ピクシブ百科事典

HAW206

えいちえーだぶりゅーにーまるろく

テレビアニメ『攻殻機動隊S.A.C.シリーズ』に登場する多脚戦車。
目次[非表示]

概要

サソリのような形をした巨大な多脚戦車
その大きさはタチコマの倍以上で、タチコマが全体的に丸っこいボディをしているのに対して、このHAW206は全体的に角が多い。
陸上自衛軍の主力戦車として運用されている18式戦車の開発を手掛けた剣菱重工が、6年の歳月と社運をかけて開発した新型多脚戦車で、初登場時は薄いベージュ色、陸上自衛軍に正式に採用されてからはミリタリーな深緑色となっている。

性能

両腕にはマニュピレータと12.7mm×99mm弾を発射する12.7mm3銃身ガトリングガン、メインボディにはフレアディスペンサーとジャミング装置がある。
特にこのジャミング装置は、レーザー照準の対戦車ミサイルの照準を様々な手段で妨害するだけでなく、逆探知して射手へと送り返す事も可能とする。
またサソリの尾に見える砲塔には、短砲身の120mm砲と発煙弾発射筒が装備されている。
また鷹の目に使用する衛星とリンクすることもできるなど、高度な電子戦能力も有する。

その攻撃力は非常に高く、12.7mm弾を使用したガトリングガンの掃射は胴体はともかくポッド部は30mmチェーンガンの掃射に耐えられるタチコマをポッド諸共蜂の巣にして破壊するほどの威力を有する。また120mm砲は1秒以内で180度旋回させることが出来る代物で、威力も18式戦車を一撃で撃破することができる(劇中での着弾シーンから砲弾には成形炸薬弾を使用している模様)。また短砲身の割には長射程らしく、劇中では高速道路の外壁を破壊して貫通した後そこからかなり遠くの山腹に着弾している。

また大きさに見合った高い防御力と重量を持つ。
タチコマの7.62mm弾は完全に弾かれ、12.7mm弾でも表面が黒く焦げて僅かにへこむ程度でまるでダメージにならない。
さすがに20mm弾は抜けるのか、衛星を介して射線を解析することで避けている。
またその巨体も相まってパワフルな機体であり、体当たりで高速道路の料金所を全壊させたほか、タチコマ5体に上り坂でワイヤーで引っ張られても動くことができる。

しかし素早い動きはあまり得意でないのか、足場が崩されるなどに弱く、可動部が多いため、可動部を絡めとる対多脚戦車兵器である短時間で硬化する粘着弾にも弱いのが弱点である。

外部作品とのコラボ

けものフレンズ(NEXONアプリ)

センシティブな作品


思考戦車HAW-206だよー。
陸自の正式配備期待、つまり花型ってヤツだね~。軍用機に相応しい強度とパワーをもってるんだ。
でかいぞ、強いぞ、かっこいいぞ!
配属は違うけど、タチコマたちとは同郷なの~。

攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEXとのコラボイベント「けもの9課 TACHIKOMA FRIENDS すたんどあろーんけもぷれっくす」では、他のタチコマズ達とフレンズ化して参戦。
CVは他のタチコマズ達と同じ玉川砂記子が担当。
フレンズ化した際の見た目は、デコ見せの銀髪に赤い瞳に銀色のスク水を改造したようなデザインとなっている。またフレンズ化による女体化という事もあってか、原作のデザインよりも比較的丸っこい印象が見受けられる。
本来いないはずのHAW-206が出てきた理由をパークガイドはタチコマのメモリーから構築されたと推測している。呼びにくいのでパークガイドが名付けた名前は「ハウ」。
加護タケシのゴーストは宿っていない…ハズ。

レアリティ☆5のパッション属性。
攻撃タイプは近距離型。
得意地形は都市・夜、苦手地形は水辺(後に海洋へ変更)。
グループは無所属。
所有スキルは先頭の敵1体に攻撃力の7倍のダメージを与える「ヤシの実120mm砲」。

関連タグ

攻殻機動隊
多脚戦車 思考戦車 タチコマ

関連記事

親記事

攻殻機動隊STAND_ALONE_COMPLEX こうかくきどうたいすたんどあろーんこんぷれっくす

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「HAW206」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「HAW206」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 16008

コメント