ピクシブ百科事典

充電

じゅうでん

(1)蓄電池やコンデンサーに電気を与え、電気エネルギーを蓄えること。(2)比喩的な意味で、一定の期間休養をとり,以降の活動のための活力を蓄えること。(大辞林より引用)
目次[非表示]

意味

  1. 充電池(バッテリー)やコンデンサー電気を与え、電気エネルギーを蓄えること。
  2. (比喩的な意味で)一定の期間休養をとり,以降の活動のための活力を蓄えること。


解説

電力を与えて、使えなくなった(電池切れの)電池を使えるようにする事。
これが出来る電池を「充電池」(二次電池・蓄電池)と言う。

転じて、長期の休暇などで体力精神回復させることの比喩表現にも用いられる。

萌えエロスとしての分野

充電の際には本体から出ているプラグコンセントに差す場合もあるが、専用の充電器のプラグを機器の“穴”に挿入して、そこから電気を送り込む場合もあり、なんとなくエロティックな感じを与える行為である。
特に二次元だと、平成初期の美少女エロの黎明期から恥ずかしい場所に挿込口を設置した美少女アンドロイドというのは、割と存在していたりする。
これだから日本って国は……。
2000年頃になると、充電に性的快感を付加させるといったアイデアまで飛び出す始末。
もうやだこの国……。

まあ、最近ではプラグを本体に差す必要がない(電磁誘導を用いる)ものもあり、そもそも電池自体を取り出して充電するものが元だったので、そういうエロスを感じられない場合もあるが、

咲 全国編 充電中


それはそれで「萌え」だったりもする。

接触によって「萌え」を充電する行為は、この業界ではよくあることです。

出撃前にお互いを確かめ合って充電する雷電



外部リンク

ちくでん【蓄電】の類義語・同義語 - 類語辞書 - goo辞書

pixivに投稿された作品 pixivで「充電」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 305858

コメント