2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

1998年4月18日に公開された『クレヨンしんちゃん』の劇場映画シリーズ第6作目。正式タイトルは、『クレヨンしんちゃん 電撃!ブタのヒヅメ大作戦』

ぶりぶりざえもんコンピューターウイルスとして登場する作品で、そのラストシーンは涙なくしては語れない内容である。

主題歌はSHAZNAの「Pureness」で、ボーカルのIZAMも本人役で登場している。

解説

タイトルにもある通り、本作のレギュラーキャラクターであるぶりぶりざえもんがメインとなった初の作品
同時に、今まで劇場版ではチョイ役として描かれてきていたかすかべ防衛隊が初めて劇場版で本格的な活躍をする映画でもあり、この後もかすかべ防衛隊の友情と絆は度々クレしん映画でもメインテーマとして取り上げられる重要様な要素となる。

また、常に強い者の味方をし、人助けをした際には料金を求めるような身勝手な性格として描かれるぶりぶりざえもんが、何故しんのすけにとって「すくいのヒーロー」であるのかと言う理由が明らかになった、いわばぶりぶりざえもんオリジンとでもいうべき映画でもある。

あらすじ

世界征服を目論む謎の男マウスが率いる組織『ブタのヒヅメ』。彼らが開発した新しい兵器を正義の情報組織「SML」の女スパイ「お色気」が盗み出した。
お色気が身を隠した屋形船にはアクション幼稚園の園児たちが乗っていた。ブタのヒヅメは屋形船を襲撃し、屋形船のトイレにいたかすかべ防衛隊の5人は取り残され、ブタのヒヅメの飛行船に攫われてしまう…。

ゲストキャラクター



余談

今作に登場する正義の情報組織「SML」は「SEIGINO(正義の) MIKATA(味方) LOVE(ラヴ)」の略称らしく、「嵐を呼ぶジャングル」では映画会社の名前として登場している。勿論、正式名称をコードネーム・筋肉から聞いた野原夫妻はツッコミを入れていた。

関連タグ

ぶりぶりざえもん
クレヨンしんちゃん クレしん映画
コンピュータウイルス
ルパン三世バイバイ・リバティー・危機一発!・・・強力なコンピュータウィルス繋がり

暗黒タマタマ大追跡←前作 次作→温泉わくわく大決戦

関連記事

親記事

クレしん映画 くれしんえいが

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「電撃!ブタのヒヅメ大作戦」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「電撃!ブタのヒヅメ大作戦」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 228342

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました