ピクシブ百科事典

タチコマ

たちこま

テレビアニメ「攻殻機動隊S.A.C.」シリーズに登場する思考戦車。
目次[非表示]

cv:玉川紗己子
なお、英語版では各機の声優は異なる。

概要

公安9課で運用される思考戦車
人工ニューロチップを用いた人工知能(AI)を搭載し、自ら「思考」し自律的に行動することができる「戦車」である。

外見

作中の多脚戦車の例に漏れず、複数の脚部を持つ。
一言で言うと蜘蛛のようなデザイン。
塗装は基本的にブルーで、部分的に白。
塗料は熱光学迷彩用に再帰性反射材が使用されている。

性能

右腕に7.62mmチェーンガン、口吻に見える部分には50mm榴弾砲が装備されている。
この榴弾砲は、普段は誤射を防ぐよう、鍵付きカバーが付いており、カバー横の電子鍵を外してカバーを外すことで発射可能となる(タチコマ達は事あるごとに撃ちたがるが)。
なおこの榴弾砲は12.7mmガトリングガンに換装可能。ただし本編では1回しか出たことがない。
PSPゲーム狩人の領域では後部ポットの左右の5か所の装備の換装が可能となり、様々な装備を搭載することができる。
2ndGIG以降では足のキャタピラ部は状況に応じて3本指かタイヤ状に変形できるので、狭いスペースでも高い旋回性を発揮する。
そしてAI(後述)を搭載しており、自律行動が可能。
多脚「戦車」なので、もちろん乗れる。昆虫でいう腹部にあたる部分(ポッド)にコックピットがあり、搭乗可能。ただし非常に狭い。
このポッドにはワイヤー射出機構が6門装着されており、粘着性の高いワイヤーを発射できる。
俊敏性が高い反面、その装甲はFRPとチタンフレームといった軽量な素材でできているため、防弾性はせいぜい小口径ライフル弾を弾く程度。
小口径ライフルであっても集中砲火されたり軍用機の機関銃で撃たれたりしてどこぞの大統領風に言うならば「穴あきチーズ」になっているあたり、あまり乗りたい気はしない。(後部のポッドはチタン殻で出来ている事もあり、ジガバチの30mm機関砲に耐えているが、HAW206の12.7mmガトリングガンではポットごと破壊されている)
公安9課には9機配備されており、課員のバックアップを行っている。

AI

この機体に搭載されているAIが、キャラソンが製作されるほどタチコマをアイドルたらしめる所以である。
なぜか無邪気な子供のような性格に設定されており、非常にかわいい。
鉄火場に立つ機械にはもったいない可愛さである。
特にバトー専用機は、バトーが与えた天然オイル(作中世界では非常な高級品)により、AIが予想外の進化を遂げている。可愛い。
「バトーさぁん♪」

声優玉川紗己子さんの演技もあいまって、見た目には丸っこいくらいしか可愛いと思える
要素が無いはずの機械に、凄まじい萌え要素を付与している。
AIのニューロチップは並列化により均質化をしても成長に応じて個体差が生じるため複製は出来ず、ニューロチップの破壊は個の消失でもある。
後述のニュータチコマではエージェント機能によりネットワーク上での支援も可能となり、個体差を維持したままの並列化も可能となっている。
ニューロッチップは胴体部に搭載されているが、2nd GIGのニュータチコマではニューロチップの破壊による個の消失の回避のためにAIに改良が加えられ、米帝の人工衛星に同乗する形で衛星軌道上に存在し、アンテナを介してボディのコントロールを行っている。
2nd GIG終盤で米帝の原潜が長崎出島に向け発射する核ミサイルを撃墜する為、多くの衛星の軌道変更、迎撃に使用するが、確実に撃墜する為に自身のニューロチップを積んだ衛星も迎撃に使用する。
核ミサイルの撃墜に成功するもニューロチップは失われてボディは活動を停止、後にタチコマの代替機としてウチコマが配備されている。
ニューロチップは焼失したものの、SSSにてネット上に作成された可処分領域に残されたAIのデータがサルベージされ、復元されると共に「マックス」、「ムサシ」といった固体名を与えられている。
タチコマのボディも回収されており、SSS終盤では九課の課員と共に前線へと復帰している。

なお、タチコマに使われている人工ニューロチップの開発者は有須田博士だが、バトーに似ている。

セタ

PSPゲーム攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX -狩人の領域-に登場する黒いタチコマ。
タチコマのプロトタイプで廃棄されたはずだったが開発者の一人である剣菱重工の坂田という研究員により北端択捉へと持ち出された。
バイオロイドのシカリと共に行動する。
名前はアイヌの言葉で「猟犬」を意味する。(なお、シカリは「狩人」を意味する)

けものフレンズ(アプリ版)

けものフレンズまとめ6


アプリ版けものフレンズでは、攻殻機動隊とのコラボイベントとしてタチコマがフレンズ化して登場。

基本的な外見はスク水姿の女の子という色々と衝撃的な擬人化を果たしている。おなかの部分に名札には基本的にはS-9(Section9)の記入がある。
さらに、イベント内では元の姿のタチコマを模したセルリアンも登場した。
フレンズとして実装されたタチコマ3体とウチコマとロジコマ、そしてHAW-206の6種類。
タチコマの3体はSAC1期25話で登場した最後の生き残り3体がモデルになっていると考えれられる。
CVは原作同様タチコマ達は玉川紗己子、ロジコマは沢城みゆきが担当している。

ストーリー

バトーさんのくれた珍しいオイルがジャパリパーク産であると聞きつけたタチコマ達。「休暇」を取得した彼らは後輩のウチコマも連れジャパリパークにやって来るが、セルリアンに遭遇してしまう。休暇中で武装もなく逃げようとしていていた所、彼らの重量で土砂崩れが起きてしまう。崩れた土砂にサンドスターが含まれており、巻き込まれたタチコマたちはフレンズ化する。いないはずのHAW206やロジコマまで現れ、身に起きた不思議な事態に戸惑っていると、主人公・パークガイド・サーバルの三人組と出会う。

キャラクター

タチコマ(Type-A)

青い基本形のタチコマ。コラボイベントの主人公的存在。
他のフレンズたちを驚かせないようにと光学迷彩を用いて隠れようとするもののことごとく見破られる。
レアリティ☆5のパッション属性で攻撃タイプは遠距離型。
所有スキルは敵全体に攻撃力の5倍のダメージを与える「タチコマヒマワリ乱射撃」。

タチイエロー(Type-B)

黄色いタチコマ。SAC一期25話に登場した高所作業用仕様。他と違い名札が警告色で塗られている。
一番バトーさん愛が強く、自己紹介でバトーさんの話をしたとき、目がハートだった。
SSSに登場した黄色のタチコマ「ムサシ」がバトー専用機を復元したものだったことから、おそらくバトー専用機。
レアリティ☆4のピュア属性で攻撃タイプは近距離型。
所有スキルは敵全体に攻撃力の3.5倍のダメージを与える「高速機動ワイヤーアタック」。

タチシルバー(Type-C)

シルバーのタチコマ。SAC1期25話に登場したラボ仕様。原作同様人間用ポッドが取り払われている。名札には笑い男マークのようなものが書かれている。
何故か草薙素子(SAC)に外見も性格も酷似している。戦闘でも素子同様の高い指揮能力を見せる。
レアリティ☆4のクール属性で攻撃タイプは遠距離型。
所有スキルは敵全体の攻撃力が30%下がる「光学迷彩バックスタブ」。

ウチコマ

ジャパリパーク産の天然オイルを探しに行くタチコマ達に同行していた。
個性がないことがコンプレックス。バトーさんに気に入ってもらえるよう個性を獲得したがっている。

HAW206(ハウ)

タチコマ達がフレンズ化したところにひょっこり現れた多脚戦車。項目参照。

ロジコマ

HAW206同様ひょっこり現れた多脚戦車。項目参照。

タチコマ型セルリアン

タチコマ達がセルリアンと接触した情報を元にコピーされたセルリアン。本ストーリーではこのセルリアンを追うのが主となる。
サーバルによって「タチリアン」と命名されるが、タチコマに「ダサい」という感想を生じさせてしまう。でもなんだかんだでこの愛称が定着する。

Pixivにおいて

擬人化される場合がままある。
性別については人によるが、ファン層の問題上ょぅじょになっていることが多い。たまにショタだったりする。

関連イラスト

タチコマさん
覚えていてくれたんだ



関連動画



関連タグ

攻殻機動隊 フチコマ ウチコマ ロジコマ

pixivに投稿された作品 pixivで「タチコマ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2239858

コメント