだとゲーム版2に合わせた『ブシニャン!』のみのボイスになっているが、零式対応メダルだと前半ボイスに合わせて後半の『それがし、レジェンド妖怪でござる』が流れる。

玩具版でしか聞けない音声に怪魔召喚ソングがあるがこの時はディズニーを思わせるような予想外の音声が流れるので一見ならぬ一聴の価値があろう。この他にも『Bメダル』などには独自の演出が用意されている。またメダルの向きを間違えた時に流れる『そうじゃないよ』の音声もあるが趣が異なっている。

正規版は所謂別売りの拡張用カバーとリストバンドを装着するだけのもので、わざわざもうひとつ買う必要はない(某ライダーの変身拡張セットと同じである)。
U-1のケータ用(ホワイト)とU-2のイナホ用(イエロー)とEのエンマ大王用(レッド)が発売される。

SDカードを用いた機能追加に対応しており、更新データを入れたSDカードを挿入することで新しいメダルに対応することが出来る。(更新をしてない状態で新しいメダルを入れようとすると『このメダルを使うには更新を頼むぜ』という音声が鳴る)その際『更新用意!!』『更新始め!!』の音声の後に「ザッザッザッ」という行進風の足音とホイッスルのエフェクト音が流れ終了時には『更新止まれ!!』と流れる。恐らく『更新』と『行進』のダジャレであろう。
U ver.2ではうたメダルに対応したほかにウォッチにピントコーンが取り付くことで一部のメダル音声が変化する。
U ver.3ではウォッチにエジソンが取り付くことで一部のメダル音声が変化する。
U ver.4ではタロニャントリオによってメダルの音声が元に戻る
U ver.5以降では新規メダルに対応するのみで、特別な音声はない模様。

アニメ版

未空イナホ

USAピョンが謎の極秘ルートで入手。さくらニュータウンの隣街アオバのアニメショップへ来たイナホに買うように囁きかけて、店内に「宇宙と交信できる」という宣伝文句と共に商品に見せかけて置いた。レジに持って行くも商品ではないのでエラーになったが、USAピョンが店員を操りイナホに強引に手渡した。
163話ではわすれん帽を召喚する時にドリームメダルを使用しているが、基本的に妖怪ウォッチUはドリームメダル非対応で、『3』の召喚アプリとDX玩具でこのシーンの真似をすると非対応のメッセージが流れて弾かれる。対応・非対応状況についてはゲーム版の節も参照。

天野景太

マーク・シャッチーバーグと友人であったヒキコウモリがプロトタイプを貰い、クローゼットの家賃としてケータに手渡して、初代と零式はヒキコウモリが保管した。

ゲーム版

妖怪ウォッチ3にて登場。
USA側ではUSAでは従来の妖怪ウォッチが使えないため、ウィスパーが妖怪大辞典(メダルも含む)と引き換えに入手する。
日本側ではUSAピョンが渡すが、経緯はアニメ版と同様。

大型更新4.0では召喚アプリで秘宝妖怪メダルやトレジャーメダル(クレクレパトラネコ2世など)にも対応するようになった。これはメダルが妖怪ウォッチUで使える「ノーマル」と妖怪ウォッチドリーム専用の「ドリーム」で大別されており、秘宝妖怪メダルはノーマルに分類されている為。
召喚アプリでのドリームメダル召喚は非対応のまま据え置かれている。但し、通信交換で貰ったドリームメダルの妖怪は妖怪ウォッチドリームを未入手の状態でも普通に戦闘で使える(ドリームメダルしか存在しない覚醒エンマ等々の神妖怪で確認済)。先述のアニメ163話の件もゲーム版での戦闘を参考にしたと解釈すれば納得いくだろう。

コロコロコミック版

未空イナホ

USAピョンがイナホが拾うように道端においた。

天野景太

ネットの懸賞で当てたヒキコウモリが家賃としてケータに渡した。

ちゃお版

未空イナホ

USAピョンがイナホに「宇宙と交信できる宇宙ウォッチ」と囁いて買わせた。

映画妖怪ウォッチ

有馬ユウト

フウ2が妖怪市役所から支給されてユウトにプレゼントした。

関連タグ

妖怪ウォッチ 妖怪ウォッチのアイテム

関連リンク

http://yw.b-boys.jp/member/products/watch4/

pixivに投稿された作品 pixivで「妖怪ウォッチU」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 825

コメント