ピクシブ百科事典

目次[非表示]

注意!
ここでは幼馴染が好きな方には辛いかも知れない内容も扱います。
ですが、小説の一ジャンルとして存在するので他のジャンルと同じくそういうものもあるとご理解下さい。
またここは幼馴染キャラ・ヒロインを貶めるための記事でもありません。
それを踏まえた方のみ記事をスクロールして下さい。













































概要

注意点
誤解を受けそうな名称であるが、幼馴染属性持ちのキャラクターやヒロインを無理やり貶め不幸を嘲笑うものではない。


幼馴染ざまぁとは、小説家になろう2020年3月頃から広がり出したジャンルである、闇が深い、業が深いとも言われるジャンルである。

事の起こり自体は2000年代頃からある暴力ヒロイン・理不尽ヒロインを懲らしめる二次創作。ようはそれを全部オリキャラでやってみたというもの『二次創作で流行るものは一次創作でも流行る』とは言うが、なろうで広がったものは内容に若干の偏りがある。

主な内容

1.主人公には幼馴染の少女がいるのだが、容姿はともかく性格がとても最低最悪(性悪、度を過ぎたワガママ、自己中)であるため、いつもその幼馴染から理不尽ないじめ仕打ちを受けている。(クラスメイト教師といった二人に関係する周囲の人物も幼馴染の味方であり、主人公を助けない、あるいは味方をしない場合が多い)

2.ある日、主人公は何らかの理由(幼馴染の言動が理由で堪忍袋の緒が切れる、愛想が尽きた等の理由で)で幼馴染とは絶交絶縁する。

3.幼馴染と縁を切った主人公は、ヒロインと出会うのだが、そのヒロインのは幼馴染と違って正しい心(優しい誠実)の持ち主である。

4.主人公は新しく出会ったヒロインと関係や絆を深めて、仲良くなっていく。(中には更に別のヒロインとも出会い仲良くなる、いわゆる『ハーレム展開』になる作品も存在する)

5.幼馴染は嫌われてしまった主人公との仲直り復縁を目指すものの、自分の自業自得で好感度信頼度も0以下になってしまった主人公がそれに応じるはずがなく、断られてしまう。

6.主人公が他のヒロインと幸せになる一方で、主人公から完全に嫌われた幼馴染は主人公に対しての狼藉悪事の報いを受けるかのように不幸な人生(主人公への片想いが『主人公からは完全に拒絶され、主人公が自分以外の女性(ヒロイン)と恋仲になって失恋』という形で終わる、親から勘当、友達からは絶交、所属するグループから除名etc.)を歩んでいくのだった……

幼馴染ざまぁに近い作品

注意
全て幼馴染の女の子が(自業自得とはいえ)不幸な目に遭う作品です。
閲覧の際は自己責任で

クリスマスにツンデレが泣く話
ツンデレがバレンタインデーで泣く話



関連タグ

小説家になろう(カクヨム) ざまぁ ヘイト創作 幼馴染 
因果応報身から出た錆自業自得) 覆水盆に返らず 
理不尽暴力ヒロイン:『幼馴染ざまぁ』というジャンルが生まれるきっかけとなった版権作品に登場するヒロインが持っている特徴であり、ある意味での諸悪の根源
幼馴染マウント:これのたどりうる一例ともいえる。
負けヒロイン:幼馴染の主人公への片思いの末路は十中八九コレである。
悪役令嬢:こちらは女性主人公に対し、酷い事をする場合が多く、最終的に因果応報な末路を迎える部分が多い。ただし、近年はこの悪役令嬢を主人公としたジャンルが流行っており、悪役令嬢に転生した主人公が破滅ルートを回避する為に改心しようと四苦八苦しようとすることが多い。

関連ジャンル

追放もの復讐もの覆盆モノもう遅い:『主人公に酷い仕打ちをした者が報いを受ける』という共通点がある、いわゆる『ざまぁ』繋がりの小説のジャンル

関連作品

パワハラ聖女の幼馴染と絶縁したら、何もかもが上手くいくようになって最強の冒険者になった:『小説家になろう』で閲覧できる作品の一つで、幼馴染へのざまぁ要素は殆どないが、ストーリーの流れは前述の内容と一部が同じである。

外部リンク

カクヨム内での幼馴染ざまぁ
小説家になろう内での幼馴染ざまぁ

関連記事

親記事

投稿作品の無い記事一覧 とうこうさくひんのないきじはこちらへ

兄弟記事

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました