2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

酷い事をしたキャラや悪役が因果応報で酷い目にあったり、
思わず嫉妬してしまうほど過剰に幸せだったキャラが不幸になったりするイラストに付けられるタグ。
「ざまぁ」の前にキャラ名を付けて「○○ざまぁ」の形でも用いられる。

語源は「さまをみろ(様を見ろ)」が訛った「ざまあみろ(様あ見ろ)」の略語であり、特にネットで多用されている。
」とは「生き様」「有様」等の事で、つまり「自分の無様な状況を見ろ(そして嘆き悲しめ)」と言う意味。

二次創作などの注意点

二次創作、イラストなどで表現がいきすぎると、意図していなくてもキャラに対するヘイト創作と取られてしまうこともあるので注意が必要である。
特にラブコメなどで主人公と結ばれなかったヒロインのファンが主人公と結ばれたヒロインを妬んで、BL愛好家が推しカプ男性の恋人女性を憎んで、夢小説愛好家が推しキャラの恋人を恨んでというケースは注意に注意を重ねる必要がある。

一次創作のざまぁ

当然ながら一次創作の原作者が、敵役や悪役の末路としてそういう展開にするのは許される。

小説家になろうカクヨムエブリスタでも投稿され小説系の内容としては最早一つのジャンルとして確立されている。
パーティー追放もの悪役令嬢物が多く、特に復讐ものでは悪役が無慈悲末路を迎えるケースが大半である。

もっとも、許されると言うのはあくまで二次創作の倫理的な話。読者感情や作品の評価においては、必ずしも許される訳ではない。
特に、受けた被害と復讐行為のバランスが取れていない場合、読者からの批判を受けやすい。

例えば追放モノの場合、チートに目覚めるのはパーティー離脱後で在籍中は本当に役立たずで追放が割りと妥当な措置だったり、プライドこそ傷ついたものの実質的な被害は軽微だったり、結果論だがパーティーに居残るより遥かに恵まれた環境(金と名誉とハーレムゲットなど)になったりする事がある。
にも関わらず、苛烈な復讐、例えば魔王を倒したのは本当なのにその名誉を剥奪の上心身に深刻なダメージを追わせるなどしたり、リーダーに騙されただけの女性メンバーまで悲惨な目に合わせて(呪いや毒で二つ目と見れない容姿にされるなど)しまい、読者をドン引かせるケースも多い。

そうした要素を回避する場合、戦闘要員としては無力だったが裏方(事務仕事など)では有能だったのに役立たず扱いされた、パーティーリーダーが主人公に好意的な女性メンバーに横恋慕して追放劇を目論んだ、などの、不当な追放理由が設定される場合が多い。
また、復讐に関しても、主人公とは無関係な所で勝手に凋落したり、主人公の友人や恋人などが主人公に代わって手を下す(これは追放モノより悪役令嬢モノに多め)形で、主人公の好感度を下げまいとする工夫がなされる事がある。
ただその場合も、主人公が復讐していい気になるためだけの、中身の無い悪役とか、主人公が良い子ちゃんぶりたいが為に、作者に保護されているとか思われる事も少なくない。

また、最近のざまぁ特化とでも呼ぶべき作品などは、本来なら主人公を務めるはずの悪役令嬢や追放された冒険者がモブレベルの出番しか無く、専ら追放したパーティーや断罪劇を行った元婚約者達の凋落と破滅を描く事に筆を割くという、より悪趣味なものである。

とにもかくにも、何かと叩かれやすいジャンルである。そもそも他人を見下し貶めるのを楽しむと言う行為はあまり趣味の良いものではないので、当然と言えば当然ではあるが。
とはいえ、そのような現実では出来ない趣味の悪い行為だからこそ、創作世界ではそれを楽しみたいと言う層がいるのも、また否定出来ない事実である。と言うか、そういう読者がたくさんいるからこそ、ジャンルとして確立されている訳だし。

なお、基本的には、作者が主人公を偏愛し贔屓しすぎている(いわゆるご都合主義)もしくは悪役が、ざまぁしていい気になるだけに設定されたような薄っぺらさの場合に叩かれやすい。叩かれたくない場合はその辺りを意識してみると良いかもしれない。
そちらに配慮しすぎて、ざまぁ好き読者にもそっぽを向かれては意味がないが。

表記揺れ

ざまあ
ざまぁw
ざまあみろ
ざまぁみろ
ざまみろ

関連記事

小説 小説家になろう カクヨム エブリスタ
因果応報 自業自得

メアリー・スー(幼女戦記):大本のWeb版では、「チートクラスの魔力を持つが独善性の塊である狂信者で、散々ヘイトを買った挙げ句、無様な最期を遂げる」と言う典型的なざまぁキャラ。
一方、商業化された書籍版以降では、別人レベルで性格と境遇が異なり、敵役ながら理解しやすいパーソナリティを与えられている。
「ネット界隈におけるざまぁ系の人気」と「商業作品界隈におけるざまぁ系の不人気」を、わかりやすい形で体現しているキャラと言える。

ざまぁ要素を含む小説のジャンル・タグ

悪役令嬢
追放もの
復讐もの
幼馴染ざまぁ:『理不尽暴力ヒロインという特徴を持った幼馴染が自業自得で(主に失恋という形で)不幸な目に遭う』という内容のジャンル
もう遅い

関連記事

親記事

ネットスラングの一覧 ねっとすらんぐのいちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ざまぁ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ざまぁ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4933268

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました