ピクシブ百科事典

目次[非表示]

私は常に強い者の味方だ

概要

CV:塩沢兼人(初代、1994年2000年)→神谷浩史(二代目、2016年~現在)

上記の決め台詞の通り、常に強いものの味方であり、主人公野原しんのすけが発案した「救いのヒーロー」(有料)である。後にクレヨンしんちゃんの並行世界を描いた外伝「ぶりぶりざえもんの冒険」の準主役として登場。2018年のアニメでは同族と思われる「金ぶりぶり」「銀ぶりぶり」が登場した。しんのすけの相棒的なキャラ。

救いのヒーローただいま参上


初代として塩沢兼人が演じていたことは非常に有名。担当年数は実質6年と短かったのだが、当時は綺麗所を演じる機会が多かった塩沢が、こういったコメディ一本のキャラを演じるのは非常に珍しく、内外ともに大きな印象を残していた。

性格

常に強い者の味方を自称する故に、強そうな相手が現れるととたんに態度が覆り時には仲間を裏切ることもある。このように著しく臆病者だが、プライドだけは人一倍高いのでそのことを指摘すると激しく怒る。本人曰く「素手で戦えば世界最強」。
救い料は「いちおくまんえん」などと法外な値段を吹っかけてくる。ちなみにローン等の分割払いや小切手による支払いも可らしい。後述のように台詞が無くなっていた間は、このやりとりも無くなっていたが、その間の映画作品でしんのすけがこの台詞を言うことがあり(「オラの花嫁」では大人しんのすけも言っていた)、再び台詞が復活した後は再びこの言い回しを使うようになっている。

また、そうしたがめつさや図々しさなどが、偶発的にしんのすけ達や何かを救ったり、何らかの見返り(その話のヒロインである美女にいいところを見せたい)を求めて、本来のヒーローらしい活躍を見せようと躍起になる事もある(しんのすけなど、ぶりぶりざえもんの本性を知る者からはその本音を見破られる事が多い)。

容姿

ブタをちょっとスマートにして紫のスパッツらしき物を着けている。目と鼻の穴の大きさがアシンメトリーである。腰にさしているは刀のように見えるが千歳飴で、時々舐めている。

ぶりってんじゃねーぞ!



16年に渡る欠番

塩沢の訃報以降16年間の扱い

先述の通り長らく塩沢兼人が演じていたが、塩沢が不慮の事故で急逝して以降16年に渡り、遺族やファンの要望、そしてスタッフの「ぶりぶりざえもんを演じられるのは塩沢さん以外にありえない」という考えから事実上の永久欠番になっていた。
一時期塩沢の持ち役を多数引き継いでいる山崎たくみを後任に迎えて新たなエピソードを放送するという計画も持ち上がったが、結局上記の意向が強く、「山崎さんをぶりぶりざえもんの後任に起用するのは塩沢さんだけでなく、山崎さんに対しても失礼になる」という理由で立ち消えになった。
原作者の臼井儀人も同じような立場を示し、塩沢の没後もぶりぶりざえもんがセリフ付きで登場する「ぶりぶりざえもんの冒険」も時折掲載されていたが、ぶりぶりざえもんの登場シーンが塩沢存命時より若干減っており、上記の方針も相まっていずれも長らくアニメ化される機会もないまま、ぶりぶりざえもん登場作の発表も減っていった(そもそもぶりぶりざえもんの登場回が不定期連載のため、原作のエピソードが本編に比べて少なかったことも大きな一因である)。
しかし、その一方では、2010年前後のオープニング映像にもぶりぶりざえもんが登場するなど、決してその存在自体が否定されたわけではなかったものの、生前の塩沢の声が多用されているスーパーロボット大戦のようなケースとは異なり、過去の音源からサンプリングすることも塩沢に失礼であるという考えが強かったことから、一部のゲーム作品を除いてライブラリ出演さえも殆ど認められず、映像作品・音声作品にて、彼が登場することがあっても長らく一切セリフは用意されなかった。

二代目の決定、永久欠番解除

……こうして事実上永久欠番の状態が最後まで続くと思われていたが、クレしん連載開始25周年の節目を迎える2016年の5月6日放送回の次回予告において、16年ぶりに声付きで覚醒することが発表。その後、塩沢の後任となる声優が、塩沢と同じ青二プロダクションに所属し誕生日も同じ神谷浩史であることが明らかになった。神谷は、自身が二代目として塩沢の遺志を引き継ぐことになったことについて、次のようにその意気込みを語っている。

『青二プロダクションにぶりぶりざえもんが帰ってきた!』と喜ぶ弊社のスタッフを見て、塩沢兼人さんと同じ事務所の後輩として心から幸せを感じています!
僕の気持ちをここに全て書ききることはできませんが、とにかく!今までの色々なものが結実してぶりぶりざえもんに辿り着いていたのだとしたら、本当に声優を続けていて良かったと思えます! クールでセコくておねいさんが大好きでお金にがめつくて、ブタのくせに人間より人間くさい…僕としては珍しく共感しかないキャラクターなので大切に演じて行ければと思っています! 偉大なる先代を知っている方もそうでない方も、温かく見守っていただければ幸いです!

その後、神谷は、自身のレギュラーであるラジオ番組『神谷浩史・小野大輔の Dear Girl ~Stories~』の2016年6月4日放送分にて、水島努や、現テレビシリーズ監督のムトウユージなど、クレしんのスタッフと交流があったことが二代目に選ばれる一つのきっかけとなった、と語っている(神谷は、水島が監督を務めた『よんでますよ、アザゼルさん。』や『監獄学園』にて、それぞれベルゼブブ優一役、藤野清志役で出演しており、ムトウが監督を務めている『コレクター・ユイ』でも富士タカシ役に起用されていた)。

またムトウも、後にテレビ雑誌の取材において、「永年スタッフの意向でぶりぶりざえもんを封印してきたが、月日が流れてファンの間でもぶりぶりざえもんを知らない世代が増えてきてしまい、このままでは良くないと思った。永久欠番に固執する姿勢は視聴者に自分たちスタッフのエゴを押し付けているだけではないかと思い直し、クレしん連載25周年や塩沢さんの死去から16年という節目を迎えるにあたって復活を決めた」と述べている。

神谷が正式に起用されて以降は、「ぶりぶりざえもんの冒険」のアニメ化も少しずつ再開しており、神谷による録り下ろしオリジナルボイスを使用したぶりぶりざえもんのLINEスタンプが配信されるなど、再びぶりぶりざえもんに脚光が集まりつつある。

類似キャラクター

作品のマスコット的な脇役であり、小さくて可愛い容姿、
すぐに敵側に寝返ったりするが憎めない性格など、
多くの共通点があり存在感が似ているキャラクターとして
ボボボーボ・ボーボボに登場する田楽マンがいる。

なお、2つの作品(ボーボボとクレヨンしんちゃん)過去にアニメで合体スペシャルをやったことがある。(しんのすけとボーボボも音声だけだが、会話したことが有る。)

主な輝かしき武勇伝

雷鳴編

記念すべきデビュー作品。
借金取り立て屋の鰐造(わにぞう)一家から貧乏親子を守るために、老ブタから貰った『救いのマラカス』を振ったしんのすけに呼び出されたが、即「怖いからヤダ。」という一言で断り、大勢の人をズッコケさせた。
その後しんのすけとの連係プレー(?)で撃退。

風雲編

空腹で死にかけたしんのすけに呼ばれる。
…が、本人も空腹で行き倒れ状態であったため状況が変わらず共倒れになるが、親切な親子によって豚汁の鍋に入れられる形で救われた。
その後、人身売買を目論む組織に攫われた一人娘を救うためにカラクリ屋敷に乗り込み、野グソ状態で屋敷主を「(ウ〇チを)拭いてないお尻攻撃」で撃退し、無事に娘も救出した。

飛翔編・電光編

口の悪い姫(※この編集者はげんこつ受けました。)
……お転婆な姫を人質に、将軍の権力を握ろうと企む一族から姫を奪還する為に、護衛を務める若娘・お竜から手助けの依頼を受け、褒美が豪華と聞くなり闘志を燃やして救出に参加。
途中敵によって焼死(アニメ版では水で溺死)されかけたしんのすけ達を助け出し、一族一の実力を持つ用心棒に「臨月出産」の一言で隙を作らせて、お竜に勝機を与えた。

風雲妖怪城

活動時間が3時間→3分、とある国の呪いをかけられた王子と設定が大きく変更(ただしそれ以外は変わらず)。
妖怪を退治してひろし達の呪いを解き、攫われた多くの若娘とみさえを助けるために協力。
手助けするには、ジジイの股毛で作った筆で契約書に書かないといけない。
事件解決後は野原家に居住してるらしく、ガマの油を量産するのにこき使う妖怪を女王様コスで(嬉しそうに)調教していた。

オラは孫悟空だゾ

三蔵とある理由で別れた猪八戒ことぶりぶりざえもん。
空腹で死にそうな野原一家に豚カツにされかけたが、事情を説明して一家と旅をする事に。
このエピソードに関しては、旅する一家のツッコミ役という珍しい立ち回りで活躍した。

赤ズキンと紫ズキンだゾ

密書を隠し持つ紫ズキンことしんのすけと因縁がある、新選組沖田総司として登場。
紫ズキンと同じく綺麗な女性が好みだが、松たか子を除く年上女性好きの彼とは別に赤ズキンみたいな少女もタイプ。
美しい顔が自慢で常に大きな鏡をスパッツの中にしまい込んでいる。

クレヨンウォーズ1・2・3

宇宙を流離う宇宙海賊「レオナルド・デカぶりオ」を名乗り、強大な力を与える『スーパーニンニクエキス』のありかを聞き出して、宇宙の支配を目論む敵組織に攫われたバーゲン・セール姫とかいうおばs(※この編集者は頭にタンコブ2段膨れました。)
……麗しきバーゲン・セール姫を救出する為に褒美目的でしんのすけ達と協力関係になったが、敵のアーシク・セイダーの実力を見るなり、彼の第一の配下(自称)として敵勢力に寝返る。
戦闘力は-640

関連イラスト

二代目声優の神谷にちなんで、彼の担当するキャラとのコラボイラストが投稿されている

ぴかぴかざえもん
チョロチョロざえもん


『ぶりり木さん』
祝!ぶりぶりざえもん復活!


お帰りなさい!
(声優ネタ)16年ぶりの復活



関連タグ

クレヨンしんちゃん 塩沢兼人 神谷浩史 ヤキニクロード SHIN-MEN


関連キャラ

マスターヨダ…同作品の登場人物で担当声優が逝去して以降、テレビアニメでの出演が途絶えているのが共通しているが、重い腰を上げ復帰したぶりぶりざえもんと違い再登場の見込みはない。
スッパマンデラックスファイター…『ヒーロー』を自称しながら、実際は「強い者に媚び、弱い者を挫く」という質の悪い思想を持った俗物ヒーロー仲間。
両津勘吉ナツキ・スバル…前者は『超がつく程に欲が強く、その為ならば自分の立場に反する行動も辞さない』、後者は『無能のくせにプライドだけは一人前』と、それぞれ決して褒められた性格ではないものの、どこか憎めないキャラで作中人物の『ヒーロー』となっている。

関連記事

親記事

クレしん くれしん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ぶりぶりざえもん」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2856531

コメント