ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

カンタムロボ

かんたむろぼ

カンタムロボとは、『クレヨンしんちゃん』に登場するヒーロー。 作中でしんのすけがハマっているロボットアニメの主役という設定である。
目次 [非表示]

CV:大滝進矢(厳密に言えばカンタムロボのパイロットであるロボット生命体カンタム」の声)


概要

超電導カンタムロボ」の主役。ロボット生命体『カンタム』が搭乗する巨大ロボットであり、もう一つの肉体でもある(パイロットと同じ外見なのは自分と同じ姿の巨大ロボを作るのがブームだったため)。この仕様はほかのミッドナイト製ロボ、つまりカイザムをはじめとするカンタムの家族も同様である。


ただし、カンタムロボには超カンタムという真の姿がある。発動にはサブパイロットが必要で、地球へはパートナーとなりうる存在を求めてやって来た。

当初はカンタム単独で操縦し、パートナーのジョンは頭部のプラットホームにバイクごと搭乗していた。ジョンを自分のパートナーとして認めたカンタムはロボの内部と基地を案内し、それ以降は二人で胸部コックピットに搭乗しミッドナイトのロボと戦うこととなる。


上下半身が分離可能で、必殺技であるゴッドウインドや超カンタム合体時に使用される。


背部のロケット推進と足裏のローラーを駆使し、陸・海・空を問わず運用できる万能な機体。また、宇宙空間や高重力下を物ともしない機体強度を備えている。


非戦闘時は大仏をカモフラージュとしたシークレットベースの地下に待機しており、出撃時は大仏が左右に分かれてそこから発進する。


実はワンオフではない。

シークレットベースに残されたスペア機をはじめ、様々なカンタムロボが存在する。スペア機は成長したカンタムJrと成人したジョンが乗り込み、復活したミッドナイトとの死闘を繰り広げることとなる。


ちなみに

劇場版クレヨンしんちゃんではアクション仮面およびぶりぶりざえもんと共にゲストとして出演する頻度は高い。

アクション仮面が『アクション仮面VSハイグレ魔王』と『嵐を呼ぶジャングル』で、ぶりぶりざえもんが『電撃!ブタのヒヅメ大作戦』において主役級のキャラとして活躍しているのに対し、彼のみ劇場版シリーズでメインを張ったことがないので若干不遇。

とはいえカンタムならではの活躍もあり、『雲黒斎の野望』の最終決戦ではしんのすけの思考を具現化した巨大ロボットとして現れた。この時のカンタムロボは本人ではなく、あくまでしんのすけのイメージが元ということでか、オリジナルとは構造から技に至るまでがかなり異っている。

2014年には『逆襲のロボとーちゃん』にて久々に劇中劇として登場。劇場版カンタムロボを少しだけ観ることが出来る。


2023年公開の『超能力大決戦』では、本物の巨大ロボットとして登場。

初期のジョンのように頭部から超能力を駆使してカンタムロボを操る場面が描かれており、しんのすけが乗り込むのは『雲黒斎の野望』ぶりとなる。

また本作の宣伝として池袋サンシャインシティでは巨大バルーンが8月11日まで展示されており、今までと違いメインの1つとして大きく扱われることとなった。


ちなみに、アニメのカンタムロボのメカデザインをしたのはイラストレーターの西村博之氏。2ちゃんねる管理人のひろゆきとは同姓同名の別人である。


『逆襲のロボとーちゃん』に合わせてバンダイのアクションフィギュアブランド・スーパーロボット超合金で立体化されている(前腕の分離は可能だがブーメランの再現はオミット)。

『超能力大決戦』版も映画に合わせてBLITZWAY JAPANのアクションフィギュアブランド・CARBOTIXにて立体化が決定した。


武装

カンタムパンチ

いわゆるロケットパンチ。攻撃だけでなく牽制や捕獲に用いることも多い。

TVSPで刑事を演じた際、パンチはもらっていくわと気球の女にあっさり奪われ、

代わりにしんのすけとぶりぶりざえもんを発射したことがある。「わっ…私の腕を返せー!」

元ネタは元祖ロケットパンチのマジンガーZからか。


カンタムビーム

指先から射出するビーム。センサーがカンタムと直結しているため、敵ロボットの無数のミサイルを全て発射後に迎撃するほどの命中精度を持つ。


カンタムブーメラン

背中のウイングを引き抜きブーメランとして投げつける。敵ロボットを簡単に切り裂く。手持ち武器としても使用。


カンタムゴッドウインド

カンタムパンチと分離した下半身の同時攻撃。パンチで相手の動きを止め、下半身で体当たりを敢行するフェイント技。下半身を特攻させる様はまさにVガンダムのボトムアタック(ただし下半身は爆発しない)。ここでようやく元ネタオマージュが登場した。



武装(雲黒斎の野望)

ぶりぶりパンチ

ABAB左右コマンドで腕がぶりぶりざえもんに変形。雲黒城ロボのパンチとぶつかって粉々に破壊された。

みさえパンチ

BBAB上下コマンドで頭部がみさえ形態に変形、ロケットパンチでグリグリ攻撃を行う。グリグリ攻撃の恐ろしさを身をもって知るひろしからは「すげえ武器だ……!」と感嘆されるも、雲黒城ロボは喰らいながらも蹴りで撃ち落とした。雲黒城ロボのコックピットが胴体の方にあったのだろうか?

アクションビームガン

ABBAAB右右左でビームガンセット。その後3人でこのコマンドを入力しないと発射されない。

一発目はひろしとみさえがコマンドを「ABBABA右右左」と間違えてしまったので失敗。砲身から桜の木がとびだした。


スパロボ参戦

2016年4月下旬に期間限定でスーパーロボット大戦X-Ωに参戦。

パイロットはしんのすけに変更。

夢の世界で綺羅星十字団と戦っていた。


余談

名前こそガンダムが元ネタではあるが、作風はガンダムのようなリアルロボットというよりも、従来のスーパーロボットアニメとしての毛色が強い。

また、戦闘メカザブングルにおいて、主人公ジロン・アモスがカンタムと同じ声優であることと、後半主役ロボの配色と合体システムが似ていることは有名な話である。



関連イラスト

ありがとう超カンタムロボ

究極カンタムロボ!!【過去絵】カンタムロボ最終回


強化形態

超カンタム

上半身と下半身が分離し、上下逆に再合体する「正常合体」で変形する。

さらなる高速モード「超超カンタムロボ」も同項目参照。

究極カンタムロボ

超カンタムとカンタムの妻・シーラの愛機シーラロボの「究極極限正常合体」で変形する。


関連タグ

クレヨンしんちゃん

アクション仮面

ぶりぶりざえもん


ブルー・ジェット:中の人が同じロボット生命体。

グランゾート∶同じく声優が同じロボット、隣のおばさんと同じ声のキャラがこのロボットを復活させようとしていた、このロボットの騎乗者声の人はクレヨンしんちゃんに出演したことは有るが、ぶりぶりざえもんとの共演ゲストの女剣士のお竜役のみで隣のおばさん共々、カンタムロボと接点は無い。

関連記事

親記事

クレヨンしんちゃんの登場人物一覧 くれしんとうじょうじんぶつ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 794132

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました