ピクシブ百科事典

ペギタニスト

ぺぎたにすと

※注意!! この記事はR-18及び、R-18Gに該当する内容を含みます。 「ペギタニスト」とは、ヒーリングっど♥プリキュアに登場するヒーリングアニマル「ペギタン」の愛好家の中でも、歪んだ愛を持った者の事を指す。
目次[非表示]

この項目には嗜好的な内容が含まれます。人によっては精神的に不快になられる可能性がありますので、そのようなものが苦手な方はブラウザバックを推奨します。




概要

ペギタニストの定義としては、以下の2点が漏れなく当てはまる人である。
①ペギタンが大好き(=自分自身の顕在意識では、ペギタンに対して憎悪の感情を一切抱いていないと思っている)。
②でもペギタンが傷つく描写(精神的に傷つく描写も含む)を見て楽しむ事が好き。

pixiv内での事の経緯を説明すると、ヒーリングっど♥プリキュアペギタンに関連する様々なイラストや小説が投稿されていく中、2020年4月頃からペギタンがいじめられたり、拷問されたり、殺害された上にその死体おもちゃにされたり、他の動物たちに食べられそうになったり、また時には調理されて本当に食べられてしまうイラスト、7月頃から小説が散見されるようになった。
また、肉体的に痛めつける描写は無くとも、精神的な意味で痛い目に遭わされるパターンのイラストや小説も徐々に増え始めたのである。
(因みにそんなペギタンをいじめる人物は「誘拐犯」と呼ばれるとある見知らぬ男性である。)

何故このようなイラストや小説が投稿され、ラビリンニャトランなど他の妖精にはないのかと言うと、ペギタンは他の三匹の妖精と比べて気が弱く、弱虫で泣いて逃げる姿が本編でかなり目立っているのが原因だと思われる。

ペギタニストの習性としては、ペギタンがペエ〜!と泣き叫んだり、ちゆ〜!パートナーに助けを乞おうとしたり、「どうしてこんな酷いことするペエ〜!と大声で問い詰めたりする様子をペギタニスト達は面白がってはいるが、これでも彼らなりの愛で方なのである。

ペギタンを酷い目に遭わせて楽しむという点から誤解されやすいかもしれないが、先述の概要の通り、ペギタニストはペギタンの愛好家であって決してアンチペギタンではない。
ペドフィリア(小児性愛者)が幼い子供に対して愛着と欲情の念を感じずにいられないように、常人では到底理解することが困難な歪曲した愛情を抱いているだけである。
中には、ペギタンを愛する気持ちが強いあまり本気で殺したい気持ちを抱く者もおり、自筆のイラストや小説の中で殺害と蘇生を繰り返してペギタンが苦しむ姿に愉悦の笑みを浮かべる者もいる。
歪な形といえど、ペギタンへの愛情を持ってイラストや小説を楽しむのが真のペギタニストである。

ペギタニスト作品におけるペギタンの容姿および特徴

センシティブな作品


酷い目に遭うとその直後にお漏らし脱糞をする、プライドが異様に高く傲慢で(プリキュアを含む)人間を見下しては自分の都合のいいようにしか物事を捉えられない鳥頭を持ち、知能が低いくせに知識マウントを取る一方で都合の良い時だけ人間にすり寄り、痛みに弱く些細なことでよく泣き叫ぶ(その為加虐側の嗜虐心を煽る)、前髪が男性器そのものになっていて勃起して射精する、常に肛門が見えている、むさぼるように盗み食いをしては出される食べ物にケチをつける、悪さをして制裁を受けたとしても「やめてくださいペエ!!」などと懇願するが一切反省や謝罪はしない、等過剰に嫌悪感を扇情する設定をしていることが多い(これはペギタニスト作品に限らず、嗜虐系の創作において多々見られる性格改変・設定である)。作品によっては高い再生能力を持っており、瀕死レベルの傷も時間と共に治癒するが、その結果繰り返し虐待を受ける羽目になる。
蛇に捕食された時や高温の油に入れられるなどの調理されて死ぬ時は虫みたく丸まる特徴がある。(これはベビタンも同様)
いくらおにぎりが好物とされるが、これは本編での設定ではなく玩具のヒーリングルームバッグでのミニゲームが由来である。ちなみに玩具では、他にもお部屋の中を掃除するものもあるが、ラビリンが葉、ニャトランが毛玉という自然に落ちたものに対し、ペギタンは魚の骨という明らかに自分自身が出したゴミをプレイヤーに片付けさせるという仕様となっている。

更にペギタニストによる二次元オリジナルキャラとしてペギタンの子供のベビタン(正式名称 ベビーペギタン)が登場しそのベビタンにも周囲の人間や動物(場合によっては産みの親であるペギタン)によってひどい目に合い、虐殺されるイラストや小説も存在する。
また、ベビタンの設定からの発展として単為生殖でペギタンが繁殖した結果食用家畜として生きたまま調理されたり、野良で繁殖した個体群がゴミあさりや盗み食いといった迷惑行為を働いて害獣扱いされたりする漫画や小説も存在する。


誘拐犯

ペギタンを誘拐し、虐待をしている男性(稀に女性の誘拐犯が登場する場合もある)。
話によってはペギタンの世話に嫌気がさしたちゆから引き取った場合もある。
性格は外道かつ残忍で、ペギタンとベビタンに対し歪曲した愛情を抱いて可愛がってはいるが、扱いはかなりぞんざいで腹いせや気まぐれによる暴行での殺害は当たり前だがラビリンやニャトランなどには優しい。
詳細な人物像が描写される事は基本的に無いが、ペギタンやベビタンを飼育したり、様々な器具を所有している事から、経済力にはかなり余裕のある人物と思われる。
虐待道具としては主にはんだごてを好んで使用する。
ペギタンを呼ぶ時はゴミ、ブサタンなどだが、毛を剃った時にはハゲタンと呼ぶ。
ペギタンもやられっぱなしではなく、反抗や脱走を試みては必ず失敗して誘拐犯によりもっと酷い虐待を受ける。
動画配信サイトではペギかわ♡ちゃんねるのチャンネル名でペギタンの虐待の様子を配信している。


主な虐待内容

肉体への虐待
肛門や口や目へのはんだごての挿入
蛇などの動物の餌
徹底的な暴行
煮えたぎった油やお湯に入れられるなどの調理
嘴や四肢の切断
心の肉球の破壊
眼球の摘出
全身の剃毛
サイボーグ化
など
精神への虐待
目の前でのベビタンの殺害及び蛇などの動物の餌
ベビタンの殺害及び捕食の強要
食糞の強要
誘拐犯からの罵倒及び暴言
VRを使用してのちゆや他のプリキュア達からの罵倒やちゆのNTR
など

周囲との関係

誘拐犯を除いて嫌われ、害獣汚物として扱われて駆除される(それに伴い、ちゆや他のプリキュアの性格も改変され、ペギタンを迫害・嫌悪しているケースも多い。逆にペギタンに対してちゆが問題となるくらい過保護な性格になっている作品も存在する)。
パートナーであるちゆや他のプリキュア(のどかひなた青キュア)を性的な目で見ており、覗きやエロい妄想、エロい写真を見ては男性器になった前髪を勃起させてオナニーする。
特にちゆへの執着は酷く、寝言などで自分の女だと言っていることもある。
ラビリンニャトラン、後輩のプリキュア妖精にはマウントを取って見下しているがラビリン達からはヒーリングアニマルの面汚しとして嫌われていて、ラテからは食料やおもちゃとしか見られない。
様々な悪行三昧のうちにちゆとのパートナー解消後にスズチュンに取って代わられ、ヒーリングガーデンを追放されてホームレスになることも。

原因・理由

ヒーリングっど♥プリキュアの放送が終わったにも関わらず投稿が増えている訳は作中のペギタン自身の言動に問題があると見られる。
・ちゆの弟、とうじの邪魔をする
・イップスイップス叫んでちゆのための行動をする他の4人の邪魔をする
・敵や一般人に何度も捕まる
・序盤だけならともかく終盤ですら弱音を吐いて仲間の士気を下げる
・敵にビビって動けなくなる
・最終回にまでパートナーの意味を履き違えて他のヒーアニにマウントとる
・etc
要するにラビリンにニャトランそしてラテはパートナーと共に今まで数々の困難を乗り越えて成長したのに、ペギタンだけは序盤から終盤まで大した活躍、成長を見せず、パートナーのちゆや仲間に最後まで迷惑をかけてきたからである。
吐き気を催す邪悪の一覧の記事が現在も残っていたらペギタンが確実に入れられていただろう。

注意

純粋にプリキュアおよびペギタンが好きな者の中には苦手意識や嫌悪感を持つ者もいるため、閲覧等には注意が必要である(R-18およびR-18G指定されているイラストや小説も多い)。

関連イラスト

無題
ペギタンいじめ
無題


休憩時間ペギ
おうちdeペギタン&飼育メモ



関連タグ

ヒーリングっど♥プリキュア ペギタン キュートアグレッション 特殊嗜好 

マ虐論争
しぃ・・・ある意味先駆者
ゆっくり虐待

関連記事

親記事

プリキュア(二次創作) ぷりきゅあにじそうさくまとめ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ペギタニスト」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 948027

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました